今回の買収は、アジアでの実力を高めるユビソ

April 30 [Mon], 2012, 14:20
ユビソフト会社は世界有数のインタラクティブ娯楽制品の制作、発行及び事業者と、その多くの高い有名及び高多様化の品揃えを高速の成長の勢い。現在、ユビソフト24カ国で支社があり、販売のネットに覆われて世界55国。は2007から2008財政年間、ユビソフトの年間売上高9アラド rmt.20億ユーロに達する見通し。ユビソフトグローバルスタジオ執行ディレクターChristine Burgess-Qu E mard「少し前に、私たちが発表したばかりシンガポールスタジオの成立は、今回の買収をさらに強化ユビソフトアジアでの実力は、特に東南アジア地区。インドのビデオゲーム業界の見通しは無限で、今回の買収を私たちはこの国の一層の発展のために良好な機会を提供しました。」聞くところによると、今回の買収を予定して2008-09年の第1四半期アラド戦記 rmt。時間4月16日ニュース、月曜日には、世界最大のビデオゲームの発売メーカーの一つユビソフト会社(Ubisoft Entertainment SA)を買収すると発表しGameloftでインドプネーのゲーム開発スタジオ、両社が合意していた買収。外国メディアの報道によると、ユビソフト提携後、スタジオは主に携帯ゲームの移植作業をさらに強化して、同時にユビソフトのテストチーム。このスタジオを設立2006年、120名を持つ開発者やテスタータルタロス RMT。スタジオの目標は1年構内はゲーム開発者の人数まで壮大200名、今後数年間で500を持つ人のチーム。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ffssfoofff62/index1_0.rdf