では「受験機会が増える」と同大の併願を薦める

April 15 [Wed], 2015, 11:06
<少年法>適用年齢引き下げ検討始める 自民が特命委初会合
毎日新聞 4月14日(火)21時7分配信

 自民党は14日、少年法の適用年齢(現行20歳未満)引き下げなどについて検討する「成年年齢に関する特命委員会」(今津寛委員長)の初会合を党本部で開いた。自民、民主、維新など与野党6党が選挙権年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法改正案を今国会に提出しており、民法の成人年齢引き下げなどとあわせて議論する。
人気ブランド携帯カバーただ、少年法改正には党内にも賛否両論があり、意見集約は難航しそうだ。

 年齢引き下げに関する法令は、戸籍法や競馬法など200以上に上る。
携帯ケース コピー公選法改正案の付則では少年法や民法について「必要な法制上の措置を講じる」と明記しており、特命委では両法を集中的に議論する考えだ。

 今津氏は会合後、党本部で記者団に「少年法は早めに議論して方向性を出していく必要がある」と述べ、5月中にも少年法改正についれて動き出しましたが、この可決には、自民党から脱会した新会派・新生会が賛成に回ったからです。
iPhone6ケース香水風

当時、県議会で野党だった自民党は2002年、3度も大学関連予算を削除する修正案を提出(いずれも否決)。

2003年3月9日には、地元紙に創設反対の意見広告を出したほどです。
iPhone6ケースヴィトン風

そうした危うい空気があったにせよ、中嶋委員長は、広報宣伝に努めました。

中嶋氏も「歩く広告塔」に徹した。
iPhone6ケース シャネル風昨年末までに県内外の高校や予備校など17カ所で講演に立ち、魅力を感じた。
(朝日新聞2004年2月7日朝刊「公立大学法人 制約なくす 国際教養大 4月開学へ 上」)

もちろん、全教員が広報活動をする必要はありません。
アイフォン6ルイヴィトン

しかし、学部長など何人かは中嶋学長をならって宣伝に回るくらいの努力をしないと厳しいのではないでしょうか。

●その4:入試日程をどうにか…できない?
国際教養大は開学当初、センター試験に参加していなかった、これ意外かもしれませんが本当です。
iPhone6ケースグッチ

私も今回、文献調査で初めて知りました。

公立大は本来、大学入試センター試験に参加する。
シャネル iphone6ケースだが申込規定の関係で、同大は来年度だけ参加しない。公立でありながら、他の国公立大と併願できる。
iPhone6 シャネル国公立志向の強い県内では「受験機会が増える」と同大の併願を薦める高校もある。
(朝日新聞2003年11月28日朝刊「国際教養大、来春に開校 焦点は学生確保 文科省認可」)て方向性をまとめる考えを示した。
iPhone6ケース香水風今後、順次検討を進めながら、政府に法制審議会への諮問を求めるかなどを判断する。

 少年法適用年齢について、谷垣禎一幹事長は14日の記者会見で「少年犯罪が特別に凶悪化しているとか数が増えている状況にはない。
シリコンiPhoneケース人格の形成途上であり、少年法の特例は意味がある」と述べ、引き下げに慎重な考えを強調した。改正に前向きな稲田朋美政調会長も特命委でのあいさつで「権利と義務の問題などいろいろな切り口があり、党内でも多くの議論がある」と述べた。
オークリーゴルフ党内には、川崎市の中1男子殺害事件を受けて少年法の見直しを求める声もあり、特命委では川崎市の事件現場や少年院などを視察する方針だ。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgjter/index1_0.rdf