東方神起の3人がユニット結成、事務所は訴訟提起 

April 16 [Fri], 2010, 11:46
【ソウル14日聯合ニュース】5人組グループ東方神起のジェジュン(ヒーロー)、ユチョン(ミッキー)、ジュンス(シア)が日本で新ユニットを結成する。日本での所属事務所エイベックスが14日に東方神起のオフィシャルウェブサイトで発表した。

東方神起のプロフィールと写真

 エイベックスは、3人がエイベックス・マネジメント株式会社とマネジメント契約を結び、6月にドームイベントを開催すると明らかにした。イベントは6月5〜6日に京セラドーム大阪、同12〜13日に東京ドームで開催される予定。

 しかし、新ユニット結成について、東方神起の所属事務所SMエンターテインメントは「現在も3人の専属契約は有効」との立場を示した。3人が申し立てた専属契約効力停止仮処分の結果に対する本案訴訟が提起されているにもかかわらず、訴訟の結果を考慮せずに無責任な行動を取ったとし、ユニット結成は3人が自ら東方神起を捨てた行為であり遺憾だと述べた。

 また、SMエンターテインメントは同日、3人を相手取り損害賠償請請求訴訟を起こした。

 ソウル中央地裁が明らかにしたところによると、同社は、メンバー3人の独自の芸能活動を保障するよう専属契約の一部効力停止を認めた裁判所の決定に異議を申し立てた。また、3人を相手取り、専属契約が有効であること確認し、化粧品広告のモデル料と中国・深センでの公演中止による損害など22億ウォン(約1億8500万円)の支払いを求める損害賠償請求訴訟を起こした。

 同社は「一部のメンバーが化粧品事業に投資したことで葛藤(かっとう)が芽生え始めた。会社の同意を得ずに東方神起の名前と肖像権を使う場合は専属契約違反になると説明したが、3人は専属契約の効力を否定し、既に決まっていたスケジュールの履行を拒否した」と主張した。

 一方、メンバー3人も訴状を受け取り次第、事務所を相手取り契約不存在確認と損害賠償請求訴訟を起こす方針を明らかにした。



【4月15日10時54分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000000-yonh-ent