ウソ?ホント?「ハゲ」にまつわる都市伝説いろいろ。「逆立ちはハゲ予防になる?」

November 17 [Mon], 2014, 15:53




(マイナビウーマン)



10年ぶりの同窓会で会ったら、あらびっくり……いつの世も男性を悩ませる髪の問題。意外な真実を集めました。世界的な男性の「ハゲ」の専門家、マルコビッチ博士に聞きました。



【後ろハゲには体の危険が隠れている】


1.髪を守るためには、天然素材のシャンプーの方がいいってホント?
―一概には言えません。人工的な成分を含んでいるものの中にも、頭皮や髪にダメージを与えるものと、育毛に効果のあるものがあります。天然成分かどうかというのは、あまり関係ないのではないでしょうか


2.一度はげてしまった部分からは、もう生えてこないってホント?
―残念ながら本当です。髪を作る毛根の細胞は、一度死んでしまうと再生できません。???でも、これは現時点での話。現在、毛根細胞を育てる研究が進められており、15年以内には細胞を復活させることができるようになるのではなるとみられています!


3.はげている男性は男性ホルモン(テストステロン)が多いってホント?
―これはウソ。脱毛の要因は大きく3つあります。まずは遺伝、次に年齢、そしてホルモンバランスとサイクルです。


テストステロンの一部は、体内で5アルファ-デハイドロテストステロン(DHT)という物質に変わります。DHTは細胞の成長を妨げる物質で、髪を細く、弱くします。つまり、男性ホルモンの量よりも、それをDHTに変えてしまいやすい体質かどうかが問題。これは遺伝によるところが大きいようです。


4.母方の遺伝が影響するってホント?
―ウソとは言い切れませんが、はげる要素は両親から遺伝するので、母親だけとも言えません。隔世遺伝の可能性もあるので、両親がはげていなくてもおじいちゃんがはげていたら要注意。親せきにはげている人が多いほど、可能性は高くなります。


5.整髪料やカラー剤などは脱毛にも影響するってホント?
―これは真実。2通りの影響があります。まず、化学薬品による毛根細胞や髪へのダメージ。もう一つは、髪が引っ張られることによって起こる「牽引性脱毛症」です。ねじったり、固めたり、結んだりすることで髪が引っ張られ続けると、根元の細胞にダメージを与え、健康な髪が作れなくなってしまうのです。


6.逆立ちやマッサージで頭皮に血液を送れば、ハゲの予防になるってホント?
―スカルプマッサージは気持ちがいいですが、あなたの髪を守る効果はほとんどありません。髪が薄くなったり細くなるのは毛根細胞の「髪を作る設計図」が変わるからであって、血行とは関係ないのです。逆立ちも、頭皮の血行はよくなりますが、育毛効果は望めないでしょう。


※ 当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。


参考:Busting the biggest hair loss myths
http://nz.lifestyle.yahoo.com/beauty/galleries/photo/-/15937958/busting-the-biggest-hair-loss-myths/15937959/





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fgr5fw
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgr5fw/index1_0.rdf