セカンドライフ「企業利用ゼロ」 土地のレンタル事業大幅縮小 / 2010年04月05日(月)
 一時ブームになったネット上の3D仮想空間「セカンドライフ」。過疎化が進んだと報じられたこともあり、日本企業の利用はほぼゼロになっている。このあおりで、国内最大のセカンドライフ事業者が、土地のレンタル事業を大幅に縮小させることになった。

 このセカンドライフ事業者「マグスル」は、仮想空間上のSIM(島)にある土地をレンタルに出したり、セカンドライフを運営する米リンデン・ラボ社が発行する仮想通貨のリンデンドルを販売したりするサービスをしている。

■ブログ上で「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」

 それが、2010年3月31日になって、同社のブログ上で、「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」を出した。お知らせによると、セカンドライフでは、企業利用はほとんどなくなり、企業向け土地レンタル事業の収益が確保できなくなったというのだ。

 セカンドライフは、07年初めに日本でも盛んに報道され、ネット上で爆発的なブームになった。京都を模した日本的な街並み「NAGAYA」が人気スポットになり、大手企業も製品PRの仮想店舗を構えたり、仮想社屋を建てて採用活動をしたりした。

 ところが、この年の暮れ近くになって、早くも「過疎化」が報じられる事態に。3D空間に対応できるパソコンがあまりなく、イベントなしには何をしていいかわからないことなどが理由とされた。そして、その余波で、08年になると撤退する企業が相次いだ。

 最近になると、もう企業利用もほとんどなくなり、マグスルでは、「Yurakucho SIM」など5地区を4月30日で閉鎖することにした。リンデン・ラボ社との方針の違いもあったという。今後も、稼働率が60%を下回る場合は、順次閉鎖していく。

 とはいえ、セカンドライフ自体は、根強いファンがいて、世界的に個人ユーザーは増えていく傾向にあり、リンデン・ラボ社もすでに黒字化を達成したという。日本では現在も、個人ユーザー2〜3万人がセカンドライフを利用しており、オンラインゲームなら十分な数だとしている。

■「日本で今後見直す動きが出る」と断言

 日本で批判的な人が増えていることについて、マグスルの新谷卓也社長は、マスコミの影響もあると指摘する。

 事業縮小のお知らせでは、「個人の思い」として異例の長文を掲載した。それによると、ブームのころは、楽しさよりビジネスに報道の力点が置かれ、「お金が儲かる次世代インターネット」と盛んに流された。セカンドライフには、友だちとチャットを楽しみ、様々な教室で新しいことを学ぶなどの楽しみがあるという。それが先入観で歪められてしまって批判的な見方が広がり、セカンドライフを見たり理解したりしていないのに「もう終わった」と報じられたというのだ。

 新谷社長は、取材に対し、セカンドライフには楽しい部分がたくさんあるとして、「日本で今後見直す動きが出る」と断言した。

  「ケータイの各種サービスでも、最初はアバターを作るだけだった個人ユーザーが、それを動かしてコミュニケーションを楽しむようになっています。慣れてきてアバター利用への要求は高度化すると予想され、いずれパソコンでも楽しむと考えています」

 セカンドライフ事業も撤退を決めたわけではなく、個人ユーザーへのリンデンドル販売は落ち込んでおらず、今後も続けていくという。同社によると、この部門は、事業の8〜9割を占めている。レンタル事業についても、「Shinjuku SIM」など3地区を建物付きレンタル中心にするなど、様々な方向性を試す。

 もっとも、エロやギャンブルのスポットさえ利用が低迷していただけに、どのようにして盛り上げるというのか。新谷社長はこう説明する。

  「ツイッターなどリアルタイムのネットコミュニケーションが普及してきたので、3Dアバターの選択肢も今後大きくなるはずです。例えば、インディーズミュージシャンのライブは限られた人たちのものでしたが、アバターなら時間や距離を超えてライブを楽しめるようになります。アバターが身近になれば、その楽しみが自然に分かってくると思っています」


■4月3日10時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000000-jct-sci
 
   
Posted at 16:17/ この記事のURL
Google、オンラインビデオサービス企業Episodicを買収 / 2010年04月05日(月)
 米Googleがオンラインビデオサービス企業の米Episodicを買収した。Episodicが4月2日、公式ブログで明らかにした。買収総額など詳細は公表していない。

 Episodicはサンフランシスコに拠点を置く2008年創業の非公開企業。ライブおよびオンデマンドでWebやモバイル端末向けにビデオを配信するプラットフォームをパブリッシャーや広告業者に提供する。ビデオ配信システム、広告サーバ、ビデオ販売用決済システム、視聴率分析システムなどをパッケージにしたスイートを販売している。

 EpisodicのチームはGoogleに統合されるが、従来の顧客へのサービスは継続するという。

 Googleは、2月にビデオ圧縮技術の米On2 Technologiesを買収している。 4月5日12時48分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000031-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 16:16/ この記事のURL
[新製品]ウィザージャパン、ワイヤレスでPC画面をテレビに映すAVキット、HD動画も転送 / 2010年04月05日(月)
 ウィザージャパンは、新しく立ち上げた「EZAIR(イージーエアー)」ブランドから、超広帯域無線技術「ウルトラワイドバンド(UWB)」でPCとテレビ・プロジェクターをワイヤレスでつなぎ、PCの画面やハイビジョン(HD)動画を大画面で見ることができるワイヤレスAVキット「EZR601AV」を4月12日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万3800円前後の見込み。

【写真入りの記事】

 「EZR601AV」は、PCのUSBポートに接続するPCアダプタとA/Vアダプタで構成する。A/VアダプタはHDMI端子、D-sub15ピン端子、3.5mmステレオジャックを備え、液晶テレビ、プロジェクター、スピーカーなどに接続してPCの映像や音声をワイヤレスで視聴できる。

 採用する通信方式「UWB」は、伝送速度が理論値で最大480Mbpsと、54Mbpsの無線LANや3MbpsのBluetoothなどよりも速く、高解像度なHD動画でもスムーズに視聴できる。

 表示モードは、PCの画面を外部ディスプレイ画面にそのまま表示する「ミラーモード」と、PCの画面と外部ディスプレイ画面を一つの画面として表示する「移動モード」に対応する。対応OSはWindows 7/Vista/XP。通信距離は最大10m。


【4月5日13時45分配信 BCN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000011-bcn-sci
 
   
Posted at 16:15/ この記事のURL
ヤニ・ツェンが藍をかわし首位に浮上!桃子は15位 / 2010年04月05日(月)
<米国女子賞金ランキング>

 米国女子メジャー初戦「クラフト・ナビスコ選手権」終了時の米国女子賞金ランキングは、同大会で2つ目のメジャータイトルを獲得したヤニ・ツェン(台湾)が宮里藍をかわし首位に浮上した。1打差で敗れたスーザン・ペターセン(ノルウェー)が3位、上田桃子は15位となっている。

【関連ニュース】 Y・ツェンが2つ目のメジャータイトル!ペターセンとの激闘制す

【米国女子賞金ランキング】
1位:ヤニ・ツェン ($460,932)
2位:宮里藍 ($398,284)
3位:スーザン・ペターセン ($380,203)
4位:クリスティ・カー ($276,921)
5位:キム・ソンヒー ($270,997)
6位:申ジエ ($234,742)
7位:インビー・パーク ($207,525)
8位:カリー・ウェブ ($152,274)
9位:李知映(イ・ジヨン) ($135,497)
10位:ロレーナ・オチョア ($131,709)

15位:上田桃子 ($89,012)
42位:宮里美香  ($34,504)

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】
有村、初出場で大健闘9位フィニッシュ!乱調さくらと明暗
有村が急浮上!さくらは最終池ポチャ9位タイ!大会3日目
藍はまさかの予選落ち…クラフト・ナビスコ選手権
2年ぶり優勝の古閑美保が賞金ランク4位に浮上!
【関連リンク】
女子プロ写真館で最新フォトを大量公開中! 4月5日15時1分配信 ゴルフ情報ALBA.Net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000004-alba-golf
 
   
Posted at 16:13/ この記事のURL
『2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会』コカ・コーラとタイアップした新モード「南アフリカへの道」収録 / 2010年04月05日(月)
エレクトロニック・アーツは、Wii/PS3/Xbox360/PSP向けソフト『2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会』において、新モード「南アフリカへの道」を公開しました。

画像5枚:『2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会』

新モード「南アフリカへの道」は、PS3版/Xbox360版にEA SPORTSより無料で配信されるシナリオをダウンロードすることで、それぞれのシチュエーションがプレイが可能。シナリオは今年開催予定である南アフリカ大会決勝トーナメントのシチュエーションを再現したもので、大会で行われた試合と同様のストーリーをプレイすることができるそうです。

この「南アフリカへの道」をエクゼクティブ・プロデューサーの牧田和弥 氏は「従来のサッカーゲームにはない、非常にユニークな機能」と述べています。

また本作のオフィシャルサイトもオープンされています。現在はトレイラーや製品概要などを見ることができるようです。

『2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会』は2010年5月13日(木)に発売予定で、価格はPS3版/Xbox360版が5,040円(税込)、Wii版/PSP版が3,990円(税込)となっています。

【4月5日16時1分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000007-isd-game
 
   
Posted at 16:08/ この記事のURL
映画『TRON』の予告編リメイク!オリジナル&『TRON Legacy』予告編と見比べ! / 2010年04月05日(月)
今年12月、IMAX 3Dで公開予定の『TRON:Legacy』。上の動画は、そのオリジナル版である『TRON』の予告編をリメイクしたものです!一瞬、ディズニーがプロモーション用に作ったの?と思ってしまうくらいかっこいいんですが、あるTRONファンの方の作品だそうです。

ちなみに、オリジナル『TRON』の予告編はこちら。なんかリメイク版のほうがかっこいい気がするんですけど、どういうことでしょうか?


(miho)

【4月5日13時12分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000305-giz-ent
 
   
Posted at 16:06/ この記事のURL
SIMロック解除は広がるのか 携帯電話 / 2010年04月05日(月)
2日夜、総務省は国内携帯通信事業者らを招き「携帯電話端末のSIMロック解除の在り方に関する公開ヒアリング」を実施した。

冒頭で挨拶した内藤正光副大臣は「これからワーキングチームを作って議論していくつもりはない。SIMロック解除の論点は尽きてると思う。2010年、政務三役として(このことに)判断を下さないといけない。そこで、メリット/デメリットつぶさにお話を聞き、最終的な判断をしていきたい」と、SIMロック解除を着地点とした方向性を明らかにした。

新聞は機種制限が撤廃されると報じたが、果たしてそう簡単に、SIMロック解除の自由が享受できるのか。

公開ヒアリングに参加したのは、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルの国内携帯通信事業者4社とNVNO(仮想移動体通信事業者)の日本通信、それと通信機器メーカーの業界団体である情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)と消費者団体の東京都地域婦人団体連盟だ。

この中で積極的にSIMロック解除に賛成したのは、日本通信と東京都地域婦人団体連盟だけ。イーモバイルを除く携帯通信事業者3社とCIAJは、SIMロック解除に特に強い難色を示した。

ユーザーにとってSIMロックの解除は何をもたらすのか。内藤副大臣は一例として「携帯電話会社と端末が自由であれば、ナンバーポータビリティでキャリアを換えても、今までの端末が使える」という。

現行の国内携帯電話はSIMカードを差し込まないと使えないようになっている。SIMカードには利用者識別情報が書き込まれていて、携帯通信事業者はこのカードに使用制限(=ロック)をかけることで、他社携帯端末ではSIMカードを差し込んでも使えないようにしている。

端末販売店にリベートを出してゼロ円携帯を販売していた時代は、携帯通信事業者が端末だけを“タダ取り”されないためにSIMロックによる使用制限で、ユーザーに対していわゆる“縛り”をかけていた。

その販売方法が改められ、高額な価格の携帯端末をユーザーが分割で買うよう制度が変更されたことで、総務省はユーザー負担で携帯端末が販売されるようになった後のSIMロックによる使用制限は、公正競争の障害になると考えるようになった。このことは、固定電話を思い浮かべるとわかりやすい。NTTでもKDDIでも電話会社を乗り換えても電話機を買い替える必要はない。

だが、携帯通信ではそれほど簡単ではないと反論するのが携帯通信事業者だ。通信方式は全社統一ではなく、KDDI(au)は独自の通信方式を採用している。また、それぞれの事業者が、例えばi-modeなど独自のサービスを構築しているため、SIMロックを解除して、端末を自由に乗り換えられるようにしても、そもそも接続できないし、できたとしても音声で話すことと、ショートメール、カメラ、電話帳機能ぐらい使えないからユーザーにメリットはないと断言する。

「SIMロックはけしからんからやめなさいというのであれば、ゆゆしき問題」(ソフトバンクモバイル)

携帯端末事業者がこぞって反対する中で、欧米並みに携帯端末選択を自由をユーザーに提供するためには、単にSIMロックが解除されればよいというものではないのだ。

総務省は実際にSIMロックの解除を進める場合は、省令改正でなくガイドライン(指針)策定で対応する見込み。

《レスポンス 中島みなみ》

【4月4日0時55分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000000-rps-soci
 
   
Posted at 16:01/ この記事のURL
GACKT初主演舞台『眠狂四郎無頼控』、全国102公演に / 2010年04月05日(月)
GACKTが初主演する舞台『眠狂四郎無頼控』の記者会見が2日に都内で開かれ、出演キャストが発表になった。剣豪・眠狂四郎を演じるGACKTは「軟弱な男子がはびこっている現代に『こんな男もいるんだ』と、素敵な男像、素敵なヒーローをこの時代に復活させたい」と意気込んだ。

GACKT初主演舞台『眠狂四郎無頼控』記者会見の写真

本作は、原作・柴田錬三郎により1956年に週刊新潮に掲載され話題となり、1963年には市川雷蔵主演で映画化され空前のヒットを記録した時代劇。今回、柴田錬三郎のご遺族、そして新潮社の後押しもあり、GACKTが華々しく眠狂四郎を復活させる。7都市102公演におよぶ全国公演が決定。

初主演のGACKTは「侍とはどういうものかずっと考えて過ごしてきました。1日5時間のトレーニングをし続け、肉体的には80%の仕上がり。食生活も制限して、今は野菜しか食べてない」とストイックな生活を明かした。過去には市川雷蔵や田村正和が演じてきた眠狂四郎、「プレッシャーが全くないかといえば嘘になるが、表現に対して自分ができることすべてを注ぎたい」と力強く語った。自分と眠狂四郎の共通点については「自分の生き方を信じ、周りに流されることなく、信念を常に持ち続ける。ときに人を導く月のような存在というのが自分の人生の生き方。そういうの部分を眠狂四郎にも強く感じる」と話した。

東京公演のみ共演する南野陽子は、「今日初めてお会いしたんですが、スターってこうあるべきなんだなぁって、忘れてたものを思い出させてもらいました」と話し、会場の笑いを誘った。会見にはほかに杏さゆり、辰巳奈都子、田中健、横内正、堤大二郎、嶋田久作、徳山秀典、古堂たや、古本新乃輔が出席した。

舞台は、5月14日(金)〜28日(金)の東京・日生劇場を皮切りに、大阪公演9月28日(火)〜10月20日(水)、名古屋公演11月20日(土)〜12月3日(金)、福岡公演12月7日(火)〜12月10日(金)、札幌公演12月19日(日)〜23日(木・祝)、広島公演2011年1月10日(月・祝)〜15日(土)、仙台公演2011年1月20日(木)〜25日(火)まで展開。9月28日(火)からの大阪公演は新歌舞伎座のこけら落とし公演として上演される。東京公演のチケットは発売中。

【4月2日19時34分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000003-pia-ent
 
   
Posted at 16:01/ この記事のURL
専門家が指摘、PDFを開くと任意のコードが実行されるおそれ / 2010年04月05日(月)
 独立系セキュリティ研究者のディディエ・スティーブンス(Didier Stevens)氏が、不正なPDFファイルに任意のコードを埋め込み、これをWindowsコンピュータで実行させる方法を発見した。

【関連画像を含む詳細記事】

 この方法では、普及したPDFリーダーである米国Adobe Systemsの「Adobe Reader」とFoxitの「Foxit Reader」が、コードが埋め込まれた不正なPDFファイルを開くとコードが実行されるという。スティーブンス氏は、「この方法は、ソフトウェアの脆弱性を悪用したものではない」としている。

 スティーブンス氏は自身のブログで、Adobe ReaderとFoxit Readerは、PDFファイルに埋め込まれた実行可能コードが展開され、実行されることを許可しないと述べている。しかし同氏は、通常とは異なる方法でコマンドを起動し、埋め込まれた実行可能コードが実行されるようにする特別な方法を発見した。

 この方法を用いた場合、Adobe Readerは、コードが埋め込まれたファイルを開く際、「コードを実行すると、コンピュータに損傷を与えるおそれがある」との警告メッセージを表示する。しかしスティーブンス氏は、このメッセージの一部を変更できることも発見した。例えば、実行可能コードを実行するようユーザーに促す内容に変更できるという。

 一方、Foxit Readerは、実行可能コードが埋め込まれたPDFを開く際、警告メッセージを表示せず、単にそのコードを実行することが確認されている。

 スティーブンス氏は、AdobeとFoxitに同問題を報告している。

 「Foxitに報告したところ、今週中に修正プログラムを公開するとのことだった。どのような修正が行われるかはわからないが、ほかのPDFリーダーのように、警告メッセージを表示するようになるのではないか」と、スティーブンス氏は電子メールで述べた。

 Adobeは声明で、スティーブンス氏のデモでは、PDFの仕様に定義された機能が使われていると述べた。同氏が使用した起動コマンドも、仕様に定義されているという。「これは一部のユーザーが利用する強力な機能の一例だが、この機能は、正しく使用しないとリスクが発生しかねない」

(Jeremy Kirk/IDG News Serviceロンドン支局)

【4月2日18時55分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-cwj-sci
 
   
Posted at 15:59/ この記事のURL
「LaVie」「BIBLO」「dynabook」「VAIO」、春モデルPCの一番人気は / 2010年04月05日(月)
PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年3月22日〜3月28日):新生活需要を見込むPC春商戦はそろそろ終盤。販売店も決算月だけに拡販にはかなり力が入っていたようだ。この中でもっとも人気だったPCは何だろうか。

【表:各ジャンルのランキングTOP10】 【拡大画像や他の画像】

 ノートPCの売れ筋は前回より大きく変わらず、NEC「LaVie L」、富士通「FMV-BIBLO NF」、東芝「dynabook EX」の2010年PC春モデル3シリーズが高い人気を維持している。

 今回順位を上げたのは、東芝「dynabook TX(PATX66LRT)」とNEC「LaVie L(PC-LL150WG)」の2モデル。それぞれ前回より2つ順位を上げ、dynabook TXは4位、LaVie Lは6位に浮上した。

※ノートPC販売ランキング TOP10
→http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1004/02/news053.html

●デスクトップPC:「VAIO L」が2位、「iMac」は5位を維持

 販売店による2010年春モデルのプッシュが目立つデスクトップPCも、売れ筋傾向そのものに大きな変化はない。

 1位は変わらずNEC「VALUESTAR N(PC-VN770WG6)」が維持し、続いてソニー「VAIO L(VPCL128FJ)」、富士通「FMV-DESKPOWER F(FMVFG70T)」と各メーカーの売れ筋液晶一体型モデルが順当にランクインした。

 なお、唯一2009年発売モデルとなるアップル「iMac 21.5インチ(MB950J/A)」も5位と、長期にわたって人気を維持している。

※デスクトップPC販売ランキング TOP10
→http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1004/02/news053_2.html

●インクジェットプリンタ:売れ筋は変わらず、ただ人気モデルが値下げ傾向に

 プリンタ製品の売れ筋は、依然セイコーエプソン「マルチフォトカラリオ EP-802A」とキヤノン「PIXUS MP640」で、人気は衰えていない。

 これら2モデルは、高画質プリント/スキャン/コピーの複合機能に加え、無線LANプリント機能やインテリアに調和しやすいデザインなど、最近流行のポイントも押さえた“家庭用ではほぼ全部入り”の仕様とそこそこ導入しやすい価格帯が長期間の人気を支えている。

 このほか、前回初ランクインを果たした日本HP「Photosmart Plus B209A CD041C」は今回も9位を維持した。

※プリンタ・複合機販売ランキング TOP10
→http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1004/02/news053_3.html

●グラフィックスカード:GeForce 240搭載「GF-GT240-E512HD」が急浮上

 今回のグラフィックス関連製品は、グラフィックスカードが7製品、USBグラフィックスアダプタが3製品ランクインした。

 1位はGeForce 9800GT搭載の「GF9800GT-E512HD/GE」が奪還。GF9800GT-E512HD/GEは2009年4月の発売からそろそろ1年が経つものの、いまだ高い人気がある。続いて2位にGeForce GTS 250搭載の「GF-GTS250-E512HD/GRN」、3位にGeForce 210搭載の「GF210-LE512HD」、4位にGeForce GT 240搭載の「GF-GT240-E512HD/D3」と、玄人志向製品が1位から4位を占めた。

 なお、今回4位のGF-GT240-E512HD/D3は2009年11月発売と比較的最近に発売された製品だが、前回のランク圏外(40位)から4位へ大きく順位を上げた。急浮上の理由は不明だが、ミドルクラスに位置する3D描画性能とアナログRGB、DVI-D、HDMIと3種類のディスプレイ接続端子を実装し、実売7000円台半ば前後で購入できる特徴がある。

※グラフィックスカード販売ランキング TOP10
→http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1004/02/news053_4.html

●フロントプロジェクター:エプソン製品、キャンペーン終了間近で再び上位独占

 プロジェクター製品の売れ筋傾向は前回と大きく変わらず、セイコーエプソンの80型スクリーン付きキャンペーンモデル「Offirio EB-W8SP」「Offirio EB-X8SP」「Offirio EB-S62SP」が上位を独占した。

 なお、この年度末キャンペーン「お得祭り2010」は、2010年3月末で終了。上位独占の背景には年度末の企業購買需要と相まった駆け込み需要も多かったと予想される。

※フロントプロジェクター販売ランキング TOP10
→http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1004/02/news053_5.html

【4月5日15時15分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000035-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 15:58/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!