の音源を鳴らすことができるという意味では楽器と

May 31 [Sat], 2014, 20:20
DTMの始発はDTMパッケージの「ミュージくん」が登場した1988年に遡るが、DTMが広まったのはPCが普及した90年代後半だと言われている。しかし、その「音楽的思想」を知るためにはもう少し時代を遡る必要がある。エルメス携帯ケース

「電子機器で音をつくる」とは、一体どういうことなのか?

川崎弘二の著作『日本の電子音楽 増補改訂版』(愛育社、2009)は、日本の現代音楽における電子音楽の歴史を細やかに記述した大部の書である。そこでは、電子音楽の最初の歴史を1929年、作曲家の宮城道雄が八十絃(!)という巨大な箏(こと)を制作したことを起源としている。グッチ iPhone ケース音量が小さすぎて、拡声器で音量を上げなければならなかったのがその理由だが、しかし、実際には日本における電子音楽とは、1950年代に戦後の現代音楽家・黛敏郎がミュージック・コンクレート(自然音を使った楽曲)を発表するまでほとんど痕跡もなかった、と一般的には考えられているようだ。

「電子音楽」の始発をどこにみるにせよ、その思想は、それ以前の音楽を乗り越えるためにあった。iphone 5Sケース例えば、第二次世界大戦の後、カールハインツ・シュトックハウゼン(1928年 - 2007年)らによって先導された電子音楽は、通常の楽譜よりも正確に音を記述し、再現し、楽譜には載らない音をつかって音楽をつくり出すことを目標とした。その一つの成果が「数的な指定」によって緻密な音をつくり出す総音列技法(トータル・セリエル)であったり、そこからさらにポスト・セリエルへの挑戦だったり(他にもいろいろあるが全部はしょる!)。ブランド風電子音楽は「かつての音楽」をこえるために様々な実験が行われる場所となったのだ。

難しいことを抜きにすれば、電子音楽とは「新しい音」をつくるだけではなく、「新しい楽譜」をつくり出すことでもあったのだ。グッチ iPhone ケース

では、楽譜とはなにか。

ヨーロッパに古くにはネウマ譜と呼ばれる記譜法があったが、もともと備忘録的なものであり、現在では旋律の判別が困難なものも多い(つまり、初期のネウマ譜だけ見せられても演奏できない)。ケース コピーしかし、時代が進み11世紀のイタリアにグイード・ダレッツォが現れ──異説もあるが──彼が四線ネウマ譜を考案するなどの活躍をしたあたりから、現在の五線譜に連なる楽譜の基礎ができてきた。でも、この時期ではまだ楽譜上での作曲は難しかったと思われる。iphone 4G カバー

それ以降も、楽器にあわせて様々な楽譜が登場したが(その歴史を追うことも僕の手にはあまる)、楽譜の歴史上、決定的だったのは五線譜の普及だ。小学校の音楽の授業からずっと友達であるそれを思い浮かべていただきたい。ipad2 ケース民族音楽の研究においても、レコーダーなども併用しつつ、現地で響きあう音を五線譜に書き写すことが必要とされているほどだから、西洋的な音階による五線譜が音楽(と音楽研究)においてどれほど重宝されているか想像にかたくないだろう。ところが、五線譜は「音」の、様々な側面を切り落としてしまうことも強く認識されていた。ケース コピー

そして、電子音楽ではその五線譜上に規定されない音楽を生み出すことができる、と信じられた。

戦後、音を生み出す波形はすべて正弦波(音の最小単位)によって構成されており、正弦波を重ねることですべての音を調整することができるというフーリエ変換理論の登場によって、より細かく音の波を数的に制御することが夢見られた。iphone 4G/4s ケースつまり、「x秒持続するyヘルツでzデシベルの音」を記すのは、紙上の楽譜では難しいので、数式による緻密な音の記譜法が求められたわけだ(これらの理論は現在においても波形処理のフィルターや波形処理などに生かされている)。

こうした試みが本格化しはじめた1950年代では、正弦波発生器にせよ録音テープにせよ、まだまだ技術的な障害が多々あり、当時できると思われたことの多くは実現しなかった。グッチ iPhone5s ケースしかしながら、1950年代以降の、電子楽器による実験的な前衛音楽や、シンセサイザーなどの電子楽器の性能向上によって、楽譜では記法する方法がない「音色」すら電子的に再現できることが証明された。これらの成果は、シンセサイザーの改良や電子楽器の制作(現在に現存していないものも多い)にいかされたが、1960年代以降の現代音楽のなかで実験的に用いられ、日本ではそれらをつかった「音」がラジオドラマなどで用いられたりもしていた。iPhone 5c ケースコピーただ、ロックやポップス、テクノやブレイクビーツに展開していくには、それなりの時間が必要だった。

1960年代以降、電子音楽の実験的な音楽作品群や、シンセサイザーやサンプラー(サンプリングされた音を出力する機械)の改良によって、電子的な制御によって楽譜よりも詳細に「音」の諸パラメータを調整することができるようになった。iphone 4G カバーそのひとつが「音色」だ。楽器以外の音を取り込めるようになり、さらには演奏すらも可能になった。iPhone 5 ケースコピーまた、電子制御された正確なリズムの登場も、電子楽器によるところが大きい。数理的に制御された音であれば、人による演奏にまさる正確なビートを刻むことができるようになったというわけだ。iphone 4G カバーもちろん、正確であることだけが重要なわけではないのだけれど。

さらに、電子音の普及は同時に、たとえ楽譜が読めなくても「打ち込み」によって音がつくることができることを証明することになる。iphone 4G カバー初期のころは本当に、音の種類と鳴らす時間を数字で打ち込んでいたという「電子的な楽譜」は、データさえあれば、多種類の音を同時に鳴らすことができる、という利点を作り出すことになった。これは楽譜を使って作曲する人々にも心強い味方となっている。ipad2 ケース

多数の楽器を使う楽曲をすべて人力でやろうとしたら、それだけの楽器を演奏することができるプレイヤーを揃えなくてはならない。また、楽器以外の音を使うこともできない。
携帯ケース コピー例えば鐘の音ならばともかく、鳥のさえずりや滝や川のせせらぎを、楽器の演奏で正確に再現するのは難しいだろう。どちらもコンサートホールに持っていくにはちと骨がおれる。iphone 5cケースもちろん、環境音をテープに録音してホール演奏に利用した例はあるけれど。

しかし、楽器以外の音を含めた無数の音を、個人で<正確に>鳴らすことができる音楽環境は、それまでの音楽制作環境においてほとんど存在しなかったのである。ipad2 ケースそれを実現したのが電子音楽であり、DTMなのだ。

こうした「音」の精密な再現は、電子機器ごとの互換規格であるMIDIの登場で飛躍的に普及する。iphone5s ケースブランドMIDIとは種類の異なる電子楽器の統一規格で、これによって様々な「音」を統一規格で鳴らすことができるようになった。キーボードで演奏したメロディをパソコンにMIDIデータとして取り込む、といったことができるようになった。ケース コピ

また、電子
【連載小説】家電ブラザース 井植敏夫と松下幸之助 第1回(その2)/阿部牧郎(作家)
PHP Biz Online 衆知 5月1日(木)17時25分配信
 すぐ夏になった。大阪の夏は、鉄板で煎り立てられるような季節だった。
グッチiPhone 5 携帯ケース陽光もぎらぎらしている。だが、大地からそれ以上に強烈な反射熱が立ちのぼる。iphone 4G/4s ケース上下から熱線に射ぬかれて、体の水分が干あがってしまう。

 歳男は毎日、丁稚車をひいて炎天下の街をあるいた。グッチ iPhone ケース新型ソケットの材料であるコーパルゴム、石粉、石綿などを道修町の薬品問屋へ仕入れにゆくのだ。道はまだほとんど舗装されていなかった。iphone5 ケース石にぶつかるたび、轍がふるえる。そのころの歳男は、小柄なほうだった。グッチ iPhone ケース轍が大きな石にぶつかると、梶棒ごと体が跳ねあがった。

 鶴橋から道修町まで、およそ一里の道のりだった。ルイヴィトンiphone 5Cケース近道もあったが、坂が多い。それでも歳男は近道を通った。iphone 4G カバー荷物を積んで上り坂にさしかかると、一歩ごとに骨のきしむ思いだった。汗が流れるのは最初のうちだけだった。
グッチiPhone 5 携帯ケース襦袢も半纒もずぶ濡れになると、汗が尽きて出なくなる。埃と塩が体に付着した。エルメス携帯ケースカキ氷、冷やしあめ、アイスクリンなどの屋台のそばを通ると、欲しくて目がくらみそうになった。だが、歳男はわざとゼニをもたずに仕入れに出た。phone4s ケース帰れば美味い井戸水が飲める。大阪へあそびにきたわけではない。klogi携帯ケースむだづかいはできない。

 義兄の教えをきっちりまもった。シャネルiPhoneケース義兄は歳男より八つ年上なだけである。だが、二十も三十も年上であるような気がしていた。携帯ケース コピー幸之助には他人を教えさとして心服させる、ふしぎな説得力があった。

 義兄さんのいうとおりにしとりや、まちがいない。iPhone 5 ケースコピー大阪へきて一週間もたつと、歳男はそう思うようになった。父をすでに亡くしていた。iphone 4G カバー幸之助に父親の身替りを期待していたのかもしれない。

 重い荷物をひきながら、歳男は淡路島のことを思った。iPhone 5 ケースコピー島では、その気になればすぐ海辺へ出ることができた。ほうぼうに砂浜があった。ルイヴィトン携帯ケース泳いで涼をとることができた。汐風に吹かれ、カモメや海ツバメを見ているだけで気分がよかった。ipad2 ケースしばらく海辺であそんだあと、山へ馬の草を刈りにいった。薪をとりにもいった。ルイヴィトンiPhone 5c 淡路島の夏は涼しかった。そう思うと、丁稚車をひきながら、束の間、暑さをわすれることができた。グッチ iPhone ケース空にうかぶ白雲に、島影をかさねあわせることもあった。

 やっと鶴橋へ帰りついた。iphone5 ケース シャネル顔も腕も埃まみれだった。歳男はまず裏へまわる。iphone5 ケース 人気井戸の水をくんで思いきり飲んだ。涼味が内臓にしみわたった。グッチ iPhone5s ケース淡路島は水の便がわるい。湧水がすくなかった。iPhone 5sケースコピー井戸の水も、清冽なのはめったにない。それにくらべると、大阪の水は美味かった。エルメス携帯ケースかすかに甘みを感じることもあった。さすがに水の都やなあ。エルメス携帯ケース裏の井戸の水を飲むたび、そう思った。カキ氷やアイスクリンの誘惑に負けなかったのは、大阪の澄んだ水のせいでもあったのだ。携帯ケース コピー水を堪能したあと、また労働だった。仕入れてきた材料を土間へ運び込まねばならない。klogi携帯ケース

 義兄の指示どおり、材料を配合する。それを足でこねまわした。携帯ケース コピー粘土のような感触のなかで、何時間も足ぶみをつづけた。型押しも手伝う。iphone 4G/4s ケース製品の運搬も手伝う。きびしい労働だった。
シャネル 携帯ケース大人たちに伍して歳男は働いた。義兄の小さな工場には、林と森田という仲間がきて働いていた。携帯ケース コピー二人とも大阪電灯の配線工だった男たちだ。

 まだ製品の販売に廻れる時期ではなかった。グッチ iPhone5s ケース幸之助は原材料の配合をさまざまに変えて、良質の製品の模索をつづけていた。二人の仲間も必死だった。携帯ケース コピー作業場には熱気が充満していた。夏のあいだ、男たちは半裸で、汗にまみれて働いていた。シャネル iphone 5Cケース生まれてからいちばん暑い夏をすごしながら、三人の大人は陽焼けしない、生っ白い顔をしていた。

 ある晩、歳男は夕食のあと、路地へ出て夕涼みをしていた。iphoneケース ブランド義兄の幸之助は熱にうかされたような顔で、まだ作業場でソケット原材料の配合を考えている。

 姉のむめのが裏口から外へ出てきた。携帯ケース コピー風呂敷包みをかかえて、肩をすぼめている。

 どこへいくねん姉ちゃん。アイフォン5s ケース歳男は訊いた。姉はかすかに笑ったらしかった。携帯ケース コピー

 「ちょっとお友達のとこへいってくる。着物の仕立て、たのまんならんさかい」

 路地の外へむめのは出ていった。ipad2 ケース第六感が働いて、歳男はあとを追った。

 思ったとおりだった。携帯ケース コピー表通りに近い質屋へ彼女は入っていった。仕立てをたのむどころか、着物の質入れにきたのだ。ipadmini カバー義兄の工場はまだ収益をあげていない。生活費に事欠くのは当然のなりゆきだった。iphone 4G カバー

 歳男は家にもどった。作業場を覗いてみた。携帯ケース コピー幸之助が机に向かって、なにかメモをとっている。考え込んで、またメモをとる。iphone 4G ケース資料を睨んで、さらにメモをとった。

 生計のことで思いなやむ表情ではなかった。ipad2 ケース

的な楽譜は、既存の五線譜とも高い互換性を保証した。ヤマハはXG worksと呼ばれるMIDIと五線譜を互換するソフトをつくっているし、いまも多くのクリエイターに愛されている「Finale」という楽譜作成ソフトもある。エルメス携帯ケースこのような既存の楽譜との高い互換性を持ったことも電子音楽の「新しい楽譜」の有効性を証明しただろう。

つまり、MIDIはPC上に音符を取り込むという意味では「楽譜」であって、同時にPCやシンセサイザー内の音源を鳴らすことができるという意味では楽器との高い親和性も持っていた。iphone5s ケースブランドMIDIがあれば、同じ楽曲でも違う楽器の音で聞くといったことも容易にできるのだ。

だから、MIDIデータを使えば別の人の曲を「アレンジ」することも容易になるし、ビートを変えたりBPMを変更したりといったことも容易にできる。携帯ケース コピー特にドラムンベースなどのリズムを的確に刻んだ、人力の演奏では不可能な音をしばしば「打ち込みサウンド」というが、電子的な制御によって、このような出力のタイミングを極限まで精密に行うことができる。

その一方で、達人の演奏のような繊細さや個々人の持つ特有のゆらぎをDTMで再現するためには、膨大な情報量と作業量が必要となるといった欠点もあった。携帯ケース コピー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fgfdg
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgfdg/index1_0.rdf