梅雨〜あじさい

2017年06月17日(土) 21時53分
梅雨といえば、あじさいの花
しとしと雨の中に映えます




あじさい小道
小川のせせらぎ
新緑も、梅雨時はしっとりして、木々や葉っぱが喜んでいるみたいです

「自分に合った自然な弾き方」〜「体の使い方」

2017年06月12日(月) 22時39分
練習曲を弾く時に、正しい音が弾けてるかどうか(間違っていないか?)、要求された音量が出せてるか?書いてあるテンポで弾けてるかどうかなどばかりに意識を集中していて、自分がどのような動きをして、どこに力を入れて、どのような感覚(弾き心地)で弾いているのか?ということは、意識されない〜ということに問題がある。 と、海外でのコンクール優勝も経て活動研究されたピアノ教師の方が著書に書いています。
  
私も レッスンをさせていただき感じているのは、大事なのは音を出している時ではなく、音と音のあいだのピアノの響きや、その時の腕や手の位置とか、次の音を弾くための体の準備〜のようなものが大切 と感じてます。 たとえば走る前の構えのように。

また、譜面を見て次の音を探して弾くことしか頭にない状態で弾くと、何かに追われているような、慌ただしい弾き心地と聴き心地(聴いてる人にも伝わる)になってしまいます。 今 自分が出している音、そしてピアノが響かせてくれている音に耳を傾けるよう心がけると、落ち着いた演奏になります。(著書より)

演奏者が出来るのは、ピアノの鍵盤を弾く瞬間までで、響かせたり、音を伸ばしてくれるのはピアノで、音楽の半分はピアノさんに任せているようなもの。自分とピアノが助け合って音楽を作る、そしてその音楽がまた演奏者を弾きやすいように助けてくれる。〜自分とピアノと音楽が一体になって助け合った時、心地よい調和が生まれるような気がします。そのような調和から生み出された演奏は、きっと聴いている人の心に優しく沁みいるに違いありません。(著書より)

私も、よく 「ピアノさんにまかせてね、 入口までしか出来ないのだから・・・」 と言っています。

ピアノが響いてくれてるのを、よく聴いて感じることで、次の音をどう鳴らすのが良いのかが感じられるようになり、その結果 音楽の流れが自然で美しくなり、ピアノを歌わせることができる あいだを感じる 音と音のあいだも音楽

鳥の巣〜羊羹?

2017年06月01日(木) 17時44分
先日 目的地の駐車場の前を通ると、私と同じ高さの目線のフェンスに 小鳥(親)がとまり、けたたましく「ピピピピピ〜ッ!ピピッ!」と繰り返しこちらを向いて鳴くので、「かわいい、人懐こいな〜」なんてのんきに思っていたら、知人が「上に巣を作ったんだよね」と、駐車場の上の鉄骨の角を指差す。そっか、巣を守るため威嚇していたんだ!
スズメよりやや大きめの白黒の尾の長い鳥〜調べたところ、「ハクセキレイ」かな。
春は、鳥も子育て。


これは送って頂いた 面白い羊羹
まるで辞書のような「夏目漱石羊羹」 仙台名物の白松がヨーカンと、東北大学のコラボレーションでつくられたそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ffoorreesstt
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・花や樹木(自然)の観賞-英国ガーデンにちょっと憧れます・・・。でも、四季のある日本の季節ごとの風景大好きです!
    ・猫や犬と遊ぶ〜散歩(ウォ-キング-猫や犬などの純粋さにふれると、心が洗われます。
    ・健康と美容!-元気になれる食材、サプリ、自然の恵みなど・・・
読者になる
自費制作CD「Silent Snow」(2002年)(ピアノソロ)発売中です。(¥1,500-)
癒しのピアノ風に なりました。
オリジナル曲をはじめ、ディズニー、映画音楽、スタンダードジャズなどを、独自のアレンジでさりげなく奏でます♪
ドライブ、ティータイム、読書や勉強、おやすみ前、リラクゼーションなどのおともに♪



2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/ffoorreesstt/index1_0.rdf