ゲームは毎日3時間以上後プレイヤーの受益半減

April 29 [Sun], 2012, 13:08
業界関係者によると、実名制を中心に未成年と成人識別プレイヤーが深まり、未成年者は一定の保護措置を実行する。例えばネット仮想通貨取引サービス企業は未成年者へのサービス提供アラド rmt。これも昨年に新聞出版総署と文化部はネットゲームの監督権限と責任の後、文化部提出の最初の答案タルタロス RMT。あるオンラインゲーム会社のトップは「オンラインゲームはずっと全体のインターネット業界で利益率最高の業界、資金根本的な問題ではない。その前に、多くのばかりを狙って地区甚だしきに至っては都市の市場の中小企業には、地元の資源と関係ネットワークもスムーズですが、業務を展開しなければならないと、北京へ来た文化部の許可証を持って、取引コストは、無形に高くなりました。今のハードルが低くなった、こんなところに型企業にとっては非常に良いニュース。」これに先立ち、審査担当して配って許可証の機関は文化部。業界関係者によると、文化部という「権力下放”、ある程度下げました中小企業に同市場分野のハードル。また、規定中の要求の1000万元、登録資本金はあまり高く。某ゲーム会社の上層部によると、一部のネットゲームデザイナーやキャリア利用のプレイヤーの心理弱点を通じて、誘導など方式をゲームユーザーを引きつける精力や資金投入を維持するゲーム会社続いた高収入レベル。このような手段は、数年前に一度は流行してネットの徴途』『巨人を発揮し。当時、ゲームの中の仮想装備投入数十万も百万人民元のプレイヤーが少なくない。実名制になって、さらなる措置に未成年者を保護して、どうするかがカギはアラド戦記 rmt。オンラインゲームプレイヤーを実名登録、未成年はオンラインゲーム仮想通貨取引を行う。先日、文化部登場『ネットゲーム管理暫定弁法」は、初のシステムにネットゲームの娯楽の内容、市場主体、経営活動、運営、管理監督行為と法律責任を明確に定め。これも中国のオンラインゲーム業界の十年以来、初の特別のシステム管理法規。8月1日から実施方法、中国ネットゲーム「旨ない」状況が終わりを告げる。ネット実名制を実行は肝心な点で、ネットゲームの運営企業は要求のネットゲームユーザーの有効な身分証明書類を実名登録し、ユーザー登録情報を保存する。現在、未成年者はオンラインゲームに夢中の保護を避ける方法は「防ハマるシステム」。夢中の防止システムはプレイヤーが提供した身分資料、自動的に合っているかどうか判断プレイヤー「未成年者”の標準。例えばと判定された「未成年者」は、毎日ゲーム3時間以上後プレイヤーの利益が半減、5時間後には受益ゼロも自動断線。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はるな春名
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ffssfoofff85/index1_0.rdf