予防 

November 15 [Thu], 2007, 19:15
予防





最後に、治療が必要にならないように、何よりも疥癬にかからないように気をつけたいですね。
疥癬は、寝具や衣服などからうつりますので、身近なものに対する注意が必要です。
シーツ、下着、洋服は毎日とりかえる。
洗濯する時には、まずは50℃のお湯に10分間つける。
熱風乾燥機に10分以上かける。
部屋の掃除を毎日電気掃除機でする。
など

疥癬はアトピーに似た病気で、ステロイド外用薬はかえってよくありません。今の湿疹がアトピーかどうかきちんと診断することが重要です。



治療と対策 

November 15 [Thu], 2007, 19:15
治療と対策




まずは、体からダニを除くことが肝心です。

入浴 洗髪(石鹸で皮膚をきれいにする)
疥癬虫を殺虫できる外用剤の塗布
抗ヒスタミン薬の外用薬(オイラックス)
ステロイド外用薬は使用しない
など

上記の対策をしっかりと進めれば、怖い病気ではありません。医師の診断を聞いて、治してしまいましょう。

症状は? 

November 15 [Thu], 2007, 19:14
症状は?



疥癬の症状は大きく2つに分かれます。ヒゼンダニに対するアレルギーとヒゼンダニそのものによる湿疹です。
小さい赤い丘疹(ブツブツ)→ヒゼンダニの抜け殻,糞などに対するアレルギー
盛り上がった線状の皮疹→メスのヒゼンダニが卵を産んでいる場所
結節(しこり)→ヒゼンダニが死滅し、その跡

ヒゼンダニ(疥癬虫)とは? 

November 15 [Thu], 2007, 19:13
ヒゼンダニ(疥癬虫)とは?


疥癬虫で、ダニ類に属します。疥癬虫の卵は2〜3日で孵化し、3〜4日の幼虫を経て、若虫となります。若虫から成虫に脱皮するまではおよそ5〜6日かかります。幼虫、若虫は皮膚のくぼみや毛穴に入り込み、穴を掘って隠れています。ダニには雄と雌がいて、交尾後、雄は死にますが、雌は皮膚の角質層内にトンネル(疥癬トンネル)を掘り、毎日2〜3個ずつ卵を産み続け、4〜6週は生き続けます。ダニの一種ですから50℃10分間の熱で死にます(梅雨に向けてのダニ対策を参照してください)。周りになるべくダニの少ない環境が望ましいです。


疥癬とは? 

November 15 [Thu], 2007, 19:10
疥癬とは?



この病気には、ヒゼンダニ(疥癬虫)というダニが、皮膚の角質層内の寄生しておこる皮膚感染症で、赤い発疹が見られます。湿疹だけだとアトピーに似ていますが、発疹が線状に連なっているのが特徴です。アトピーとの違いは、ダニが皮膚にトンネルを作った山が連なっていることです。疥癬の場合は、アトピーの治療をしても治りにくいですし、同じ生活をしている人にうつってしまうことがあります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fgjtqa
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» 予防 (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 予防 (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» 予防 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 予防 (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 予防 (2008年10月06日)
アイコン画像りぃこ
» 予防 (2008年10月03日)
アイコン画像RAOSU
» 予防 (2008年10月02日)
アイコン画像チャーリー
» 予防 (2008年10月01日)
アイコン画像ハム太郎
» 予防 (2008年09月22日)
アイコン画像名前
» 予防 (2008年08月11日)
Yapme!一覧
読者になる