正月太りのお父さんに朗報!? 大人気の「腹筋お助けマシン」

January 19 [Thu], 2012, 12:29
年末年始の食べ過ぎ飲み過ぎ、運動不足が祟り、裏DVDズボンがキツいというお父さんも多いはず。

 そんな人に、簡単エクササイズをご紹介。

「ホームで電車を待っている時などに、おへそを奥にしまうようなイメージでお腹を凹ませ、『フーーッ』と深く息を吐いてください。意識をしてまず一分、馴れたら五分程度繰り返します。たったこれだけのことで、腹横筋というインナーマッスルが刺激されて鍛えられます。そうすることで内臓の働きがよくなり、基礎代謝量も増加するため、健康的なダイエットに繋がります」(フィットネスインストラクター・草野宏美さん)

 ジムインストラクターのYUKIさんのおすすめはスクワット。

「スクワットは全身の筋肉を鍛えられる手軽な運動です。肩幅に脚を広げ、お尻を後ろに突き出すイメージで腰を落として行きます。この時、膝がつま先より前に出てしまうと単なる屈伸運動になってしまうので注意してください」

 フィットネス雑誌の記者が言う。

「とにかくお腹をへこませたいというのなら腹筋運動をするのがベストだと思いますが、継続するのが辛いところが難点なんです」

 そんななか、バカ売れしている腹筋お助けマシンがあるという。その名も「じつは!腹筋くん」。

「昨年だけで二万台以上が売れ、一時は製造が間に合わないほどでした」(ミズノ(株)・広報宣伝部)

「たかた専売モデルの『じつは!腹筋くんライト』は、累計販売台数二十四万台を突破しています」((株)ジャパネットたかた・経営戦略部メディアミックス戦略課)

 座椅子としても使えるというのだが、本当に効果が期待できるのか?

「実はこれ、なかなかよく考えてあるマシンです。背もたれが付いていることで腰を痛めにくくなっていますし、太ももを前後から押さえられるので、筋力のない人でも楽に腹筋ができるんです」(プロスポーツトレーナー)

 価格は一万二千八百円〜二万七百九十円。懐が寂しいというお父さん。お金を使って楽なダイエットと、タダで辛いダイエット、どちらを選ぶ? 楽なほうが長続きをするのではないか。(岡崎博之)

(週刊文春2012年1月26日号「THIS WEEK 健康」より)

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fewajopf8e/index1_0.rdf