ベネッセ教育情報サイト"キメ顔をする""アニメキャラのものまねをする"

November 01 [Sat], 2014, 12:36
タカラトミーアーツは、スナック菓子「じゃがりこ」を食べながらゲームを楽しむことができるパーティーグッズ「じゃがりこパニック」(希望小売価格税抜2800円)を11月13日(木)より全国の量販店、玩具専門店、雑貨店にて発売する

【写真を見る】飛び出す勢いはじゃがりこが容器からこぼれない程度に保たれている

「じゃがりこパニック」は、誰もが知っている身近な食べ物を、簡単なアクションでより楽しくおいしくアレンジするというコンセプトで開発された"おかしなシリーズ"のひとつ本商品では、カルビーから発売中のカップ容器入りじゃがいもスナック菓子「じゃがりこ」を使い多人数でテーブルゲームが楽しめる

遊び方はいたってシンプル「じゃがりこ」のマスコットキャラクターであるキリンの「じゃがお」の形を模した本体に、フタをはがした「じゃがりこ」を容器ごとセットじゃがおの頭部をじゃがりこ容器にかぶせてゲームスタートじゃがおの頭部を持ち上げてじゃがりこを取り出す際に、一定の確率でじゃがりこ容器が飛び出す仕組みになっている頭部を持ち上げてじゃがりこを1本取り出し、再び頭部をかぶせて次の人に回していき、じゃがりこの容器を飛び出させてしまった人が負けになるルールいわば、"黒ひげ危機一髪"のじゃがりこバージョンというわけだ負けた人は、付属のペナルティーカードを引き、そこに書かれ健康のため、子どもには好き嫌いなく食べ物を食べてほしいと願う保護者は多いだろうしかし、実際に苦手な食べ物を子どもに食べさせるのは難しいもの生理心理学、食行動科学が専門の関西国際大学教授・堀尾強氏に、好き嫌いを克服するための保護者の心構えや、具体的な方法を聞いた

苦手な食べ物もこれで克服? 大学教授が教える3つの方法
苦手な食べ物を克服する3つの方法(ベネッセ教育情報サイト)
■保護者が先にあきらめるのはNG
子どもに毎回嫌いな食べ物を残されることで、「どうせ食べないから」と、その食材を食卓に出す回数を少なくすることがあるでしょうしかし、好き嫌いを減らしたいなら、保護者が先にあきらめるのはよくありません保護者のサポートで、ある程度は子どもの好き嫌いを減らすことができます知っておいていただきたいのは、好き嫌いがあるからといって、「これを食べないと遊びに連れていってあげない」などと罰を与えるのは逆効果だということです

■子どものタイプ別に方法を変える
子どものタイプによって、好き嫌いを減らす効果的な方法は異なります絶対に克服させなければと気構えるのではなく、楽しみながら以下の方法を試してみてください

●苦手な食べ物との接触頻度を増やす
本人が食べられなくても、その食べ物に触れたり、人がおいしそうに食べる様子を見たりする機会などが増えると、次第に嫌悪の度合いが薄れていきます

●さまざまな味を経験させる
好きな食べ物だけでなく、いろいろな味に触れることで好みも変わっていき、苦手な食べ物を克服するきっかけにつながります

●食べさせ方を工夫する
友達と一緒に食べることで嫌いな野菜が食べられるようになったり、自分で収穫することによって食べられるようになったりすることがあります調理法を変えてみるのもよいでしょう

■少しくらいは嫌いなものがあってもよい
栄養学的に見て、極端にバランスが崩れていなければ、二つや三つくらいは嫌いな食材があってもよいと思います成長とともに食の好みは変わっていきますし、好き嫌いはその子どもにとって、一つの食文化でもあります肩の力を抜いて、楽しみながら子どもに働きかけてください

出典:[ベネッセ教育情報サイト]

ベネッセ教育情報サイト"キメ顔をする""アニメキャラのものまねをする"などの罰ゲームを受ける仕組みになっている人が集まる機会が多くなるこれからの季節にぴったりのパーティーグッズになりそうだ

遊び方はいたってシンプル携帯ケース コピー

遊び方はいたってシンプルiPhone5 シャネル

遊び方はいたってシンプルケース 人気
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fghfhjgh/index1_0.rdf