ゆかゆかで黒岩

March 13 [Sun], 2016, 13:10
転職したい理由は書類選考や面接において大変重要です。相手を味方につける理由でない場合評価が落ちます。ところが、転職する理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人も多いと思います。多くの人が、履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、悩まされるのが、この転職理由になります。転職の理由が年収アップだという方も多くおられることでしょう。確かに、転職をすれば給料がアップすることもあるでしょう。ただ、給料がダウンしてしまうリスクもあるということを十分考えておきましょう。年収アップを勝ち取るためには、どれだけ年収の高い仕事をゆっくり探すことが可能であるかが大事な点となります。転職を考えた場合、まずは非常に身近な存在の家族に相談をなさる方がほとんどだと思います。家庭がおありの方なら、家族に相談せずに職を変わってしまうのは止めた方が無難です。家族に無断で転職すると、それが原因で離婚になる可能性なんかも出てきます。面接の場では、身だしなみには細心の注意を払ってください。清潔感がある洋服で面接に挑戦するというのが重要なポイントです。平常心ではいられないと思いますが、粘り強くシミュレーションしておき、面接に備えるようにしてください。面接で質問される内容は決まりきっているものなので、事前に、答えを想定しておくことが大事です。焦燥感に駆られながら転職活動をすると、迷っている余地がなくなってしまって、年収が低くても働ければいいかと仕事を選びがちです。その結果、以前よりも収入が減ることもあるのです。これでは、何のために転職したのか、わからなくなってしまうかもしれません。年収アップにこだわるのであれば、腰をすえて仕事を探さないといけません。転職の際に、次の仕事を慎重に選ぶためには、時間が必要になります。今の仕事を続けつつ、次の仕事を探すには、転職活動に割くことのできる時間というのはあまり取れないでしょう。そこで、ぜひ活用したいのが転職サイトへの登録です。転職サイトでは会員登録することによってキャリアコンサルタントという呼び名のサポートスタッフも、仕事探しを手伝ってくれるのです。転職するときに求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やはり、国家資格が有利なようです。特に、建築や土木関係では、建築士のように「業務独占資格」と称される、該当の資格を所有していないと実際に働けないというような仕事が多いので、狙いやすくなっているかもしれません。転職するなら、不動産業界にしようと考えているのであれば、まず、宅建主任者の資格を取得されるのがおすすめです。宅建主任者資格の有無で、会社によっては就職できない場合も報告されています。どのような仕事をするかによってどんな資格が必要なのか異なりますので、仕事を変わる前に、その業種に必要な資格を取得されるのもいいアイデアかもしれません。異業種に職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実態はどうなのでしょうか?結論をいうなら、異なる業種に転職するのは簡単ではありません。同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。しかしながら、絶対に無理というわけではないため、懸命に努力を重ねれば異なる業種に職を変えられることもあるものです。仕事を変えたいときに持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。これまで積み重ねてきた経験を生かした転職を考えている方にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士の資格を得ていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。退職の原因が労働時間の長さである場合には「効率を重視した仕事がしたい」、やりがいのない仕事と思っている場合は「環境を変えることで自分を成長させたい」とすれば良いと思います。マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、プラスのイメージになります。履歴書の書き方は、文字数が150から200文字が理想ということです。一般的に、転職する際、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士があります。中小企業診断士資格を取得すると、経営に関する知識を証明することができるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認識させることが可能です。法律のエキスパートである行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな味方となるでしょう。人材紹介会社を通して良い転職ができた人もたくさんいます。自分だけで転職活動を行うのは、気持ちの面で辛いと思うことも多いです。転職先が見つからない状態が続くと、どう進めて行ったら良いのか、分からなくなることもあります。人材紹介会社を頼った場合、自分の求めるタイプの企業を紹介してくれたり、頼りになるアドバイスをもらえるでしょう。転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職する先が決定してから辞めるのが理想です。退職してからの方が時間の自由がききますし、時間をおかないで働くことができますが、転職する先がなかなか決定しないケースもあります。無職の期間が半年以上になると、さらに就職先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を辞めないことをお勧めします。どういった転職理由が適当かというと、まず、本気で転職したくなった理由を思考してください。考えた通りに話す必要はないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように説明する方法を変えてください。転職理由に関することばかりだと言い訳しているように受け取られるので、手短に説明しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モモカ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgiki15dietd1e/index1_0.rdf