学習障害と知的障害の違いとは

July 03 [Wed], 2013, 10:51
学習障害と知的障害は混同されることが多く、誤解されている人が多いと言われています。
しかし、症状や原因はそれぞれまったく違ってきます。
まず、学習障害ですが、「聞く、話す、読む、書く、計算する、推論する」という対人面でのコミュニケーション能力や、読解能力などが未発達であり、知的発達に遅れは見られないのが特徴と言われています。

一方、知的障害ですが、「理解、判断、思考、記憶、知覚」という能力が未発達であることを言います。
また、原因についても異なっており、学習障害は、医学的な根拠はありませんが、中枢神経系に何らかの機能障害があると言われています。
一方、知的障害は、出生以前の影響で起こる先天的と、出産時または出産後の影響で起こる後天的とあり、様々なことが原因として挙げられているのですが、実際の原因ははっきりとわかっていないようです。
原因が解明されていない点については、共通しています。

普段の生活の中で、学習障害の1つの治療法として「得意な分野を伸ばす教育をする」というものがあります。
では、知的障害と診断された場合、治療法には何があるのでしょうか。
まずは勉強ができなかったからといって、怒ったり叱ったりしないことです。
子どものスピードに合わせて、できた時には褒めてあげて、一緒に前に進んでいくことが大切になってきます。
その他には専門機関と協力をしながら、自立できるよう療育をしていくことも必要になってきます。
高血圧の対策・治療
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fever394
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fever394/index1_0.rdf