司会は、ネプチューンの原田泰造と堀内健

August 04 [Sun], 2013, 17:29
ーパーファミコンというプラットフォームでもっと自由に音楽家に活躍して欲しかったそうです。

そこで任天堂に営業に飛び込み、さらにスーパーファミコン用のCD-ROMアダプタを開発するプロジェクトを取り付けました。ray ban 楽天この試みは社内では異端視されていましたが、当時ソニーの社長であった大賀典雄氏は音楽事業の要であった丸山氏のもとに久夛良木氏を送り込みました。久夛良木もその技術を自慢したくて、丸山氏に会いに行ったのが知り合ったきっかけだそうです。サングラス 人気時は25年前、1988年の頃です。

丸山氏は当時のことを、技術的なことは何もわからないので、とにかく形にして持ってきて欲しいと話したと振り返っています。レイバン サング ラス電子音楽の世界では坂本龍一氏、小室哲哉氏といったビッグアーティストとの交流もあった丸山氏でしたが、あくまでもプロデューサーとして従事していたため、技術的な話は常に正直にわからないと応え、専門家に任せるというスタンスであったそうです。

それでも丸山氏を通じて、久夛良木氏は音楽の世界で活躍しているクリエイターと交流を持つことができました。ray ban 新作音楽ユニットのPSY・Sの松浦雅也氏に当時開発した装置を渡し、本物かどうか見極めてもらったそうです。丸山氏の元に集まるクリエイターと飲み会を含めたブレインストーミングでアイデアを集め、それを具体的に実現していきました。レイバン サング ラスそして、このような電子音楽がスーパーファミコンでも可能になることで、ミュージシャンやアレンジャーの活躍の場が広がることを確信したそうです。

このように新しいチャレンジは会社の大会議で始まるものではなく、非公式なものも含めた人と人のネットワークで生まれることを二人は説明しました。
携帯ケース コピーPlayStationのプロジェクトも社内の人間は誰もその可能性には気付いていなかったそうです。結果、野心のあるメンバーによるチームが誇大妄想のように企画を進め、実現したという側面が強いと振り返っています。腕時計 gaga当時、青山にあったオフィスは本社から離れており、久夛良木氏は相当自由に開発に専念できたそうです。丸山氏は技術的なことはわからないものの、久夛良木氏の「保護者」としての役割を務め、プロジェクトのバックアップを行いました。アビエーター サングラス

■クリエイターの重要性
このように様々な業界の現場で働くクリエイターと交流できたことが、後のPlayStationの成功につながっていると久夛良木氏は振り返ります。黒川氏もそれに同意して、エンターテイメント産業におけるクリエイターの重要性を指摘しました。レイバン サングラス 人気 メンズ映画配給と宣伝の経歴がある黒川氏は、クリエイターを立てることで少ない予算の中で映画のプロモーションを行なってきた経験を話しました。そして、PlayStationが以前のゲーム業界にあった常識を破ったことを指摘しています。サングラス メガネ
 COWCOWの「あたりまえ体操」や2700の「右肘左肘交互に見て〜」など、歌やリズムに乗せた“音楽系”ネタを「ダウンロードするならいくら払えるか」という目線で競い合うバラエティー番組『ワラリズム』(29日放送、後11:10)がフジテレビ系で放送される。番組では「ワラリズム」と呼び、笑えるかどうかだけでなく、音楽的に優れているかどうかもポイントにしながら、芸人たちのネタを評価し、ダウンロードの値をつけていく。ベルトコピー

豪華な顔ぶれの「バイヤー(審査員)」たち

 「バイヤー」と呼ばれる審査員には、湘南乃風として活躍し、プロデューサーとしても業界で高く評価されている若旦那、女性DJのDJ KAORI、夏季限定の海の家ライブハウス「音霊(おとだま)SEA STUDIO」の運営者でもあるキマグレンの二人、数多くのアーティストへの楽曲提供やプロデュースを手がける若手クリエイター・田中隼人らが顔をそろえる。

 ネタを披露する芸人には、植野行雄、シリフリ、ケチン・ダ・コチン、ザブングル、ジャングルポケット、鈴木奈都、ZEN、2700、バイきんぐ、ぶらっくさむらい、ホットセクシーズ、ロバートほか。ガガ 腕時計最も高いダウンロード金額を獲得できるのはどの芸人か!?

 司会は、ネプチューンの原田泰造と堀内健、松村末央(フジテレビアナウンサー)。オーガナイザー(主催者)として、名倉潤が出演する。ロレックス 腕時計
当時のゲーム業界では、引き抜きを恐れるためかクリエイターの名前を表に出すことに否定的でした。しかしながら、もともと音楽業界で活躍してきた丸山氏は積極的に表に顔を出すことを提言。ガガミラノ 時計 レディース時には「ミュージシャンのようにモテたくないのか?」などと「ズルいテクニック」を使い、プロモーションを行ったと振り返っています。またクリエイターの顔写真を雑誌に掲載することで、プロモーションのページ数を稼いだり、ユーザーの感情移入を誘ったりする試みを行ったそうです。サングラス レイバン

映画好きの久夛良木氏は、映画では当たり前のスタッフロールの重要性を指摘しました。スタッフロールやクレジットによってユーザーにクリエイターの存在に気付かせ、イベントやアワードなどで積極的に顕彰することをゲーム業界にも取り入れました。サングラス レイバン
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fgdg/index1_0.rdf