に2死一、三塁から重盗を敢行。<a href="http://cong

June 21 [Sat], 2014, 17:45
スポニチアネックス 6月12日(木)21時23分配信
巨人、首位ガッチリ!5月7日以来の2桁得点で4連勝
<日・巨>4回1死一、二塁、右越えに適時二塁打を放つ亀井(投手は浦野)
 ◇交流戦 巨人11―2日本ハム(2014年6月12日 札幌D)

 セ・リーグ首位、交流戦もオリックスと並び首位の巨人が16安打を放って小刻みに加点、6投手の継投で日本ハムを振り切り、連勝を4に伸ばした。

【写真】5回1死、ソロを放った片岡を迎える原監督

 巨人は3回1死一塁から1番・坂本の左中間への適時二塁打で1点を先制。シャネル iPhone ケースその裏、同点に追いつかれたものの、4回1死から阿部、セペダの連打で一、二塁とし、亀井の右越え適時二塁打で1点を勝ち越し。なお1死二、三塁から長野の遊ゴロの間に1点を加えた。iphone 4G カバー交流戦 巨人2―1日本ハム(2014年6月11日 札幌D)

 巨人は11日、日本ハムに延長戦の末に競り勝ち、3連勝。セ・リーグに加え、オリックスと並んで交流戦の首位にも浮上した。ipad2 ケース原辰徳監督(55)は2―1の10回2死一塁の場面で、疲労の見える山口鉄也投手(30)から香月良太投手(31)に交代。大胆な継投策にベテラン右腕も期待に応え、オリックス時代の10年以来で、移籍後初セーブを挙げた。iPhone 5 ケースコピー1点差試合は6連勝で接戦に強さが出てきた。

 原監督に迷いはなかった。携帯ケース コピー1点リードした延長10回。2死一塁で山口が代打・鵜久森を迎えると、マウンドに向かった。iPhone 5c ケースコピーそして、交代のアナウンス。「ピッチャー、香月」。エルメス携帯ケース時計 レディース 人気巨人で抑え経験のない投手の起用。札幌ドームがざわつく中、香月は得意のシュートで遊飛に打ち取った。iphone5 ケース かわいい4年ぶりで移籍後初セーブだった。

 「山口もかなりイニングを投げているところもありますし、きょうに関しては(香月の方が)勝つ確率が高いと思った」。iphone 5cケース原監督は説明した。山口は6月に入り、7試合中4試合に登板。ルイヴィトンiPhone 5c計5イニング投げて疲労がたまっていた。さらに今季、右打者の被打率・317に対し、香月は・244のデータもあった。シャネル iPhone ケースそれでも通算201ホールド、25セーブの山口から、オリックス時代の10年に1セーブを挙げただけの投手に代えるには勇気がいる。指揮官の決断に応えた香月は「まさか行くとはね。エルメス携帯ケースいつも(の登板)よりは気持ちいい」とポーカーフェースを崩した。

 移籍1年目の昨季は19試合の登板にとどまった。携帯ケース コピー今季は22試合で防御率2・89。今や、マシソン、山口に次いで、久保と勝ち試合を任され、既に登板試合数は昨季を超えた。携帯ケース コピーバドミントンのラケットを振るトレーニングでは、昨年まで耳の後ろから「ビュッ」と聞こえていた音が今季は、耳より前で聞こえる。より打者に近い位置でリリースできている証拠だ。グッチ iPhone5s ケース

 打線は公式戦で初めて対戦した大谷の直球を徹底して狙い、2回に阿部、亀井の連打で先制。ただ1点しか奪えず、原監督は「対応という言葉を使うなら、もっと結果を出さないといけない」と苦言を呈した。iphone5 ケース 人気そんな苦しい展開でも勝った。3連勝で今季最多タイの貯金8とし、交流戦、リーグともに首位に立った。ケース コピ

 「ギリギリの勝利に価値があるかどうかだが、あすにつながる、プラスになるゲームだった」。1点差試合は6連勝。ipad2 ケース接戦にも強い原巨人に死角は見当たらなくなってきた。

【関連記事】

 3―2で迎えた5回は1死から片岡が左越えに4号ソロを放ち、6回には1死二、三塁から敵失で1点を加え、さらに2死一、三塁から重盗を敢行。iphone 4G/4s ケース挟殺プレーの間に三走・亀井が生還してリードを広げた。8回には4点を加えて5月7日のDeNA戦以来(東京ドーム)以来となる2桁得点をマーク。iPhone 5 ケースコピー9回にも1点を加えた。

 昨年8月7日のDeNA戦(横浜)以来の先発登板だった笠原を2回1/3で降板させると左腕の青木、今村、右腕の久保、香月とつないで最後は育成出身の3年目右腕・土田が締めた。ipad2 ケース

 日本ハムは先発の浦野が5回7安打4失点と踏ん張れず、打線も7回まで毎回走者を出しながら、チャンスを生かし切れなかった。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgsfser/index1_0.rdf