媚薬の概説と効果

July 09 [Wed], 2014, 13:14

媚薬とは主に性的興奮を高める作用を持つ薬の総称であるが、その歴史は古く精力の付く食品や薬の総称ともとらえることができる。また、フィクションの分野では魔法の薬のように人間の精神に作用し、恋愛感情を自在に操る薬も媚薬と呼ばれる。多くの場合こうした薬の作用は個人差が大きく、薬効の認識によっても差異がある。基本的には精神を自在に操作することのできるほどの薬効成分は実用化されておらず、惚れ薬は架空の薬品と認識されている。
歴史的には大変古いが食用となる獣肉、野菜や果物等の産地、知識が偏っていた前近代においては、刺激性物質の入っている食材が媚薬とされることがすくなからずあり、タマネギなど現代では一般的な食材も過去には媚薬扱いされていた。これは嗜好品の一般化した近年とは異なり、当時の人々が化学物質や刺激性物質に全く晒されていなかったために薬効が顕在化しやすかったのではないかという説がある。また前述のプラセボ効果により、珍しい食材や果実に媚薬効果があるというふれこみで販売・輸入されることがあった。
これはパルミジャーノだけではなく、同じ製法で作られるグラナ.パダーノも同じです。ふんだんにこれらを使った料理は、媚的な料理だ、という意味にもなるのです。コレステロール、脂肪分が低い割には、栄養価高く、プロテインやカルシウムが豊富。
ビタミンは、B2、リンともに豊富に含まれています。食べ物ではありませんが、「バラ」には実は「幸福感」をもたらす「ゲラニオール」という成分が含まれており、これが「媚薬の効果」があるといわれているんです。
バラには、媚薬の効果以外にも、女性ホルモンを調整する作用があるといわれています。この「女性ホルモン」というのは、私たち女性の永遠のテーマである、「アンチエイジング」「若返り」に深く関係があり女性ホルモンを調整することで、弾力、お肌の透明感やハリなど若々しさを保つことができるといっても過言ではありません。
漢方薬といった強い薬物を、経験則や伝えられたものなどによって調合し、効果を得る事を目的とした媚薬です。しかし、このような媚薬がある一方、摂取のしすぎにより毒物となりうる薬も存在します。それが「刺激性物質」です。

関連記事

効果的な媚薬の作り方

媚薬の様々な種類と特徴

粉劑媚薬紅蜘蛛の効果説明

関連商品

黒寡婦

女性用http://www.wellkanpou.com/seiryokuzai-42.html

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fgjfgjhgkmgf/index1_0.rdf