レクサスRX

September 09 [Tue], 2014, 19:58
日本車の大きな弱点は、乗り心地の安っぽさだと思う。輸入車(なかでもドイツ車)に乗ると、日本車の乗り心地の悪さがよくわかる。なぜ悪いのか? 案外と簡単な理由です。クルマを支えているの部品は、基本的にタイヤとバネとショックアブソーバーと呼ばれる減衰装置。

このうちタイヤをドイツ車と同じタイプに交換しても、乗り心地は変わらない。バネも車体の重さを支えているだけなので、乗り心地の質感と関係なし。ということでショックアブソーバーが決定的な部品になっているのです。この件、数年前まで、ほとんど理解されておらず。

私のみナントカの一つ覚えの如く、ショックアブソーバーの重要性をアピールしてきた次第。しかし。ここにきて一般的な認識になってきた。なかでも自動車メーカーがショックアブソーバーの重要性を再評価。「違いの分かる開発担当者」は、良質の製品を採用するようになっている。

長い前置きになった。一般的にマイナーチェンジというのは文字通り「小さな変更」のこと。しかし稀に「あらら?ずいぶん変わりましたね!」というモデルがある。先日マイナーチェンジしたレクサスRXシリーズは、その代表のような存在。全く違う乗り心地になってしまったのだから驚いた。


武中法律事務所 評判 中傷
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ニックSAS
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ffijm/index1_0.rdf