スマートフォンを含む携帯電話は、無線で通話や通信を行っている。

November 10 [Tue], 2015, 16:40
iPhone6s新料金プラン3社比較
各社の割安の定額通話新料金プラン
9月25日の発売を控え、iPhone6sの予約が昨年を上回るペースで伸びているという。買い替え期にあたるiPhone5s、5cユーザーはもちろん、昨年iPhone6を購入した人でも、機種変更を検討している人は多いだろう。
シャネルiphone6 ケース

とはいえ、気になるのは現実のフトコロ事情。単純な「機種変更(※同一キャリア内)」でも、通信各社で料金差があり、ユーザーとしてはキャリアがおトクなプランを提供してくれることを願うばかり…。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

そこで、iPhone6sに機種変更する際の料金(負担額)をキャリアごとに比較してみた。といっても、下取り機種など諸条件によって結果は変わるため、今回もっとも多いと思われる「iPhone5s(32GB)→iPhone6s(64GB)」の最安プランに絞って紹介しよう。
iPhone6sケース

まず結論からいうと、このケースの機種変更でもっともおトクなプランを提示しているのはauといえそうだ。詳細はややこしいので端折って説明させていただくが、各社の料金差が生じる主なポイントは2つある。
iPhone6ケース香水風

1つは、もっとも安い「月額1700円の通話定額プラン(※1)」にセットされる「データ定額料」の差だ。ドコモの参入により、「5分以内の通話なら無料になる月額1700円の通話定額プラン」は3社横並びとなった。
ルイヴィトンiPhone6ケースただ、同プランを選択すると、自動的に「データ定額プラン」もセットでついてくる。その最安値のプランが、ドコモ・ソフトバンクは5000円(5GB分)〜なのに対し、auは選択できるデータ容量が多く、4200円(3GB)なのだ。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

「1GBあたりのコスパなら、ドコモ・ソフトバンクのほうが上では?」と思う人もいるだろうが、大半のユーザーの月額データ使用量は、2〜3GBとされている。スマホでよく動画を観るようなタイプでもなければ、5GBのプランを選んでも使いきれずに持て余してしまう可能性が高い。
iPhone6s plusケース最安の3GBプランが選べるなら、そのほうがおトクだろう。

2つめのポイントは、端末の下取り価格である。
iPhone6sケースグッチ通信各社は競うように下取りプランを発表しているが、機種変更(※同一キャリア内)時のiPhone5s下取り価格は、ドコモ9720円、au3万1600円、ソフトバンク2万5560円(※いずれもポイント還元などによる相当額、税込)。これに各社の端末価格と、それぞれに適用される割引キャンペーンを加味して比べると、実質負担額はドコモ1万2960円、au7040円、ソフトバンク1万2960円(※いずれも税込)となる。
超人気iphoneケース


そのほか、固定電話とセットで契約した場合の割引価格など細かな差はあるが、それもひっくるめて「端末代」と「2年間の使用料」を足し合わせると、(一般的な契約期間である)2年間の実質的な総負担額は、ドコモ17万3664円、au14万3535円、ソフトバンク15万7853円(※いずれも税込)。つまり、「同一キャリア内の機種変更で既存のユーザーにもっともお得なプランを提示しているのはau」というわけだ。
iPhone6ケース シャネル風

ただ、iPhone6sへの買い替えとなれば、当然のようにMNPを検討する人もいるだろう。この場合、上記とはまた別の割引が各社で適用されるため、もちろん実質負担額も変わる。
シャネルiphone6 ケースMNPの3社比較は稿を改めるとするが、こちらは3社でさほど大きな差はない。

ちなみに1つだけ、先述のポイントで注意しておきたいのは、「月額1700円の通話定額プラン」を選ぶか否かの判断だ。


同プランは「5分以内の通話なら無料」だが、5分を超えると「30秒ごとに20円」に通話料がかかる。つまり10分通話(5分超過)すれば、「通話料200円」が加算される。
iPhone6ケースたとえば、月に5回以上「10分通話」をすると、「月額1700円」のプランは逆に割高になってしまう。長電話になりがちな人は選ばないほうが無難だろう。
シャネル iPhone6sケース
同一キャリア内での機種変更にせよMNPにせよ、買い替えにあたってのプラン選択は慎重に検討したほうが良さそうだ。
23のLTE周波数に対応し、受信時最大300Mbpsという通信性能を実現した、『iPhone 6s/6s Plus』。
iPhone6ケースその高性能を発揮するには、通信会社のネットワーク性能が重要となってくる。9月15日、ドコモは4つのキャリアアグリゲーションをベストセレクトすることで、同日現在国内最速となる受信時最大262.5Mbpsを発揮する「PREMIUM 4G」の展開について発表を行なった。
ルイヴィトンiPhone6sケース

■『iPhone 6s/6s Plus』を快適に使うために必要なネットワークとは?

 9月10日に発表され、同25日の発売が見込まれている『iPhone 6s/6s Plus』。今回の『iPhone 6s/6s Plus』では通信性能で大きな進化があり、話題となっている。
iphone6ケースまずはLTE Advancedの性能が向上したこと。LTE Advancedとは、第4世代(4G)携帯電話の標準規格のひとつで、従来のLTEをさらに高速化したもの。
iphone6ケース『iPhone 6s/6s Plus』は300Mbpsまでの対応が可能となった。

 また、電波の周波数が23まで対応できることも大きな進化だ。
ルイヴィトンiPhone6ケースこれにより複数の電波受信が可能となり、電波状況に合わせた送受信を行えるようになる。この性能を発揮するためには、契約する通信会社のネットワーク性能に注意しなければならない。
iPhone6sケース高速でかつ安定した通信品質が求められるからだ。

■ドコモの「PREMIUM 4G」とは?

 そこで注目したいのが、ドコモが展開する「PREMIUM 4G」だ。
オークリー サングラスこのネットワークは大きく3つの目的がある。

1.受信時最大262.5Mbpsの発揮すること
2.利用者の多い640都市へ集中展開すること
3.常に安定した通信品質を実現こと

 ユーザーの快適さのために、最適なネットワークを構築することこそが、「PREMIUM 4G」なのだ。
超人気iphoneケース以上3つの目的のためにドコモが取り組む技術について詳しく見ていこう。

■ドコモは4つのキャリアアグリゲーションを提供

エルメスiPhone 6ケース屋内ではWi-Fi回線を使うケースも多いだろうが、やはり移動中は通信会社のネットワークに頼ることとなる。その際に使用する通信回線は周波数により定められる。
エルメスiPhone 6s plusケースでは、簡単に通信会社が持つ周波数について整理してみたい。

 総務省によると、各携帯電話事業者の3G、LTEの使用周波数は、700MHz(メガヘルツ)帯から2GHZ(ギガヘルツ)帯が充当されている。
iPhone6ケース シャネル風そのうち通信会社は使用する周波数を許可され、それぞれのネットワークとして使用しているので、その数は各社で決まっている。

 各々の周波数毎に最大通信速度が決まっていて、例えばドコモで使われる回線では、2GHzが受信時最大112.5Mbps、1.7GHzでは150Mbps、1.5GHz帯では112.5Mbps、800MHz帯では75Mbpsといった具合いだ。
iPhone6ケースヴィトン風つまり、1つの周波数を利用するなら、受信時最大で150Mbpsが限界である。そこで“キャリアアグリゲーション”という技術が使われる。
グッチiPhone 6 ケース

 キャリアアグリゲーションとは、複数の周波数を束ねて通信を行うものだ。それにより理論上の最大通信速度は各周波数の通信速度を足したものとなる。
ヴィトン iphone6sケースドコモの「PREMIUM 4G」では2GHzと1.7Ghzの組み合わせを新たに実施、それぞれ受信時最大112.5Mbps、150Mbpsを組み合わせた“262.5Mbps”という通信速度が可能になったのである。

 2GHzと1.7GHzの組み合わせが最速なのだが、通信環境は場所、時間で刻々と変化する。
iphone6s plusそこでこの「PREMIUM 4G」は4つの組み合わせを用意する。受信時最大187.5Mbpsを発揮する2GHzと800Mhzの組み合わせから、最速262.5Mbpsの組み合わせまでの4種類の中から最適なものを選ぶことで、安定した通信環境を実現する。
iphoneケースシャネル激安

 ベストな周波数を選ぶのに貢献するのが、無線基地局の性能だ。ドコモは「高度化C-RAN」と呼ぶ、集中型無線アクセスネットワークを強化している。
iphone6ケース手帳型 人気C-RANは無線基地局に、無線送受信装置のみを配置、制御はネットワークの上流部にあたる収容局にて集中制御する。これにより複数の基地局を細かく制御できるため、電波の最適化を図れる。
ヴィトン iphone6ケース

■利用者が集中する都市部の混雑を解消。安定した通信環境を実現

 ネットワークで重要なのは、最大通信速度を実現することだけでは無い。
ヴィトン iphone6plus ケース利用者が集中し、混雑(トラフィック)が起こるエリアでは、多くの利用者に安定した通信品質を実現する必要がある。「PREMIUM 4G」の4つの周波数帯による4つのキャリアアグリゲーションは、利用者の選択肢を増やし、実効速度の向上にもつながっているのだ。
ルイヴィトンiPhone6ケースちなみにドコモでは通信の安定提供が可能となる「PREMIUM 4G」の展開エリアを拡大。9月末までには全国640都市へ展開を予定。
iPhone6ケースヴィトン風2015年度末には900都市以上での展開を行う予定だ。

■駅前エリアでの実効速度が平均4倍アップした「PREMIUM 4G」

 技術面だけではなく、実際にユーザーが体感可能な「PREMIUM 4G」の効果を検証したデータを見てみよう。
iPhone6ケース シャネル風ドコモが提供する「ドコモスピードテスト」アプリによる測定で、JR山手線の6駅でテストした実効速度の検証結果は以下となる。従来のLTEと比較すると、6駅平均では約4倍という結果になった。
シャネルiphone6 ケース特に目立ったのは渋谷駅での結果で、19倍もの実効速度の向上があった。池袋駅では1.5倍にとどまっているものの、効果は明らかだ。
iPhone6ケース香水風最大速度だけではない、「PREMIUM 4G」の安定性能を体感できるであろう。

■「PREMIUM 4G」は2015年11月に300Mbpsまで進化する

 受信時最大262.5Mbpsを可能にする「PREMIUM 4G」は、11月にはキャリアアグリゲーションの性能をさらにアップ、3つの周波数を束ねる「3キャリアアグリゲーション(3CC CA)」を実施予定だ。
エルメスiPhone6s plusケースこれにより通信速度は受信時最大300Mbpsまで向上するという。

 さらに2016年度中には新たな周波数帯となる3.5GHz帯を活用した新方式の通信がスタート、受信時最大で370Mbpsレベルを目指す。
iphone携帯カバーまた2017年度には1Gbpsの実現、2020年度には「5G」規格への進化もロードマップに描かれている。スマートフォンの性能向上と共に、求められる通信性能の向上。
iPhone6ケースこの技術進化の競争はとどまることを知らない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dujfse
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fhfssxd/index1_0.rdf