供給と需要は常に一致し、デ

September 02 [Fri], 2016, 16:43
半年間にわたり、あるドクターの「脳科学」講座を受講した。この分野にまったく疎かった私は、まるで好奇心いっぱいの中学生になったように様々な脳の構造、仕組み、メカニズムをとても愉しく知ることができた。
シャネル Chanel ケースまあ、白状すれば、どこまでしっかり学べて自分に落とし込めたかは心許ない。知った程度だと言った方がいいのかも知れない。
ルイヴィトンiphone7ケースもちろん、それは講師の先生の責任ではなく、ひとえに受講生であった私の理解の問題に違いないのですが。

ところで、この講座の中で、私は「ニューロマーケティング」なる言葉を知ることになる。
グッチiPhone7ケース

「ニューロマーケティング」とは、簡単に言ってしまえば、最新の脳科学に基づいて顧客の脳の働きを理解し、より効果的により多くの成果を追及していこうとすること。要するに、いかに上手に消費者の脳を刺激して購買意欲を高めるかの研究といってもいいのだろうか。
ルイヴィトンiphone7ケースそうか、私が預かり知らないところで、こんな研究が盛んに進んでいるのかと感心するばかり。

そして更に、このニューロマーケティングの講義の中で、このように名付けられた二つの脳があることも知った。
シャネル iphone7ケース

「爬虫類脳」
「ラブラドール脳」

爬虫類脳とは痛みを嫌がる脳であり、ラブラドール脳とはヨダレを垂らして何でも欲しがる脳。つまり、私たちは自分の痛みを回避するために、その痛みを埋めることができると感じ思ったものは、何でも手に入れたがるということなのですね。
シャネルiphone7ケース

私は驚いた。私やましたひでこは、お粗末ながらも人間としてこれまで生きてきたつもりでいたけれど、それは残念ながら思い上がりの勘違いで、トカゲとワンコのレベルでモノを買い込んでいたのかと。
エルメス iphone7ケース

さて、冗談ともつかない前置きはこれくらいにして、私は、なんとも「理性」とかけ離れたこの「二つの動物脳」の話を聞きながら、こんなことを思い考えていたのです。

逆説の買い物
逆説の断捨離

・私たちは、欲しいモノを買うために買い物をするのでなく、買い物をしたいが為に欲しいモノを探す。
ルイヴィトンIPHONE6ケース

・私たちは、足りないモノがあるので買い物をするのではなく、買い物に行きたいが為に足りないモノを探す。

・私たちは、せっかく手にしたモノを残念ながら捨てているのではなく、新たなモノを手にしたいが為に、せっかく手にしたモノを残念ながら捨てている。
シャネルiphone7ケース

そうですね、もしかして、私、断捨離のやましたひでこも、新たな「獲物」のために、新たな「獲得行動」=「買い物」のために、モノを捨てている。それは、私の脳の中にいる「爬虫類」君と「ラブラドール」君という動物脳のなせる技なのか。どうりで、私は「捨」は得意だけれど、「断」はそれに比べるとイマイチ苦手なのかも…

いやはや、面目もないことです。

さて、最後に、冒頭に記した三つの言葉の種明かしを。
シャネルiphone7ケース

八俣大蛇<ヤマタノオロチ>は、洋服ダンスからゾロゾロと28枚のタートルネックのセーターが出てきたと報告してくれた受講生さんの断捨離エピソード。「いくらなんでも、首回りが寒いのが嫌だといっても、首がいくつもある訳でもないのだから、こんなにも必要はないよね」と大笑い。
ルイ・ヴィトン / LV 携帯ケース

千手観音<センジュカンノン>は、ウォークインクローゼットの上段に詰め込めこんであったバッグ類を改めて全部数えてみたら、大小合わせて、なんと52個もあったことに気がついた受講生さんの断捨離エピソード。私もバッグ好きだから買いたくなる気持ちはわからないでもないけれど。
ルイヴィトンIPHONE6ケース「バッグは同時にいくつも腕に掛けられないですよね、千手観音像様ではあるまいし」と、買い集めた同じようなバッグを前に、この受講生さんは苦笑い。

百足<ムカデ>は、ギュウギュウに詰まったシューズクローゼットを断捨離したら96足の靴が出てきた受講生さんの報告。
シャネルiphone7ケース「私、よっぽどストレスを溜めていたのでしょうね」とは受講生さん自身の弁。そうですね、靴とは行動の証。
グッチiPhone7ケース足元を彩る素敵な靴は、外へ出て自由に歩き回ることへの憧れでもあったのでしょう。なぜなら彼女は、身動きとれない夫婦関係、家族関係の中、閉塞感でいっぱいだったか本経済再生への足取りは鈍い。
シャネルiPhone7ケース Chanel日本経済はどうしたら再生できるのか。「反の経済」という概念によって、日本の経済局面を「かつてない危機的状況」と説明するのは、名城大学都市情報学部の木下栄蔵教授だ。
ルイ・ヴィトン / LV 携帯ケースしかも、「反の経済」下では、経済は停滞し政治が独裁化しやすいという。その真意とは?

木下:そもそも、経済にはふたつの局面があります。
ルイヴィトンiphone7ケース一つは経済学者のアダム・スミスのいう「モノをつくることは美徳であり、モノをつくればすべて売れる」という局面です。そこでは供給が需要を上回っても、価格が調整されることにより需要が増大し供給と一致していきます。
シャネル アイフォン6カバー 人気ブラ一方、ケインズは「需要が供給をつくる」と主張しました。アダム・スミスは「供給が需要をつくる、政府の介入は必要ない」といい、ケインズは「需要が供給をつくる、政府の介入は必要だ」といっています。
最新iphone7ケース経済学のふたつの理論は真っ向から対立してきました。

――そのふたつの経済学を統合したものが、木下教授が提唱している「正の経済」と「反の経済」の概念であると。
シャネルiphone7ケース

木下:「正の経済」ではアダム・スミスが正しく、「反の経済」ではケインズが正しい。「正の経済」では「供給が需要をつくる」し、「反の経済」では「需要が供給をつくる」。
ルイヴィトンiphone7ケース「ひとつの経済に対してふたつの視点」がありましたが、そこに「正の経済」と「反の経済」という概念を持ち込むことによって「ふたつの視点がひとつの経済学」へと統合されるのです。

――では、「正の経済」、「反の経済」とは具体的にどういった状態なのでしょうか?

木下:「正の経済」とは、「デフレギャップのない状態」です。
新品エルメスケースデフレギャップとは、供給と需要の差です。アダム・スミスの見ていた世界では、モノはつくれば売れるため、供給と需要は常に一致し、デフレギャップは存在しません。
シャネルiphone7ケースしかし、実際の日本では「供給が需要を上回った状態=デフレギャップ」が発生しています。このデフレギャップの存在こそ、「反の経済」の特徴です。
グッチiPhone7ケース「反の経済」とは「デフレギャップが存在する状態」を指します。ら。
シャネルiphone7ケース当然ながら一度も履いていないパンプスが何足もあったとか。

 coachコーチ iPhone 6 ケース


 coachコーチ iPhone 6 ケース


人としての脳「人間脳」と「動物脳」とを併せ持つ私たち。
最新iphone7ケースそのバランスがとれない情況や環境下に追い込まれると、余計なモノの取り込みと余計なモノの溜め込みが起こる。

これは誰にでも容易に起こり得ること。
ルイヴィトンiphone6ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fhghuiu
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fhghuiu/index1_0.rdf