取引会社を選ぶ場合のポイント

January 24 [Mon], 2011, 14:20
まずはコスト比較です。
為替手数料とスプレッドを合わせてチェックしましょう。
コスト比較が終わったら、破綻リスクへの備えをチェックする必要があります。
つまり、取引しているFX会社が破綻した場合、自分が預けた保証金が守られるかどうかです。
保証金を信託銀行に預けて分別管理を行っているFX会社であれば、破綻しても保証金が守られるので安心です。
コールセンターの有無も大事なポイントです。
FXはネット取引が主流ですが、FX会社のシステムがダウンした場合に備えて、そのような状況下でも取引を継続できるよう、コールセンターを通じての発注が可能なところを選ぶといいでしょう。
通貨の種類については、多ければ良いというものではありません。
取引をするのに十分な情報が入ってこないようなレアな通貨での取引は、リスクを高めるだけです。
米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランド・ドル、スイスフラン、英ポンド程度の種類があれば、十分です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ffff242d
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ffff242d/index1_0.rdf