t9予感させる

June 28 [Fri], 2013, 12:43

青空文庫の小さな春を予感させるこの年、あなたはどんなふうに、ここから流れ出したファイルを読むだろう。ロンシャン トラベルバッグ
インターネットに接続されたパソコンか。スマートフォン、タブレット。それとも、電子書籍端末か。それらを支える要素技術を思う。言うまでもない。すべては、人が育てたものだ。
それらが拓いた電子の道を駆ロンシャン バッグ
け抜けて、あなたの手もとに届くファイルを思う。一文字一文字が、ひとりぼっちの密室の作業で入力され、長時間の無言の集中のうちに校正されたものだ。それらは皆、青空文庫の仲間が作り上げて届けた。ロンシャン 折りたたみ
水となって四方に流れ出せと願うなら、テキストをインターネットに置くだけでは不十分。組版の表現ルールを確立し、全員がそれに従って作業すること。自由な利用規則を定めて、明示すること。読書システムの組み上げに求められる書誌情報を、自ら差し出す姿勢も求められる。
ロンシャン プリアージュ
寒風の中で春を待つ冬芽について習ったのは、いつだったろう。
剃刀の刃で縦に切ると、花びらになる部分、おしべ、めしべなど、花のパーツのすべてが、精密な模型のように一式そろい、肩を寄せて縮こまっているのが不思議だった。
固く閉じた芽の中で、花となる一式が準備されるのは夏から秋にかけてのこと。植物の生命が、その全てを用意する。
ロンシャン 刺繍 バッグ
開花を待つデジタル?アーカイブを組み立てる要素にも、無から生じたものはない。
青空文庫の誕生は、1997年。今年で、足かけ17年になる。ロンシャン トート
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wrt
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fghteed/index1_0.rdf