現しました。しかし私達は本質的に見にきて、安倍とったのは1種の“両側の文中に挿入し

July 23 [Tue], 2013, 12:42
呂耀東:

あなたは言うのが正しくて、確かにいくつか国家でで、確かに彼が選挙する前に、彼はいくつかのとても強硬な話を言います。そんなに後で、勝った後に彼はいくつか名誉回復の政策をします。しかし事実上、私達は安倍は彼がこのようなではありませんことを見ることができて、彼はこの前にその後との言行は一致する。そんなに選挙の前に、つまり参議院選挙が勝つ前に、彼は言うのが中国について表門を開け放したのなので、しかし選挙の(以)後で彼はまたこのような1種の観点を表現しました。しかし私達は本質的に見にきて、安倍とったのは1種の“両側の文中に挿入した小さな活字の注釈”で、つまり両側の手法をとるのです。一方は中国に対して表門を開け放したので、国際社会、国際にあげる世論は1種の表現があります。しかし事実上、領土問題の上で、彼はまた中日両国が領土問題が存在すると言います。このようないくつかの観点はちょうど矛盾していて、このような矛盾している観点は確かに中日の4つのポリシーファイルに辺鄙なことがあって、このような話は中日関係に役立たないで1つの戦略の共同でする関係の正常な軌道に上がることができるのです。

司会者:

呂先生はあなたは少し分析して、日本がずっと強調しているため、中国の1つの交渉を設けた前提で、釣魚島の問題は前提で、しかしあなたは分析して、一体誰が1つの両国の交渉の前提の問題を設けているのですか?

呂耀東:

私はなんと日本が1つの先決の条件を設定したのだと感じます。そんなに民主党の時期いわゆる釣魚島の国有化を実行して、このようなはひとつ中日の戦略に背いて共同でして4つのポリシーファイルのいくつかふるまいに関係しますと。中国は断固としている抗議を与えたのです。しかし安倍の時期に着いて、彼はまた日の今間言い当てるので、中国は条件を設定しないでください、私達の中日関係の首脳の会談はいかなる条件で(判定する)を話すことを行いませんべきです。中日の交渉、協議はこれがとても重要なため、しかし事実上日本は1つのとても重要な前提条件を設定して、釣魚島の国有化の問題はすでに向こうへ行って、私達は再び初めを行うべきで、だからこの前提条件はかえって日本の設定ので、中国の設定のではありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ertet4
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fghtry/index1_0.rdf