MOVEの名義変更と継続車検

August 04 [Sun], 2013, 0:16
宮崎から持ってきたものの車検が残っていたので、そのまま乗っていまし
たが8月に車検が切れるので名義変更と継続車検に行ってました。

まぁ、今のところフルノーマル状態で乗っているので不安はありませんで
したが。。
予備車検は行っておこうと思っていつもお世話になっているカーテスタ屋
さんに午前中に行きました。
(本番車検は午後を予約していました)

でも、行って正解。

ステアリングラックブーツが破れているのが判明しました(^^;
破れは車検に通らないのでそこで交換してもらうことに。。。

交換作業自体は1時間ぐらいと言われて、そのまま事務所で作業が仕上が
るまで待っていました。

まぁ待っている間は暇なので、どんな車がくるのかなぁと見てました。
確かにいろんな車が来てましたね〜。

私と同じ軽自動車から、ベンツCクラス、100系ハイエース、ランティス、
オールドMiniなどなど。。

そんな中。。

まずオールドMini。
光軸調整に来られたようだったのですが。。光量が明らかに不足している
感じ。
私も過去経験あります(汗)
現在は抹消しているGA70の検査の時に検査官にマイクで

「ちょっと光量がたりないのでアクセルを煽ってくれる?」

って言われました。
なので、アクセルを煽ってやれば問題ないでしょう。

次にランティス。
これも光軸調整に来られたようだったのですが。ぜんぜん合ってない様子
で調整しよととテスタ屋さんがみると。。。

「バルブちゃんとささってないで」

って言われてました。持ってきたのは若い兄ちゃんで数分格闘してました。

次に100系ハイエース。
これが入って来た時リヤガラスにE.Yazawaのシュリエットのカッティング
シートを貼っていました。おおっ、凄いなぁと思ってナンバーを見ると。。。

「・830」

矢沢でした。恐れ入りました。

そうこうしているうちに作業が終わったので一路検査場(軽自動車協会)
に向かいます。

着いてからはまず名義変更をして、新しい車検証とナンバー受け取って、
継続車検へと進みました。

でこの継続車検、検査で普通自動車と異なるやり方があります。
それは、下回りの検査です。

普通自動車のときは下に検査官がいるところまで車をそのまま進めて、そ
のままステアリングを切ったり、ブレーキを踏んだりします。

軽自動車のときは、なんと車両がリフトUpされます。もちろん運転手乗っ
たまま。
でその状態で検査官の指示通りにステアリングを切ったり、ブレーキを踏
んだりします。

車両がリフトUpされることはネットで事前に調べていて知ってはいまし
たが、高いところがあまり得意でない私は。。。もう目がテンでした(^^;

でも1発合格でき、ナンバーも神戸ナンバーになりました(^^)v

かかった費用は約50,000円。ブーツ交換がありましたしね。

そうそう、もちろんナンバーは希望ナンバーで時光式です。

[オススメサイト紹介]
賢い車買取業者の選び方を伝授します!

静かなファミレス

July 29 [Mon], 2013, 10:57
昼過ぎに台風が通り過ぎたのか雨が止んだので、これ幸いと外出する。午後2時過ぎ、本日初めての食事をとるために、いつものファミレスへ。

ランチは午後3時までで、それを過ぎるといきなり値段が上がる。元々結構高い店なのである。というか、ファミレスは高い。私みたいにランチしか食わない者にとっては安価な店だが、ファミリーで夜に来たりしたら一人1500円くらいはかかるぞ。

本日は台風のせいもあり、いつにも増して客が少なかった。しかも私が入るのと入れ替えにみんな出ていく。さすがに一人きりになったことはないが、かなり広大な店内に客が数組しかいないというのはいつもである。明るいんだけど、かなり不気味だよ。(写真)

このファミレスについては前に日記に書いたと思うが、ドリンクバーが割と充実していて、中でもお勧めはお茶である。透明ポット(2杯分)が何とも空虚にトレンディだ。バックに写っているのは水とかランチスープとかコーヒーとかココアとかメロンソーダとかアイスクリームとかのカップだ。

全部試してみずにはいられないという貧乏性何とかしたいと思ってはいるのだが。

トロコイダル運動

July 29 [Mon], 2013, 10:56
生きていると、色々学ぶものである。この世にある知識って、果てしがないものだよなあ。というわけで、さっき天気予報見ていて、生まれて始めて「トロコイダル運動」なる用語を知ったのであった。

いや、ひょっとしたら学生時代に習っていたかもしれない。もっとも物理学科には2年までしかいなかったから、そこまで行ってなかった可能性もある。電磁気学は初歩しかやってなかったし。

トロコイダル運動とは、ある円運動の中心が徐々に移動して行くことを意味する。「トロコイド曲線」とは、例えばロータリーエンジンで車軸とピストンの動きをグラフ数値化して表すようなもので(あまり適当な説明じゃないな)、要するに回転体が時間軸に沿ってどのように(空間的に)動くかという表現である。ま、ぶっちゃけて言えばタイヤが地面を移動するようなもので……回転と地面の移動が合ってないとか。

これ以上書くとボロが出るので(とっくに出ている気もする)やめるが、なぜそんな用語が天気予報で出たのかというと、つまり台風情報なのであった。

台風は、空気の回転運動である。しかも移動している。回転と移動は、必ずしも合っていない。もしタイヤと地面みたいに摩擦でしっかりくっついているんだったら回転すればするだけ移動することになるが、そんなに合致しているわけでもない。

地形とか気温とかジェット気流とか別の低気圧とかに影響されて、移動速度や方向やパワーがが不規則に変化する。これを方程式化しようとすると、とてつもなくめんどくさい(上に変数値の測定が難しい)ので、台風の進路予想がかなり幅をとって表されるのである。

ところで今回の台風7号だが、勢力としてはそんなに強くない、というよりは弱いらしい。そのかわり雨が大量に降るとか色々あるのだが、進路についてはこのようになるということだ。

ここで日本にぶつかっていきなり直角に折れ、海岸に沿って移動しているように見えるが、これを「トロコイダル運動」という。なぜこんなことになるのかというと、強い台風なら地面にぶつかってもそのまま乗り越えてまっすぐ進めるのだが、弱いと山を越えられずにとりあえず壁に沿って進むということらしい。ホントかいな。

考えてみると、台風から見て地面と海面では相当条件が違なるだろうと思う。大体、海面はほぼ水平で障害物がないのに対して、地面ってのは結構「壁」なんじゃないか。海抜数十メートルでも、水平に比べたら大きいよなあ。下が水と土ではやはり違うだろうし。

勢いがあったら、多少の壁は乗り越えてしまって、しかもいったん地面に乗ってしまえばもうそのまま行くしかないから仕方がないのだが、海岸でくい止められてしまった弱い台風は雨を大量に降らせるとか波を高くするとかの嫌がらせをしつつ去っていくしかないのだろう。

このへんではまだ吹いて降っている。何でもいいから、早く去ってくれないかな。

理想を表に出しては駄目なのか

July 29 [Mon], 2013, 10:55
何だか当たり前になってしまったが、テレビやネットで流れる海外ニュースって最近酷すぎる。もちろん、国内でも監禁変態とか色々酷い話があるが、海外の方って桁が違うのだ。

あまりにも面白いので「朝鮮日報」サイトを毎日見ているのだが、あのニュースみんな本当なのだろうか。いや竹島とか靖国みたいな日本に関係がある事だけじゃなくて、韓国が進もうとしている方向である。

本当とは思えないのだが、軍事同盟を結んで国内に大規模な臨戦軍部隊を駐留させている国を公然と「敵」よばわりしたり、休戦中の敵国(北朝鮮)を賞賛したり、メチャクチャである。それも過激派とかじゃなくて、国を代表する政治家たちがである。そう言われた相手がどう思うかって、考えてないのか。

韓国には他にも色々とトンデモない特徴があるが、社説とか読んでるうちにどうも「自主」とか「自立」とかいうキーワードが原因だと判ってきた。校則違反だと判っていても、自分の信条や正義感を優先させてあえて決闘に赴く30年前の学園マンガの番長のようなものだ。例え当面の不良には勝っても、結果として退学になって人生が辛くなるよなあ。

韓国だけではない。アメリカも相当酷いことになっている。
米国は建国理念を理論で構築して成立した実験国家である。ソ連もそうだったが、あれは失敗というか負けてしまったのだが、アメリカの場合は奇跡的にも存続している。
理念で成立している国家は、その理念が崩れると瓦解してしまうので、マグロのように絶えず理念の河を泳ぎ続けなければならないという特徴がある。

アメリカはカッコよく言えば「正義」が理念である。つまり、学校で大人しく勉強してればいいのになまじ勉強や運動が出来て正義感が強いため、別の学校まで出かけていってあれこれちょっかい出して理念を実現しようとする、始末に困る優等生のようなものだ。しかも優等生や理念の割に「結果オーライ」という現実的な方法論を平気で採用している。

だから、多分根本は世界平和とかそういう理想なのだろうが、あちこちで余計な手を出して混乱させ、しかもイスラエルに肩入れして正義の概念すら怪しくなるような手法を使うため、信用も失ってしまったのだ。いくら優等生でも、仲間の信頼がない奴が何かやってもうまくいくはずがない。行動に利権がちらついているとなれば尚更である。

アメリカだけじゃないけどね。多かれ少なかれ、まっとうな国是を全面に出している国って、建前と本音が乖離しておかしくなっている気がする。国だけじゃなくて、団体や個人もそうだろう。田中知事も負けたしな。

日本は……あまり理想とか信念とかが「ない」、というよりは見せないために、とりあえず戦争にもテロにも巻き込まれずに済んでいるのだろう。地政学的な条件もあるが、やはり正直に思ってることを言うようなのは駄目なんだろうなあ。

かように、人間社会というのはひねくれているものだなあ。やはり反自然的な存在なのかなあ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fhd3y3cjhxs9n7
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fhd3y3cjhxs9n7/index1_0.rdf