ーフ・エピソード構成の海外ドラマ」フォトギャラリー

December 28 [Sun], 2014, 16:04
 キーファー・サザーランド主演のヒューマン・ミステリー『TOUCH/タッチ』、女優ルーシー・リューがワトソン医師を演じて話題のミステリー『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』、おとぎ話のキャラクターが現代に暮らしているという設定のダーク・ファンタジー『ワンス・アポン・ア・タイム』など、2014年度も多くのヒットドラマが誕生したなかでも目立ったのが、1シーズン22話のフル・エピソードで描かれる物語ではなく、1シーズンが12〜13話程度で終わるハーフタイプの作品であるなぜ、このボリュームのドラマが増えてきているのだろうか

【関連】意外と多い!?「ハーフ・エピソード構成の海外ドラマ」フォトギャラリー


 今年リリースされた海外ドラマで、ハーフ・エピソードのヒット作を見てみると、実力派俳優ケヴィン・ベーコンが初めてドラマシリーズに主演したサスペンス『ザ・フォロイング』、世界転覆を狙うテロリストと極秘部隊との死闘を描いたアクション大作『ストライクバック』、人間とエイリアンが共存する未来の地球を舞台に、ドラマチックな人間模様や壮絶な死闘が展開するSFサバイバル・アクション『DEFIANCE/ディファイアンス』、スティーブン・キングの同名小説を原作にしたミステリー『アンダー・ザ・ドーム』など、個性的なタイトルが並ぶ

 2015年に入っても、3月14日にリリースされる『24 −TWENTY FOUR− リブ・アナザー・デイ』が12話、春リリース予定の『スリーピー・ホロウ』は13話、年内発売予定の『グレイスランド/西海岸潜入捜査ファイル』が13話といった具合に、ハーフ・エピソードのタイトルが多く控えている

 関係者によると、「アメリカでは、地上波のTVシリーズというのは、大体9、10〜4、5月くらいにかけて20〜24話くらいのエピソードの作品をオンエアし(クリスマスや年末年始などは休止)、ミッドシーズンと言われる、その後の初夏6、7月くらいからスタートするものと、ケーブルチャンネルのTVシリーズが12〜16話くらいのエピソードでオンエアされています」とのことだが、時期的なものだけとは限らないようだ


 「ケーブルは予算が少ないので、話数を減らすことで、高いクオリティを保っています一方の地上波は、いままで20話以上で開始する場合が多かったのですが、昨今、ケーブルのように13話程度にするケースが多くなってきていますこれは、話数を少なくしてクオリティをあげたり、話が間延びしたりしないようにしているのではないか、と思われます」

 そして、このハーフ・エピソードのタイトルについて、「海外のテレビシリーズは長くて、ハマると時間を取られるというイメージがあり、観るまでのハードルが高い場合が多いそのぶん、話数が短いと、観やすいと伝えられる」「ユーザーは、イッキ見ができますそれから、海外ドラマは興味があるが、長時間とられるのはちょっと…という初心者の方にも見やすいですね」といったふうに、多くの関係者が“見やすさ”を挙げる

 しかし、「正直、実際に作品を観てもらうと、話数より内容なので、話数に関する視聴者の反応は特に感じませんそれよりも、シーズン数のほうが視聴者の反応はあるかもしれません例えば、シーズン1、2くらいまでしかない作品だと打ち切り=つまらないドラマだと思われる場合があり、逆にシーズン4を超えてくると、話数に関係なく、長くて観るのが大変だとか、終わりが見えなくて手を出さないという印象になる場合がそればかりは外国のそれぞれの事情でこちらではどうにもできないため、出す側としては難しい 北海道を代表する味覚、カニの価格が高騰している一番人気のタラバガニはロシア産が大半を占めているが、オホーツク海でのカニ密漁・密輸防止のための日露2国間協定が今月発効した影響で、品薄になるおそれがあるからだ年末年始の需要期を迎え、消費者や販売店から悲鳴が上がっている【野原寛史、遠藤修平】

【不漁に円安が直撃】正月料理に欠かせぬタコやエビも高騰

 ◇輸入量、昨年の2割に

 観光客や常連客でにぎわう札幌市中央卸売市場(札幌市中央区)では、店頭に大きなタラバガニを並べる店が多いだが、どの店も昨年に比べて3割ほど値段を上げているという水槽で生きたままのカニを販売していた店の店員(55)は「例年ならタラバは1キロあたり5000円だったが、今は約7000円そこまで値上げしても利益は出ない」と話した

 ロシア産のカニは、長年にわたって正規の手続きをせずに漁獲されたものが流通していたとみられる日露間のカニ密漁・密輸防止協定は、カニ資源の適正管理と安定供給が目的だ正当な手続きで漁獲されたカニであることを示すロシア政府の証明書を、日本の輸入業者が税関などに提出することを義務付ける内容で、今月10日に発効した関係者によると、協定発効前の「駆け込み輸入」で商品を求める業者が殺到し、価格が高騰したという

 札幌市中央卸売市場に水産物を卸している丸水札幌中央水産によると、協定発効後に同社が輸入できたカニの量は、前年の約2割にまで落ち込んだ「さっぽろ雪まつりで観光客が増える来年2月以降、より品薄になる可能性がある」といい、同社は今後、アラスカ近海産の確保を目指している

 ハレの日の食卓を彩るカニ市場では2キロ前後の家庭向け商品の売れ行きは鈍っていないものの、値上がりを受け、別の安いカニやバラ売りの脚のみの購入に切り替える客もいるという札幌市西区の主婦は「カニは年末年始の食卓の主役なので買わないわけにはいかないけれど、来年以降はどうしたらいいか……」と嘆いていた

 タラバガニは冷凍した商品が多いため、すぐに市場から消える可能性はないだが、カニの需要が高まっている韓国との輸入競争も激化しており、来季以降の見通しは暗い同市場内で店を構える店長(32)は「カニの輸入量が少なくなる以上、われわれの商売も今まで通りにはいかなくなるのでは」と厳しい表情を浮かべた

【関連記事】低リスク等の利点が多く見えてくるケースが増えれば、(タイトル数増加の)可能性は無きにしもあらずですが…やっぱり、放送開始のタイミングが決まっているため、難しいでしょうね」といったふうに、現状維持との答えが多くかえってきた

 コンスタントに作られていくハーフ・エピソードの作品見やすさは群を抜いているので、ぜひ1度、試してみてほしい海外ドラマの概念が変わるはずだ

【関連】意外と多い!?「ハーフ・エピソード構成の海外ドラマ」フォトギャラリー


 今年リリースされた海外ドラマで、ハーフ・エピソードのヒット作を見てみると、実力派俳優ケヴィン・ベーコンが初めてドラマシリーズに主演したサスペンス『ザ・フォロイング』、世界転覆を狙うテロリストと極秘部隊との死闘を描いたアクション大作『ストライクバック』、人間とエイリアンが共存する未来の地球を舞台に、ドラマチックな人間模様や壮絶な死闘が展開するSFサバイバル・アクション『DEFIANCE/ディファイアンス』、スティーブン・キングの同名小説を原作にしたミステリー『アンダー・ザ・ドーム』など、個性的なタイトルが並ぶエルメス iPhone6ケース

【関連】意外と多い!?「ハーフ・エピソード構成の海外ドラマ」フォトギャラリー


 今年リリースされた海外ドラマで、ハーフ・エピソードのヒット作を見てみると、実力派俳優ケヴィン・ベーコンが初めてドラマシリーズに主演したサスペンス『ザ・フォロイング』、世界転覆を狙うテロリストと極秘部隊との死闘を描いたアクション大作『ストライクバック』、人間とエイリアンが共存する未来の地球を舞台に、ドラマチックな人間模様や壮絶な死闘が展開するSFサバイバル・アクション『DEFIANCE/ディファイアンス』、スティーブン・キングの同名小説を原作にしたミステリー『アンダー・ザ・ドーム』など、個性的なタイトルが並ぶルイヴィトンiPhone 6 Plusケース

【関連】意外と多い!?「ハーフ・エピソード構成の海外ドラマ」フォトギャラリー


 今年リリースされた海外ドラマで、ハーフ・エピソードのヒット作を見てみると、実力派俳優ケヴィン・ベーコンが初めてドラマシリーズに主演したサスペンス『ザ・フォロイング』、世界転覆を狙うテロリストと極秘部隊との死闘を描いたアクション大作『ストライクバック』、人間とエイリアンが共存する未来の地球を舞台に、ドラマチックな人間模様や壮絶な死闘が展開するSFサバイバル・アクション『DEFIANCE/ディファイアンス』、スティーブン・キングの同名小説を原作にしたミステリー『アンダー・ザ・ドーム』など、個性的なタイトルが並ぶアイフォン6 シャネル
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgsrgret/index1_0.rdf