今は気持ちも走りも成長している」

May 12 [Fri], 2017, 15:21
欧州CL決勝T準決勝・第2戦 レアル・マドリード1―2アトレチコ・マドリード(2017年5月10日)

 レアル・マドリードが連覇に王手をかけた。10日、敵地でアトレチコ・マドリードとのスペイン勢対決に1―2で敗れたが、2戦合計4―2で2季連続15度目の決勝進出。
グッチiPhone7ケース6月3日に英国カーディフで行われる決勝でユベントスを破れば、欧州CL史上初、前身の欧州チャンピオンズ杯を含めれば89〜90年のACミラン以来の2季連続優勝となる。初優勝を狙ったAマドリードは4季連続でダービーに敗れた。
ハードケース エルメス

 就任2年目のジダン監督がRマドリードを2季連続決勝に導いた。終盤に降りだした大雨でびしょ濡れになりながらイレブンと抱擁。
Hermesエルメスiphone6ケース「また決勝に進出できて本当に幸せ。選手をはじめ全員の力だ」とチームを称えた。
Michael Kors iphone7ケース

 “愛弟子”が危機を救った。序盤に2失点し、2戦合計3―2と追い上げられて迎えた前半42分。
イヴサンローランiphone7plusケース同じフランス出身でコーチ時代から親身に指導してきたFWベンゼマが、敵陣ゴールライン際で相手3人を抜き去った。指揮官が「どうやって
ハム大田“凱旋打”狙う!東京Dで3連戦「よく知っている球場でやりやすい」
子どもたちと記念撮影に治まる大田(左)と清水
 日本ハム大田が「凱旋打」を狙う。
マイケルコースiphone7ケース12日から東京ドームで主催するロッテ3連戦。巨人時代に慣れ親しんだ同球場での試合は移籍後初で「相手がジャイアンツなら変な気持ちになったけど、よく知っている球場でやりやすい」と喜んだ。
イヴサンローランiphone7ケース陸上男子100メートルで日本人初の9秒台の期待が懸かる桐生祥秀(東洋大)がダイヤモンドリーグ上海大会(13日)に向け羽田空港から出発した。ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン・ハキームも参戦。
Michael Kors iphone7ケース加えてマイク・ロジャース(米国)ら外国人選手6人はいずれも自己ベストが9秒台とレベルの高い一発勝負となるだけに「メンバー的には(世界大会の)決勝ライン。今回はタイムというより、しっかり1本で勝負できるレースにしたい」と燃えている。
ルイヴィトンiphone7ケース

 ダイヤモンドリーグへの参戦は高校3年だった13年の英バーミンガム大会以来2度目。その際は10秒55で最下位だった。
シャネルiphone8ケース「あの時は、海外自体が初めてで分からないことが多かったけど、今は気持ちも走りも成長している」と4年前の苦い思い出を払しょくする。

 この日はスポーツコミュニティー活動の一環として、3年目の清水とともに札幌市立栄東小を訪問。
coachコーチ iPhone7 ケース「子供たちのためにも活躍したい」と話した。

【関連記事】突破したか分からない」と驚くほどの美技で、MFイスコの“ダメ押し点”につなげた。
iphone7ケース

 決勝の相手は現役時代の96〜01年に在籍したユベントス。「自分にとって特別な一戦。
Hermesエルメスiphone6ケース美しいファイナルになるだろう」と古巣を破って欧州CL初となる連覇を目指す。