癌とは

February 28 [Mon], 2011, 23:38
p53の異常はほかの遺伝子上の変異も誘導すると考えられるんだって。
p53のほかにも多くのがん抑制遺伝子が見つかってるんだって。
p53はLi-Fraumeni症候群 (Li-Fraumeni syndrome) の原因遺伝子として知られており、
また、がんの多くの部分を占める自発性がんと、
割合としては小さい遺伝性がんの両方に異常が見つかる点でがん研究における重要性が高いんだって。
p53遺伝子に変異が起こると、適切にアポトーシス(細胞死)や
細胞分裂停止(G1/S細胞周期チェックポイント)を起こす機能が阻害され、
細胞は異常な増殖が可能となり、腫瘍細胞となるんだって。
現在、がん抑制遺伝子といわれる遺伝子群の変異による機能不全が
もっともがん発生に関与しているといわれてるんだって。
たとえば、p53がん抑制遺伝子は、ヒトの腫瘍に異常が最も多くみられる種類の遺伝子なんだって。
一方、変異によってその遺伝子産物が活性化し、細胞の異常な増殖が可能となって、
腫瘍細胞の生成につながるような遺伝子も見つかっており、これらをがん遺伝子と称すんだって。
これは、がん抑制遺伝子産物が不活性化して細胞ががん化するのとは対照的なんだって。
がん研究はがん遺伝子の研究からがん抑制遺伝子の研究に重心が移ってきた歴史があり、
現在においてはがん抑制遺伝子の変異が主要な研究対象となってるんだって。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fggjbxpm
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
Yapme!一覧
読者になる