文章で書くと長くなるが、STEP 3以外は誰でもカ

March 13 [Fri], 2015, 11:21

ルイヴィトン iphone6ケース携帯ケース


【商品名】:★新作★シャネル【CHANEL】iPhone6ケース携帯ケース激安送料無料


【対応機種】:iphone6


●高級感のあるブロックチェックデザイン


●開閉部分は磁石式になっています


●人気の手帳型ケース、合皮素材


●環境に優しいエコパッケージで配送します


●無条件返品保証付き


●ケースを装着したまま充電や操作可能 ※写真の色調はご使用のモニターの機種や設定により実際の商品と異なる場合があります。


みなさんご存知のとおり(?)本年2015年は、映画『バック?トゥ?ザ?フューチャー2』の“未来”に当たる年です。その劇中には未来のアイテムとして様々なガジェットが登場します。なかでも、空中を滑るホバーボードなどは、限られた場所での使用に限られますがすでに開発に成功!

関連写真リンク

写真を拡大 写真を拡大
BTTF2の2015年仕様デロリアンが完成!iPhone6用ケースとしてな!!
エルメスiphone6ケース
 
しかし、絶対に今年中には開発されないであろうものが、キーアイテムのタイムマシン。元になった車『デロリアン』は数百万円で手に入りますが、これだけは無理でしょう。
でも、せめてその気分だけでも味わいたい! という方にオススメしたいのがこちら。バンダイから今年6月に発売予定のiPhone6用ケース『CRAZY CASE BACK TO THE FUTURE II DELOREAN TIME MACHINE』です。
 
バットマンの『バットモービル』『タンブラー』に続く『クレイジーケース』シリーズの第3弾になるこの『デロリアン』。ケースのスイッチをオンにするとLEDが発光し、タイムスリップするシーンを忠実に再現!?
 
また、iPhoneの“設定”から着信時にフラッシュライトが点灯するようにしておけば、ヘッドライトを光らせることも可能。
 iPhone 6ケース。。
サイド部分を開けば、iPhoneのボリュームやミュートスイッチにアクセスも出来ます。
 
ボンネットはカメラレンズカバーになっており、スライドさせればカメラを使う事まで可能です。
 
気になる価格は5940円。現在、プレミアムバンダイなどで予約を受付中で、お届けは2015年6月の予定とのこと。準備数に達し次第、予約が終了になってしまうので、欲しい方はお早めに! 売り切れてもタイムスリップで過去には戻れませんよ〜。
 
写真を拡大 写真を拡大
『iPhone 6 Plus』をバイク用ナビにする方法
一度使うと、『iPhone6Plus』のバイクナビは手放せなくなる?
 『iPhone6Plus』は画面が見やすくて最高だ。私はほとんど携帯電話を使わないので大きすぎて不便と感じたことはない。もともと「WOT」の操作性アップのために機種変したので、満足なのだ。それはさておき、この画面の広さはバイク用ナビを凌駕している。しかも、「Googleマップ」のナビゲーション機能も優秀。これをコックピットに装着すればBluetooth音声ガイド対応ナビが完成するはずだ。そこで『iPhone 6 Plus』をバイク用のナビにする方法を紹介したい。

 一番の問題は防水性だ。バイク用のナビがコストアップを強いられた原因が防水仕様。『iPhone6Plus』を防水ケースに入れて使うという方法もあるが、さらなる問題も発生する。充電ケーブルが接続できない。タッチパネルが使えなくなる可能性が高い。視認性の低下、装着方法が限定される。これらのデメリットを考えると防水はとりあえず諦めて、雨が降ってきたら、『iPhone6Plus』を外すことに決定。
シャネルiphone6 ケース

最初の課題は、どうやってバイクにマウントするか。私のマシンはネイキッドでアップハンドルなのでハンドルクランプもできる。しかし、セパハンだと難易度が上がる。大抵のバイク乗りなら、アクションカムを取り付けるために「RAMマウント」を使っていると思う。私もRAMマウントでSONY『NAV-U』をバイク用に使っていた。北海道の秘湯100個所以上を入力したのだが、生産完了で地図も更新できない。

 そこで『iPhone6Plus』と入れ替え決定。RAMマウントに『UN10B』というスマホ用グリップホルダーを発見した。『iPhone6』よりも大きい『iPhone6Plus』対応のマウントは少ないが、RAMマウントには『iPad』用まであるため問題ない。仕組みは極めてシンプルでバネ式のXグリップが幅約45〜114mmのスマホを挟み込んで固定する。

 ただ、この固定方法には問題があって、固定してもバネ全体のあそびのため、振動でスマホの角度が変わってしまうのだ。今のところ最初からズレを見越して取り付け角度を調整するしかない。
シャネルiphone6ケース

 RAMマウントを使ってツーリングするためにDeff 『CLEAVE』を使って命綱を付けた。このアルムフレームは頑丈で軽量でカッコイイのだが上下非対称でRAM Xグリップホルダーと相性が悪い。このフレームに入れると固定が甘くなり、これでは本末転倒である。別の方法を考える必要がある。私は裸族なのでカバーは使いたくない。それにカバーのストラップホルダーは穴が細すぎてバイクへの固定には向いていない。

 いろいろ検討した結果poddities『NETSUKE for iPhone6 / 6 Plus』を使うことにした。少々割高感はあるが専用ドライバー付きで製品自体もステンレス304を採用してかなり頑丈そうだ。なによりシンプルなのがいい。このまま充電もできるし、デスクトップに置いても浮き上がらないので使い勝手はいいのだが、底面に出ているヒンジ部分のエッジが指にひっかかる感触が馴染めない。エッジがシャープ過ぎるのだ。

 なにかを引っ掛けると硬いので相手にキズが付くと思う。ツーリング以外では外してもいいのだが、ネジロックが塗ってあるため、それも面倒である。将来的にはもっといい方法を探したい。

最新シャネルiphone6 ケース

『UN10B』+『CLEAVE』を使って日帰りツーリングに行ってきた。固定が確実でなかったせいか、1度だけ『iPhone6Plus』が落下したが、命綱のおかげで問題ナシ。その後は道路のギャップにも耐えオフロードを走らなければ落ちる心配はなさそうだ。「Googleマップ」のナビゲーション機能は地図が最新なので非常に快適。専用ナビでないので高速のジャンクションや交差点で地図が拡大表示されないことがあり、ちょっと戸惑うことがあったぐらい。音声は聞いていないが問題ない。

 モバイル電源を持参して、休憩時に充電していたが、朝6時半出発、帰宅が19時半なので約8時間使用で最後は電池が残り3%まで減った。これでは安心してナビが使えない。充電ケーブルを接続したままにしてモバイルバッテリーをタンクバッグに入れればいいのだが、私はタンクバッグが嫌いだ。ここはスマートにバイクのバッテリーからUSBの5Vを取り出したい。
iPhone6 シャネル
 Amazonで「バイク用USB電源」をざっと検索すると364件も候補が出た。最初は欲ばって2口とか思ったが、私のマシンは取り付けスペースが限られているので、コンパクトを最優先、さらに『iPhone6Plus』は急速充電対応なので2.1A出力に対応するのが望ましい。カスタマーレビューを読んでみると安物は数ヵ月後に電解コンデンサがパンクしたり、レギュレーターが壊れたりして使えなくなることが多いようだ。理想はUSB端子が防水で一体型のフタがあり、変圧回路はケーブルの途中にあるもの。例えばDAYTONA『USB POWER SUPPLY』なんかが良さそう、これなら嵩張らず2ポートでも使えそうである。急速充電に対応するかどうかは不明だ。

 私が選んだのはbright side『12V to 5V USB Output Cable』(1650円)という製品で最大2Aが取り出せ、ケーブル長1mでコンデンサは信頼性の高いTDK「X7R」を採用、ヒューズ付き。幅21mm、奥行き48mm、厚さ12mmとコンパクトなのでどこにでも付けられそう、そして途中にボックスなどがなく配線がカンタンそうなので選んだ。レビューを見てもノイズや発熱がなく快調という書き込みが多かった。18件中2件が壊れた報告だが、どうなんだろう。選択の基準としてはバッテリー直結を考えているなら、確認用LEDが発光する製品はやめた方がいい。キーと連動していないためバッテリーが上がる恐れがある。理想の配線はメインキーのON/OFFと連動できる位置から取りヒューズを入れた方がいいがいいだろう。

iphone6ケース
 これでめでたくバイクナビが完成。しかし、ツーリングした時に気になることがあった。『iPhone6Plus』でGoogleマップを立ち上げていても、メッセージが届くと、それが表示されて画面が遮られるのだ。表示しない設定にできるが、沢山あるし、いちいち切り替えるのが面倒だ。

 また、信号待ちでちょっと地図を拡大したいとか、先が見たい場合も、バイク乗りはグローブをしているのでスマホを操作できないのだ。もちろんSONY『NAV-U』などのバイク対応ナビはグローブをしたまま操作できる。これを何とかしたい! 

 シンプルな解決法はスマホ対応バイク用グローブを買うことだ。調べてみるといろいろある。そして分かったことは、グローブの指先に特殊繊維が使われ指先の静電気をスマホのタッチパネルに伝えていること。つまり、この通電糸があれば、今使っているグローブをスマホ対応にできるはず。そこで見つけたのがPDA工房『通電糸(太め/自作用パーツ)5m』(515円)である。使い方はカンタン、糸がグローブの内側で指に触れるようにして、あとはタッチしたい位置に縫い付けるだけ。どのぐらいの面積が必要かはトライアンドエラーで決めていく。

 私は冬用グローブを塗ったのでゴアテックスとかシンサレートの層があって、非常に縫いにくかった。春夏用ならもっとカンタンだと思う。ちなみに穴が開くので防水性が低下して、そこから水が入ってくる可能性がある。次期グローブ買い替えの時はスマホ対応にしようと思った。親指と人差し指に通電糸を縫い付けた結果、ピンチアウトとピンチインもできるようになった。


 文章で書くと長くなるが、STEP 3以外は誰でもカンタンに実行できると思う。電源に関しては大容量リチウムイオン電池パックを接続しても問題はなく実用的だ。RAMマウントを交換すれば、クルマにも使える。クルマならBluetooth接続のスピーカーを加えれば、音声ガイドと音楽も楽しめる。

 私はバイクナビは専用品の方がいいと思っていたが、「Googleマップ」がかなり優秀で有料道路を避けるコースも設定できるし、道を間違えたときのリルートも素早い。さらに専用地図ソフトを使えば圏外でも使え、電池の消費も抑えられるに違いない。またツーリングでは少しでも荷物を減らしたいので、専用ナビが不要というのはありがたい。駐車時もナビを外す手間が省ける。Bluetoothのヘッドセットと組み合わせれば電話の応答もできそうだ。
シャネルiphone6 ケース
 心配なのは落下と雨だが、私はアクシデントに対しては「Apple Care」で対処することにした。その方が気が楽だ。一度使うと『iPhone6Plus』のバイクナビは手放せなくなるはずだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fgdtret
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgdtret/index1_0.rdf