吉野家が730円の「特大盛(とくだいもり)」を期間限定で投入 / 2010年04月14日(水)
 吉野家が4月13日15時から新しいサイズの牛丼を発売する。

【詳細画像または表】

 「特大盛」(730円、期間限定)はご飯が大盛、肉が大盛の2倍。一方、新しい定番メニューとして、ご飯も肉も少なめの「軽盛(かるもり)」(300円)も発売する。ちなみに並盛の通常価格は380円。

【4月13日3時49分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000001-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 02:01/ この記事のURL
SMエンタ <東方神起>3名の専属契約効力停止に異議申し立て / 2010年04月14日(水)
韓国大手芸能プロダクション、SMエンターテイメントは、<東方神起>の3メンバー、ジェジュン、ジュンス、ユチョンの専属契約効力停止の仮処分に対して、異議申請書をソウル中央地検へ提出、本案訴訟を提起したことを13日、公知した。

【4月13日17時19分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000027-wow-ent
 
   
Posted at 01:24/ この記事のURL
【フォトレポート】西山茉希がヒルズに登場!――HPデザイナーズPC製品発表会 / 2010年04月13日(火)
 13日、六本木ヒルズにてタレントの西山茉希をスペシャルゲストに招き、「HP Mini 210 Vivienne Tam Edition」の製品発表会が行われた。イベントの内容をフォトレポートでお伝えする。

【4月13日20時38分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000033-rbb-ent
 
   
Posted at 23:51/ この記事のURL
イ・スファンが日本シュートボクシング大会で白星 / 2010年04月13日(火)
【ソウル12日聯合ニュース】総合格闘家のイ・スファンが11日に東京・後楽園ホールで開催されたシュートボクシング協会(SB)シュートボクシング25周年記念シリーズ開幕戦「維新−ISHIN−其の弐」に出場し、前SB日本スーパーウェルター級王者・金井健治に勝利した。イは3度のダウンを奪い、1ラウンド2分05秒でTKO勝ちした。

【4月12日11時26分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000011-yonh-spo
 
   
Posted at 23:12/ この記事のURL
亀田史郎氏がライセンス返上、長男興毅は「世界一の親父」 / 2010年04月13日(火)
 ボクシング、セコンドライセンスの取り消し処分問題の渦中にいた、亀田史郎氏が12日、自身のライセンスを返上することを公式ブログで発表した。

 史郎氏は、先月27日に行われた亀田興毅選手の初防衛戦、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦の終了後、判定負けを不服として試合役員らを控室に呼び出し、暴言を吐くなどの抗議を行った。日本ボクシングコミッション(JBC)は、この件に関して13日、倫理委員会を開き、史郎氏と亀田ジムの会長、五十嵐紀行氏に処分を下す。

 興毅選手は、父のライセンス返上発言を受け、ブログで13日未明「世界一の親父」と題して自身の思いを述べている。興毅選手は、ファンに対して感謝の意を伝えるとともに「俺らにとっての親父は世界一の親父です。親父がおらんかったら、『今』の俺らはおらん。親父は不器用な人間やけど、いつもどんな時も全力で、何事にも真剣で熱くて一生懸命な人。親父は俺らのためやったら何でもする。ほんまに凄い親父やと思う」と父への思いを吐露した。

 続けて「今回親父は決断したみたいやけど、俺らは親孝行は出来る。俺らが頑張って親父を楽にさしたる。とにかくやるべき事をやるだけ。ひたすら練習するだけ」とつづっている。

 このブログには「今時、自分の親父にそんな思いを抱き、感謝する子供達なんていない。ライセンスなくなっても父と子の関係は絶対に切れないし更に絆が堅く結ばれたのではないか」「最高の息子。感動して、朝から涙」「親子の絆の深さに、亀田親子が大好きになり、不器用すぎるかも、しれないけど、そんな所もまた、大好きになりました」との、ファンからの声援が続々と寄せられている。(編集担当:李信恵・山田武志)

【4月13日11時38分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000028-scn-spo
 
   
Posted at 22:35/ この記事のURL
「Xperia」襲来 順位はもちろん…… / 2010年04月13日(火)
携帯販売ランキング(3月29日〜4月4日):Android端末「Xperia」がランキングに参戦。各所の前評判から分かるとおり、好調な滑り出しを見せた。iPhoneのようなロングヒットを記録するキラーデバイスになるのか――次回以降のランキングも引き続き注目だ。

【表:携帯販売ランキング】 【拡大画像】

 キャリア総合ランキングでは、4月1日に発売されたNTTドコモの「Xperia」が1位を獲得した。予約数が5万台を突破するなど、発売前から人気の高さがうかがえる情報が聞こえていたが、期待を裏切らない最高の順位で初登場を飾った。なお、GfKのランキングデータでは前回順位が79位となっているが、これは予約の一部が集計されたためと思われる。これまでiPhoneが完全に一人勝ちだった日本のスマートフォン市場――XperiaがiPhoneの対抗馬として今後も人気を維持することができるのか注目だ。

 なお、調査会社のBCNの発表によれば、Xperiaが発売された週の携帯電話販売台数において、スマートフォンの構成比は全体の2割近くを占めたという。4月下旬以降にはソフトバンクモバイルがAndroid端末「HTC Desire」を発売するなど、Xperiaに限らず高機能スマートフォンの選択肢は増えていく。加えて夏にはiPhoneの最新OS「iPhone OS 4」の提供、さらには新型iPhoneの登場も予想され、スマートフォンの盛り上がりはますます加熱するだろう。

 「Xperia」が首位を獲得したNTTドコモのランキング。前回2位を獲得した富士通製“セパレートケータイ”「F-04B」は5位にランクダウンし、キャリア総合ランキングでも10位にまで下落している。

 そのほか目立った動きとしては、「らくらくホン ベーシックII」が大きく順位を上げ、4位にランクインしている。またトップ10圏外だったシンプルモデル「L-03A」が8位に食い込んだ。

 auのランキングは、8Mカメラ搭載の「SH004」が3週連続で首位を獲得した。また、3位には堅調な販売を見せ続けている夏モデル「K002」が浮上した。

 スタンダード端末の春モデル「SH005」は、3位から5位にランクダウン。トップ10圏外からは「S002」が10位に入った。

 ソフトバンクモバイルのランキングは、前回同様に動きの少ない結果となった。12Mカメラと無線LAN機能を備えたハイエンドモデル「AQUOS SHOT 940SH」が1つ順位を上げ、6位を獲得した。

 イー・モバイルのランキングは、上り最大1.4Mbps対応のデータ端末「D26HW」が2位にランクインした。「Pocket WiFi」の首位は今回も揺るがなかった。【山田祐介】

【4月13日8時22分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000006-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 21:17/ この記事のURL
LDH、ライブドア株式をNHN Japanに63億500万円で譲渡 / 2010年04月13日(火)
 株式会社LDHは、依然として多くの訴訟を抱えており、経営課題となっていることから、経営の効率化を推進するため、子会社であるライブドアとその子会社エイシスを含むライブドアグループの第三者への譲渡について、NHNとゲオとの間で協議を行い、株式譲渡契約の締結に至った。

 LDHは、ライブドア株式10万株をNHNに対して63億500万円で譲渡。さらに、ライブドアが保有するエイシス株式をライブドアより取得し、エイシス株式をゲオに対して19億円で譲渡する。

 これによって、ライブドアの親会社は異動となるが、ポータル、ニュース、ブログ、データセンターなどの全サービスは、今後もライブドアの運営方針の下、「livedoor」ブランド名で事業を継続する。

内容に一部誤りがございました。お詫びして、訂正いたします。

誤: LDH、ライブドア株式をNHN Japanに63億5千万円で譲渡

正: LDH、ライブドア株式をNHN Japanに63億500万円で譲渡

【4月12日18時10分配信 MarkeZine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000006-sh_mar-sci
 
   
Posted at 20:41/ この記事のURL
上海のテレビ塔・東方明珠467.9mで火災、落雷原因か / 2010年04月13日(火)
 上海市にある高さ467.9メートルのテレビ塔、東方明珠電視塔の最高部で12日午前2時ごろ、火災が発生した。落雷が関係したとみられている。約1時間後に鎮火した。負傷者はいなかった。環球時報などが報じた。

 現地は当時、雷雨に見舞われていた。東方明珠電視塔の先端に落雷があったとの目撃者もあり、火災発生に関係したとみられている。煙などは地上からも見えた。通報を受け消防車約20台が到着。消防士が塔内部から消火作業を行った。鎮火が比較的早かったのは、強い雨が有利に働いたことも幸いしたからという。

 鎮火後も、塔頂上付近のアンテナは黒くこげて見える。テレビなどの電波発射に対する影響は、今のところ伝えられていない。

 写真は火災を起こした東方明珠電視塔。2009年1月撮影。(編集担当:如月隼人)

【4月13日9時56分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000013-scn-cn
 
   
Posted at 19:32/ この記事のURL
「総量規制」で個人事業主ピンチ 民主党が金融庁方策に噛みつく / 2010年04月13日(火)
 貸金業にかかわる「総量規制」の施行を2010年6月に控えて準備を進めている金融庁に、民主党ら与党議員らが噛みついた。4月2日に開かれた金融庁の政策会議で、大塚耕平金融担当副大臣が出席した議員らに示した「借り手の目線に立った10の方策」をめぐって会議が紛糾。これまで検討を重ねてきた貸金業制度プロジェクトチームや、事前の事務局会議などの内容が生かされなかったためだ。

 大塚副大臣としては、この日の政策会議で合意を取り付けて、早々にパブリックコメントを募る腹づもりだったが、12日の週にも再度、政策会議を開くことになった。このままでは6月の実施が遅れる可能性も出てきた。

■個人事業主は「年収ゼロ」で、お金を借りられなくなる

 政策会議で配布された「借り手の目線に立った10の方策」は、金融庁が「総量規制」に関する課題とその解決策を消費者などにわかりやすく示した、いわば「手引書」。「イラストを多用して、手にした人がイメージできるようにした」(金融庁)もので、一般向けには4月7日に金融庁のホームページで公開した。

 問題となったのは、個人事業主をめぐる扱いだ。事業所得を「年収」として算入する件では、総量規制のベースになる年収が、給与や恩給・年金、不動産の賃貸収入と定義されていて、いまのままでは個人事業主は「年収ゼロ」扱いで、お金を借りられなくなる。

 これに対応する方策として、金融庁は「事業所得のうち、定期的な収入として認められるもの」を定義に加えようとしたが、「これでは現行と変わらない」と横ヤリが入った。ある貸金業者の幹部は、「だいたいどの収入が定期的なのか、判別は容易ではない」と話し、実効性が伴わないと指摘する。

 また、個人事業主に事業計画書の提出を求めたり、計画作成の過程で相談に応じるなど、銀行の事業融資とほとんど変わらない対応を貸金業者に求めている。

 借り手にとって敷居が低く、借りやすさが貸金業者の「売り」だったが、「これでは銀行を利用しろというようなもの」(会議に出席した与党議員)とあきれぎみだ。

■規制してきた貸金業者の「おまとめ融資」を認める?

 さらに、利用者の月々の返済負担を軽減する方策として示した「借入残高を段階的に減らしていく借り換えの促進」にも異論が続出。借り入れを1本化して返済期間を延長する「おまとめ融資」を勧める内容だが、これはそもそも改正前の貸金業規正法で規制していた貸金業者による「おまとめ融資」を行政が推奨することになる。

 政策会議では、金融庁がこうした実効性の乏しい方策を、「借り手の目線に立った」といって押し通そうとしたことが与党議員の反感を強く買ったようで、なかには「6月の導入時には大混乱しそうだというのに、こんな漫画のような資料を配布して、金融庁は本当に真剣に議論したのか、と疑問に思われても仕方ない」と憤慨する議員もいたという。

 これに対して、金融庁は「それほど、否定的な意見はなかったと認識しています」(信用制度参事官室)と、冷ややかに受け止めている。


■4月12日11時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000000-jct-bus_all
 
   
Posted at 18:58/ この記事のURL
芥川賞作家がサッカー批判? ファン刺激、ネットで熱い論戦 / 2010年04月13日(火)
 サッカーを「乱暴で無精なスポーツ」などと芥川賞作家が新聞コラムで書いたことが、波紋を呼んでいる。野球を持ち上げるため、半ば冗談で書いたようだ。しかし、サッカーファンらを刺激し、ネット上で熱い論戦が繰り返されている。

 野球ファンとサッカーファンは、お互いを話題にするのが好きらしい。2ちゃんねるを中心に、野球をダシにしてサッカーなどを叩くのが「焼き豚」。対して、サッカーをダシにして野球などを叩くのが「サカ豚」あるいは「酒豚」と呼ばれている。

■サッカーを「乱暴で無精なスポーツ」

 この両ファンを刺激したのが、芥川賞作家の辻原登さん(64)が毎日新聞に書いたコラムだ。

 2010年4月11日付朝刊の「今週の本棚」で、「週刊ベースボール」を読んだ感想をつづったものだ。そこで、辻原さんは、好きな野球と比較して、サッカーについて、次のように書いている。

  「蹴球(サッカー)ほど乱暴で不精なスポーツがあるだろうか。考えてもご覧なさい。手を使わず、足で蹴(け)るだけのスポーツなんて!」

 そして、「その対極に野球はある」というのだ。

 これ以上、野球とサッカーを比較した部分はないが、2ちゃんねるやブログでは、このコラムをネタに「焼き豚」対「サカ豚」が蒸し返している。

 コラムに批判的な声としては、2ちゃんでは、こんな書き込みが。「焼き豚のイタさは異常」「乱闘とか報復死球とか野球の方が余程乱暴だと思うのだが…」「野球は世界の中ではマイナーなスポーツw」。

 一方、コラムに味方する声もある。「サカ豚悔しいの?」「アホーターやフーリガンの暴力的なイメージもマイナスだな」「世界で注目されてなくても将棋の羽生は偉大だろ」といったものだ。

 これに対し、辻原さんは、取材に対し、「ネット上では、発言などはまったくしていませんので、ネットメディアの取材には答えられません」とだけコメントしている。

■比較したのは半ば冗談?

 辻原登さんのコラムでは、野球とサッカーを比較した後に、週刊ベースボールを読んだ感想が書かれている。そこで辻原さんは、元西鉄選手の豊田泰光さんのコラムを取り上げ、その中からグラブトス、バックトスの練習のため左手のキャッチボールを繰り返したエピソードを紹介した。

 コラムの真意は不明だが、野球には、手を器用に使う面白さがあると言いたかったのだろうか。サッカーと比較したのは半ば冗談らしく、それ以外の他意はないのかもしれない。

 野球ファンとサッカーファンは、機会あるごとに、お互いを話題にしている。

 例えば、週刊プレイボーイが2010年1月18、25日号で、ドイツリーグで活躍中の長谷部誠選手のインタビューを載せたときだ。長谷部選手が、チームメイトから「野球って何?」と言われたエピソードを紹介すると、2ちゃんのスレッドでは、「焼き豚」対「サカ豚」のバトルが盛り上がった。このスレは、15以上にまで伸びている。

 こうまでバトルが続く背景には、世代間の代理戦争という面もあるようだ。日本では、ポピュラーになるのは野球が早く、サッカーは比較的最近だ。コラムを書いた60代の辻原さんは、長嶋・王がいたプロ野球の黄金期を体験しているだけに、よけい思い入れが強いのだろう。

 今回コラムが話題になったことについて、毎日新聞社の社長室広報担当は、「悪意はなかったにしろ、サッカーファンに誤解される表現だったことを、ご理解いただきたく存じます」とコメントしている。


■4月12日19時42分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000004-jct-ent
 
   
Posted at 17:52/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!