ff14 rmt これはハードウェア側で感度を調整する機能なので

October 19 [Sat], 2013, 11:01

  全体像を確認しただけでも,レイアウトや形状など,ずいぶんとDUALSHOCK 3とは異なる点があるゲームパッドということは分かってもらえると思う。それに加えて,FPS-APにはさまざまな独自機能が盛り込まれているので,各部位を細かく見ていこう。


  左右アナログスティック


  最長のアタッチメントを取り付けて握ったところ。なんだか笑えてくる長さだ


  左右のアナログスティックは,付属のアタッチメントを付け替えることにより,その高さを3段階で調節可能だ。アタッチメントを低いものから高いものへ順番に取り替えると,スティックの高さが15mm→25mm→30mmと変わっていく。


  最大の30mmは恐ろしく長く,もはやシュールとまで言える見栄えで,初見では吹き出してしまうこと請け合いだ。違いは長さだけなので,使いやすいものを選べば良いと思うが,正直,標準で取り付けられている15mmアタッチメント以外は長すぎて細かな操作に向かず,あえて使う理由は思いつかない。


  アナログスティックの高さを調整するためのアタッチメント。トップ部分は,いずれもXbox 360パッドのように中央が凹んだ形状となっている


  アタッチメントを装着。見たこともない長さのアナログスティックが誕生するが,この長さで操作したいシーンはあまり想像できないちいちオプション画面などを表示せずに自分の好みの感度を探せる。新しいゲームを始めて感度設定を変えたいときなどに便利だ


  アナログスティックについて続けると,筐体手前側の側面に搭載されたダイヤルで,感度を変更できるのが,もう1つの大きな特徴となる。ダイヤルの目盛りは1〜10まであり,数字が大きくなるほど感度が上がる仕組みだ。ただ,変わるのはあくまで感度であって,スティックを倒した時の重さ自体は変わらない。また,仮にダイヤルを最大にしたとしても,DUALSHOCK 3の入力最大値を上回る動きができるわけではない。基本的には,ゲーム内オプションを表示せずとも,手元で好みの感度を探せる機能と考えて良いだろう。


  ちなみに,これはハードウェア側で感度を調整する機能なので,ゲーム側の感度設定を使えば,さらに感度を上下させられる。もっとも,そこまで極端に調整してしまうと,快適にゲームをプレイするのは当然難しくなってしまうので,どちらも“ほどほどに”調整するのが一番だ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ff14rmt-wm
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
  • RMT
  • DQ10 RMT
  • FF14 RMT
  • FF14 ゲーム情報
  • ドラクエ10 ゲーム攻略
  • ドラクエ10 ゲームのブログ
  • FF14 ゲームのブログ
  • アーキエイジ RMT
  • ArcheAge RMT
  • ヤプミー!一覧
    読者になる
    P R
    カテゴリアーカイブ
    http://yaplog.jp/ff14rmt-wm/index1_0.rdf