自律神経失調症は必ず治る病

March 13 [Thu], 2014, 5:06
自律神経の役割とは・・・・自律神経失調症で有名になった、この自律神経を考えたいと思います、かなり大雑把かもしれませんので、そのへんはご了承願いたいと思います。

さて、この自律神経とはなんでしょう、二つあって、交感神経と副交感神経ですが両者は常に反対の行動をするメカニズムを持っています。
例えば、貴方が病気になった場合、細菌やウイルスなどが体内に侵入して病気になったと仮定しましょう、その時2つの神経のうち交感神経は働きが自動的に活発化して、病気に抵抗しようと悪戦苦闘します。
すでに経験もおありでしょうが、風邪をひいた時に熱が出ますが、これは風邪のウイルスを熱でやっつけようとする交感神経の役割ですね。

また、精神的に大きなストレスなどにもこの自律神経は大きく関与するのですね、事故に出会い酷く驚くとか、強い恐怖に襲われるとすれば、通常は心臓がドキドキしたり顔が真っ青になったりとショック症状をしまします。
つまり、交感神経は刺激に対する防御反応であり、その反対に緊張を緩め、穏やかに沈静化させるのが副交感神経と考えてくださいね。

ではまた・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:arukoru
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ffvtre124/index1_0.rdf