垣氏の間で齟齬(そご)が生じる可能性を指摘する

September 19 [Fri], 2014, 11:49
 ロッテの8月の月間ヒーローインタビュー賞が田村龍弘捕手(20)に決まった「タムラッキーですお立ち台に立てると思っていなかったのに月に3度も立てたこれからも、もっと立てるように頑張りたい」

 同賞は、本拠地・QVCマリンのお立ち台でのユーモアに富んだトークをファン投票で決定するもの田村は8月19日のオリックス戦と22日のソフトバンク戦でヒーローになった

 今季最多100通信 9月6日(土)8時28分配信
 2012年12月の第2次政権発足後、初の内閣改造に踏み切った安倍晋三首相自民党の谷垣禎一前総裁を幹事長に据えるなど、「重厚なサプライズ」(高村正彦党副総裁)を織り交ぜた人事は来年秋の総裁選を見据えたシフトといえる「入閣待望組」にも目配せするなど、挙党態勢の構築に努めた首相は長期政権も視野に入れる
 ◇スター封じに成功
 今回の内閣改造・党役員人事で、最大の焦点は石破茂幹事長の処遇だった総裁選再選を目指す首相にとって、前回総裁選で地方票トップだった石破氏は今も一部の地方組織から根強い支持を受けており、最大のライバルになりかねない
 8月29日、首相は官邸で、石破氏と向かい合った新設する安全保障法制担当相への就任に難色を示す石破氏に、首相は「(石破氏は)自民党のスターだ」などと説得次々回の総裁選をにおわす首相を前に、石破氏は入閣要請を受け入れた
 石破氏の「閣内封じ込め」に成功した首相は、8月上旬から心に秘めていた「谷垣幹事長」実現に向けて動く今週、谷垣氏と極秘に会談し、幹事長就任を要請谷垣氏は「総裁までやった自分が引き受けるのは、いかがなものか」とちゅうちょしつつも、首相の説得に応じた
 ハト派で知られる宏池会出身の谷垣氏と、保守色が強い首相とは思想・信条での距離が指摘されるその谷垣氏が幹事長就任で再び「ポスト安倍」への意欲を見せるのではと見る向きもある
 ただ、幹部の一人は「谷垣氏が首相方針に異を唱えることはないだろう」とも語る谷垣氏を幹事長に迎えることで、党内にくすぶる「官邸一強」への不満勢力を分断する思惑もありそうだ
 ◇消費税が不安材料
 首相は内閣改造で、環境相に望月義夫氏、農林水産相に西川公也氏を起用するなど派閥が推薦する「入閣待望組」に一定の配慮を見せたその一方で、留任は6閣僚に上り、女性閣僚は積極登用した結果、第1次小泉内閣と並ぶ5人となった待望組にとっては「狭き門」となり、あるベテランは「『大幅改造』と散々期待感だけ高めておいて、ひどい人事だ」と不満を爆発させた
 今後も、首相官邸サイドが主導権を握る「政高党低」の構図は変わらないとみられるが、改造内閣の前途には、懸案が山積している
 最初の関門は10月の福島県知事選と11月の沖縄県知事選だ両知事選を重視する政府・自民党は、敗北すれば来春の統一地方選にも悪影響を及ぼしかねないと危機感を募らす
 また、年末には首相が消費税10%への引き上げの是非を判断する政府内には、消費税率再引き上げに伴う景気への影響を懸念する声もあるが、谷垣新幹事長は総裁当時、消費税率引き上げの自民、公明、民主3党合意をまとめた張本人このため首相と谷垣氏の間で齟齬(そご)が生じる可能性を指摘する声もある1票の総投票があり、そのうち382票を獲得2位の岡田が258票、3位の川本が116票、4位のデスパイネが69票だった

 田村は19日のオリックス戦で「デスパい〜ね!」22日のソフトバンク戦では「タムラッキーで〜す」とスピーチしたことが評価された

 6日に行われた表彰式で、プレゼンターの山室晋也球団社長は「これからも何十回とお立ち台に上がるでしょう打撃も守備も、そしてスピーチも磨いてほしい」とエールを送り「売り出し中の若手なので、売り出し中のロッテ製品の詰め合わせを送ります」とロッテのお菓子詰め合わせを賞品として手渡したこれからも、もっと立てるように頑張りたい」iphone4s ケース ブランドこれからも、もっと立てるように頑張りたい」ケース コピーこれからも、もっと立てるように頑張りたい」5sケースシャネル
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgrer/index1_0.rdf