仕事のパフォーマンスアップにつながる趣味が「お菓子作り」である理由は?

August 17 [Thu], 2017, 18:55




(マイナビウーマン)



仕事と趣味の両立ができる生活は理想的ですが、現実には難しいと感じることが多いのではないでしょうか。仕事を頑張れば趣味に掛ける時間がなくなり、趣味に力を注げば仕事がおろそかになってしまうこともあるかもしれません。



しかし、仕事の能力アップにつながる趣味があるかもしれないとなれば、気になりませんか。


サンフランシスコ州立大学の調査によると、打ち込めば打ち込むほど仕事のパフォーマンスアップにつながる趣味があるということがわかりました。


その調査によると、お菓子作りやイラストを描くなど、ものづくりやクリエイティブな趣味をもつ人は、問題解決能力が高く、同僚や上司?部下の手助けをする能力に長ける傾向があるそうです。


これは、創造力を使うことでリラックスし、感情をコントロールするバランス感覚を取り戻すことができると同時に、その趣味によって新たなスキルを学んでいるためだと考えられるそうです。



さらに、調査を率いたケビン?エッシュルマン教授は、「企業側が、すすんで社員にこういった社外でのクリエイティブな活動に参加するようアプローチするべき。」とアドバイスしています。


それでも強制するのは無意味であり、あくまでも趣味であることが重要なようです。


Benefiting from creative activity: The positive relationships between creative activity, recovery experiences, and performance-related outcomes
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/joop.12064/abstract