産業用太陽光発電は、目的や用途によって決めよう

December 04 [Tue], 2012, 0:37
産業用太陽光発電を設置することで昼間の電力をほぼ無料にする事が出来たり余った電力は、売電することで大幅な経費削減と増加を行う事が出来ます。

その産業用太陽光発電には、複数の種類があり目的や用途によって設置する産業用太陽光発電も変わってきます。

その中で現在、もっとも利用されているのが、初期費用を抑えた小規模の産業用太陽光発電です。

小規模タイプの産業用発電は、太陽光が出ている日中は、自家発電を行い電力を供給しますが、夜間になると自家発電により電力を供給することが出来ないため従来通り電力会社から電力を供給して貰います。

もちろん、昼間自家発電して余った電力は、電力会社へ売電することが出来るため工場や施設での利用にオススメな産業用太陽光発電となります。

一方、大規模の産業用太陽光発電は、昼間に自家発電した電力をすべて電力会社へ売電する事を主な目的として利用されており、経済的に大きなメリットがあります。

電力を使用する際には、従来通り電力会社から供給して貰うため売電による事業を考えた人向けのシステムとなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けいちゃん
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fhejtu74/index1_0.rdf