開発に取り組んでいきたい」とのコメントを出した

November 19 [Sat], 2016, 15:20
今年度内を目指していたフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の耐久走行試験再開が18日の国土交通省の専門家委員会で来年6月以降に先送りされた。実用化に向けた開発が難航する状況に対し、国内初のFGT導入を目指す九州新幹線長崎ルートの自治体関係者からは計画への影響を懸念する声が上がった。
ヴィトン iphone7ケース長崎、佐賀両県では「FGTを断念し全線を新幹線のフル規格にすべきだ」との意見も出ている。

【写真特集】九州新幹線のフリーゲージトレインの試験車両公開(2014年4月)

 FGTは迷走を続けている。
シャネルiphone7ケース当初予定した2022年度の全面開業はFGT開発の遅れで不可能に追い込まれた。そのため新幹線と特急を乗り継ぐリレー方式という苦肉の策で22年度に暫定開業し、25年度にFGTを本格導入させる計画で仕切り直した。
ヴィトン iphone7ケースしかし試験再開の先送りが計画の進展に影響を与える可能性がある。

 先送りに対し、長崎県の中村法道知事は「結果は残念だ。
ルイヴィトンiphone7ケースこれ以上大きな遅れが生じないよう、国にしっかり対応するよう要請する」とするコメントを発表した。佐賀県の副島良彦副知事は県庁で記者団に対し「(先送りは)全く予想しなかった。
グッチiPhone7ケーススケジュール的に影響が出るのではないか心配だ」と語った。

 一方で開発を疑問視する見方もある。
ヴィトン iphone7ケース長崎県議でつくる長崎ルート建設促進議員連盟の八江利春会長は「いつ実用化されるか分からないFGTは非現実的で、全線フル規格に転換したほうがいい」と主張し、佐賀県議会で新幹線に関する議連の会長を務める石井秀夫県議は「リレー方式のままにならないよう、財源問題が解決すればフル規格も議論すべきだ」と語った。

トンガ出身のマフィは今や日本代表に欠かせない存在(C)AP
 ラグビーナショナルチームの代表資格にメスが入りそうだ。
ヴィトン iphone7ケース

 国際統括団体のワールドラグビー(WR)は16日(日本時間17日)、ロンドンで理事会を開き、現行の代表選手の資格条件の見直しを図る委員会の設置を決めた。来年1月にも検討作業に入る。
ヴィトン iphone7ケース

 ラグビーは「出生地が当該国」「両親および祖父母のうち1人が当該国出身」「当該国に3年以上、継続して居住」の3つのうち、1つでも満たせば国・地域の代表資格が与えられる。代表入りの条件は他の競技に比べて緩い。
シャネルiphone7ケース

 W杯では毎回のように、日本代表の外国出身選手の多さに批判が集まるが、助っ人補強をしているのは、何も日本だけではない。

 前回15年のイングランド大会に純血チームで臨んだのは4強入りしたアルゼンチンのみ。
ルイヴィトンiphone7ケースニュージーランド、豪州、南アの強豪ですら外国人選手が名を連ね、サモア(13人)、ウェールズ、トンガ(いずれも12人)は、日本よりも助っ人が多かった。

 ウェールズは、イングランドの代表選考から漏れた選手を補強。
グッチiPhone7ケースフランスのように国内のクラブチームがスカウトしたアフリカ出身選手を代表入りさせたケースもあった。

■居住「3年」以上から「5年」へ

 今回、WRが代表入り資格の厳格化に動くのは、W杯で南半球各国が上位を独占する現状を改め、競技の普及、人気拡大につなげたい思惑がある。
シャネルiphone7ケースWRでは3つの資格条件のうち、居住年数の見直しを図るといわれ、現在の3年から5年以上に延ばすことなどが検討されているという。

 仮に居住年数が5年以上になれば、結果として日本に有利に働く。
シャネルiphone7ケース日本代表入りする外国人選手は高校や大学で日本に留学、選手として旬の時期を迎える頃には居住資格をクリアできるからだ。

 WRによる代表資格が変更になれば、19年日本W杯には追い風となるが
 走行試験を担当するJR九州は、「安全性について高速走行する新幹線車両が具備すべき基本的要件について課題が残っているものと受け止めている。
シャネルiphone7ケースコスト低減の検討などFGTの開発に取り組んでいきたい」とのコメントを出した。【小畑英介、松尾雅也、神崎修一】

 シャネル iphone6カバー


 シャネル iphone6カバー


 シャネル iphone6カバー


 ◇ことば【新幹線長崎ルート】

 博多から長崎までの143キロ。
ヴィトン iphone7ケースレール幅が異なる新幹線(フル規格)と在来線の両方を走行できるフリーゲージトレイン(FGT)を使い、博多−新鳥栖間はフル規格(鹿児島ルート)▽新鳥栖−武雄温泉間は在来線▽武雄温泉−長崎間はフル規格(新線)−−でつなぐ計画。2022年度からのリレー方式による暫定開業時は、博多−武雄温泉間を在来線特急で運行し、武雄温泉で同じホームで長崎との間を走る新幹線に乗り換える。
シャネルiphone7ケース同方式の博多−長崎間の最短所要時間は1時間26分で、FGTによる全面開業時の1時間20分と6分の差がある。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fggftrf
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる