内側側副靱帯損傷

October 18 [Sat], 2014, 23:23
内側側副靱帯は、大腿骨と脛骨をつなぐ膝の内側にある靱帯です。膝の4つの靱帯の中では最も太くて長く、損傷頻度が高い部位と言えます。主な損傷の原因は、強い外反力です。前十字靱帯損傷は自分で捻るなどのノンコンタクトでも起こりうるのに対し、内側側副靱帯損傷は競技中の接触プレーが多くの受傷機転となっています。

受傷直後には、まず痛みや腫れなどがみられます。高度の不安定性が残存する場合は膝関節の亜脱臼感を覚えたり、内側半月板損傷を合併していれば疼痛に加え引っかかり感を伴うこともあるでしょう。ただこの急性期の炎症が沈静化すると、膝関節の可動域が正常に回復してしまうため注意が必要です。軽度の受傷時にしっかりと治療しておかなければ靱帯が緩い状態になり、後に軽い外反力が加わった場合でも合併損傷を招く恐れがあります。

側副靱帯損傷の治療としては、重傷度が1〜2度の場合、多くのケースで保存療法を適用します。1度損傷では、まず湿布や鎮痛剤の服用で疼痛と腫脹の軽減を図り、局所の安静を保つことが大切です。症状が改善した後は、大腿四頭筋を中心とした筋肉強化を図り、競技には2〜3週間後から復帰できるでしょう。

2度損傷では、支柱付きサポーターまたは内外反制御付きソフトプレースを4〜6週間使用します。このとき膝関節は、20〜30度程度の屈曲位を維持するようにしましょう。膝を少し屈曲して、靱帯を緊張させないことが重要です。またサポーターをつけている間も体重をかけて歩くなどストレスを加えることで、靱帯の修復を促すことができます。

3度損傷でも、合併損傷がなければ2度損傷と同じように保存療法で回復を待ちます。ただ合併損傷を起こしている場合は、手術の適応も考えなければなりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fgw5k819u
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgw5k819u/index1_0.rdf