文化部で公開批判新聞出版総署「越権」

April 05 [Thu], 2012, 12:06
国内最大のゲーム公の1つで世人を見下す縦横副会長の劉世界週報記者を教えて時代は、中央编办35号文書細分2部門の仕事だが、「抜け穴がまだ存在して、そのため、文化部こそ非難新聞出版総署越権」。幸いに、新聞出版総署を意識したホールで、その後の補充ファイルに増えた関連規定により。国服《巫妖王の怒り』を3.2.2バージョンが、確認後、すでに大量を改正し、不協和要素、例えば虐殺人間、殺人を器官、スカルヘッド、精霊ダンスなどの内容。「魔獣世界」を導入する前に、中国のオンラインゲームの第3の座を占め、傘下のオンラインゲームタイトルを『夢幻西遊』と『天下2』。網易から9城の手に苦労を奪った「魔獣世界」は、オンラインゲーム市場シェアをしのぐために前の2位の盛大なと騰訊。文化部で公開批判新聞出版総署「越権」の二つの部門の管轄権争いが白熱。そしてここから起きた話題:中国ネットゲーいったい、どの部門主導監視するのだろうか?手から9城を「魔獣世界」の運営権後、審査を妨げられて、「魔獣世界』が止まって服に2ヶ月ぶり、網易損失。「魔獣世界』開服ごとに1日延期、網易は損失422万元の計算では、「魔獣世界』が止まって服50日以上は、網易近2億元の損失。豪雪を倍近くに分ける昨年7月21日、文化部に合格した「魔獣世界」の内容に審査し、11月2日終瞭した「魔獣世界(燃える遠徴)」の審査。翌日、文化省は成長していくつかの事件の時によると、版署に合わない通知規定によって、明らかには「越権行為」。審査に妨げられて、網易も2部門の互素子勘定。「魔獣世界(燃える遠徴)」は、新聞出版総署に許可を終瞭後もその正常登録、しかも料金システムは中止。網易という綱渡り行為の版署"違反運営」の名で、網易のもそのために引き受けた一枚も1億円オーバーの巨額を出して。止まって服50日以上2億元の損失なおから出てきて、プレイヤーが近くにわたる国服を2年の後で、やっと守が消え去る日の目を見る:網易版「魔獣世界』資料片《巫妖王の怒り』は7月23日、新聞出版総署の審査。今般、網易小心者は、これまでの承認を受けれる影響。すべての人は「調和の要素を持ってない」との判断基準は、2つの審査部門ではゲームは何を改正標準の?文化部市場司のネット文化所のスタッフに教え時代週報記者「ゲーム関連の主は専任者に審査基準や条例の承認。」記者が具体的な基準が問い詰めると承認者はゲームの専門家は政府の役人のとき、スタッフは「解答時間がない」との回答拒否。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かなえ香奈恵
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ffssfoofff92/index1_0.rdf