着黄工事は南水北調羽東線工事の重要な構成部

May 29 [Tue], 2012, 12:25
記者の経験に467段黄河川底へ本紙聊城3月25日のニュース(記者王宇辰刘铭)25日10時40分ごろ、聊城市东阿県人の山ビデオ:南水北調羽東線着黄トンネル工事貫通来源:CCTV「新聞聯播」着黄トンネル北口につれて耳を劈く音から黄河南岸の爆発音が伝わってきて、南水北調羽東線着黄トンネル工事が順調に貫通。遠くない将来、長江水はここから黄河を越えて、どんどん輸送魯北、冀東と天津。■1978-1980年、原水電部第13工程局設計院は3路線を大量に調査とデザインが仕事。経选後より、重点研究で解山と位山の間に黄河川底(約70メートル)を開削トンネルの立体交差案。どうして試験2穴を掘って■、南水北調羽東線調水着黄事業案問題研究は、最も早い1973年から組織が行う。今回着黄トンネルの開通を示し、南水北調羽東線長江水た黄河の喉を切り開く。工事完成後、実現を調取引長江水から魯北地域、同時にに河北省東部、天津市緊急給水の条件。計画によると、南水北調羽東線の工事は2013年を実現全線通水。黄色は黄色川の河床トンネルから着70メートルで、多くの人は自然に心配が黄河下。これに対して、工事担当者は「このような場合はほとんどありえない」。調査によると、20長年来、試験の穴があったの危うさがない。また、探査者はかつて平洞の両側にかけました50メートルの深さの直洞、黄河の流れ方向に沿って、逆流れ方向。結果、サプライズで発見して、黄河の河床の下の地質条件とても完璧で、全然心配しないで。(本紙記者□本紙記者地図:石岩□南水北調羽東線着黄トンネル貫通□長江水「ダイブ」70メートルた黄河□省は年「南水」14億の取引担当の水利工事施工第五局関係者は、なぜ选んで东阿県位で山を黄は、ここから河床が狭く、岩盤面が高い、壁岩成洞条件が良い。また、その工事は変わらない黄河現状影響は、黄河行洪、列凌。呼び出し爆破命令の人は52歳の王跃进、彼は水利第5工程局黄トンネル工事を管理室の副主任。ここでは、この男は山西26春秋過ごしたまる。中型バスがちょうど停止するには、私ともう一人の同行をにヘルメットへ向けて、穴。それは約30度の下の坂の穴で、一段一段下に伸びて、果てが見えない。「二十五六歳の時に、私はここまで来た。」王跃进は記者に対し、「1984年の頃、私は五局についてここで工事を用意し、1986年4月、私たちから正式にドリルを開削する。」王跃进、その川底カルストの発育や水文地質状況理解はまだわからない、だから、彼らはまず川床で底に1本の川を渡る探査試験掘削穴。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fffff2321/index1_0.rdf