その時に仮想の消費環境が確実な証拠を殘して

April 29 [Sun], 2012, 13:12
工商総局に定めた「オンライン商品取引及び関連サービス行為管理暫定弁法」と文化部に定めた「ネットゲーム管理暫定弁法」は今年7月1日と8月1日に実施し、規則に二部も明確に「実名制」。特に後者も追加した仮想通貨取引サービスをしてはならない。未成年のサービスを提供し、ネットユーザー企業を要求すべき有効身分証を実名登録ユーザー情報などを保存する。「保護仮想財産は未来ネットワーク安全と法制建設の傾向。」現在商工部門の開発に着手するネット取引プラットフォームは、「ネットビジネス」に深く仮想取引で権利執法。石景山商工支局によると消保科の課長の屈向东紹介、プラットフォームは各商工支局とを、インターネットプロバイダーポートドッキングは、取引のトラブルが起きた時、商工部門が取調べ取引の全行程の記録、解決を難しいとともに、比較的正確に判定当事者の責任。ゲームプラットフォームと公安部ネットワーク「消費者権益保護法」の規定により消費者は「生活」を購入する必要がある商品やサービスを受けて自然の人に商工部門は調停ネットゲーム消費紛争時できない旨。ネットゲームのプレーヤーが消費者に属するかどうか、法律面の明確な定義。参加した専門家が、改正提案「消法」には、ネット取引を消保システム。「『弁法』の実施後、実名制を実施、未成年者保護、オンラインゲーム運営責任転嫁できない。」高コ友明確によると、誰が、誰の責任の利益原則、キャリアを促すべきゲーム参加者実名登録。記者からゲーム運営側によると、多くのプラットフォームは、公安部のネットワークは、ユーザー登録調査オンラインリアルタイム身分。石景山商工支局2008年から始め、受付苦情のネットゲームを追跡するためと分析されて苦情タイプ主には:ゲームのプレーヤーがゲームアカウント、設備サプライヤー通紛失、正常にできないインターネットゲーム、退かないで既に納付したゲーム費、アカウントを盗まれるなど、消費者の損失。同局副局長高コ友は記者に教えて、ゲーム品の盗難苦情処理が一番厄介アラド戦記 rmt。「ゲームのプレーヤーを獲得した精良装備が現実生活の中で高価で売るにして、これによって生きるための手段、たとえば『天竜八部』で八級の宝石は現実の生活の中でできて人民元に数十万円、普通の宝石にも千元、一旦品物が無くなり、プレイヤーの打撃が非常に大きい。」1.7億人のネットゲーム世界消費、我が国は毎年十数億の仮想通貨取引が、ゲームの中の「宝石」は本当に何十万元の人民元に両替できた時、現実の「賊」を狙った仮想世界、詐欺、詐欺、トラブルなどにもアラド rmtタルタロス RMT。昨日、工商、専門家、生協など多くの方々が一堂に会し、研討の「オンライン」の権利。記者は知って、北京の商工業のネット取引規制のプラットフォームが使われ、「ネット工商」が全行程の監視取引の過程で、その時の仮想の消費環境が確実な証拠が殘る。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みさこ美佐子
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ffssfoofff88/index1_0.rdf