尖圭コンジローマと性病検査

November 01 [Thu], 2012, 22:22
性病という言葉を聞くと、まず思いつくのは、淋病とか梅毒とか、そのあたりのものかもしれませんね。あと、ヘルペスやクラミジアといったところでしょうか。これらももちろん立派な性病ですから、性病検査によってしっかりと発見していく必要があります。ただ、それ以外にも性病はありますし、性病の恐ろしさを持っているものがあるのですね。その一つが、尖圭コンジローマでと呼ばれる性病です。こちらについても、大前提として、性病検査キットなどを積極的に活用して、予防・早期発見・早期治療につとめてほしいものですね。ただ、感染してしまったときの事を考えて、そもそもどのような症状になってしまうのか?ということを理解しておくことは、今後の役に立つでしょうから、ここでは、尖圭コンジローマの症状を見ていきましょう。もっとも一般的なものとしては、1−2ヶ月の潜伏期間を経て、陰部に先の尖った「イボ」を形成するというものです。問題は、感染しても無症状のまま、約1年ほどで自己免疫力でもって治療してしまうというケースもあるということ。そのため、治療を受けずにいて、結果として感染が拡大してしまうこともあるとか。これは大変問題ですから、なにか心当たりがあれば、しっかりと性病検査を受けたいものですね。

家族にばれないカードローン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たまちゃん
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fewiowi/index1_0.rdf