FX投資で獲得した利益には税金が発生するのでし

October 27 [Thu], 2016, 10:56
FX投資で獲得した利益には税金が発生するのでしょうか?FX投資で発生した利益は税制上、「雑所得」という区分になります。

一年間の雑所得の合計が、20万円以下だと、税金を納める必要はありません。

しかし、雑所得の合計が20万円以上である場合には、確定申告をする義務が発生します。

税金を払わずにいると不正経理になってしまいますので、どうぞお気をつけください。

最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、FX投資に時間を使う人も相当増えてきたようです。

なにしろ帰宅してPCの前に座ってそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、場所や時間にとらわれることなくFXができるのは大変なメリットです。

投資を便利に行うためのアプリも続々登場してきましたし、FX経験の浅い人にとってもそう敷居の高いものではなくなっています。

どうやらこの先はさらにスマホやタブレットを携帯してFX投資に活用する人々は増えていくことでしょう。

外国為替証拠金取引の口座を開く場合に、手数料を払う必要があるのでしょうか?結論からいうと、払わなくていいです。

FX口座の開設だけであれば全く費用が発生しないので、簡単に申し込みできます。

また、口座の維持費も基本的に必要ありません。

口座の開設や維持などに費用が必要ないこともあり、いくつかのFX業者を同時に、利用する人が少なくないのでしょう。

FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者はFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、使ってみることを強くおすすめします。

あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと懐は痛みませんし、デモトレードを行うことで実際の取引に使うツールのフィーリングも知ることができます。

あまり性急に手持ち金を使って本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにも向こう見ずですから、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。

多くの手法が存在するFX投資ですが有名な手法としてサヤ取りという方法があります。

サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、片方を売却し、片方を購入することで利潤を期待するという考え方です。

投資家の中にはスワップ金利を利用してサヤ取りをしている方々もいらっしゃいますが、要領が分からないうちはどちらも利益は見込めないかもしれません。

まずはとにかく仕組みとオーダーのしかたを押さえておくことが肝心です。

FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。

決済せずにどんどん増えていく含み損が決められているレベルを超えてしまったとすると保有しているポジションを強制的にFX業者側で決済されてしましまいます。

一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるマージンコールが発生するので追加でFX口座に証拠金を入金することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。

そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者ごとに違うので留意してください。

ところで、FX投資を行うことにより年間20万円を超える利益を出せた場合は、忘れずに確定申告するようにしましょう。

申告手続きに際し、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得た利益の分から差し引けます。

それから、利益を上げられなかった場合であっても、面倒がらずにきちんと確定申告をしておきますと、損失を3年間に限って繰り越せる仕組みになっていますから、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、確定申告はしておかなければなりません。

システムトレードでFXに投資する時には、前もって許容できる損失額の上限と投資できる金額を定めておくことが大切です。

システムトレードのツールには、動かしておくだけで自動で売買してくれるものもあるので、そういったツールを利用すれば、取引のための時間を短縮できますし、精神的な負担を減少させることができるかもしれません。

口座を開くだけならFXの知識は不要です。

申し込み画面に書いてある通りに操作するのみなので、パソコンや投資に慣れていなくても問題ありません。

しかし、簡単さ故に、高いリスクもあります。

どんな人でもFX口座を設けることができてしまうので、全く予備知識なしに取引を開始してしまう人もいるのです。

FXの口座開設に関してデメリットになることはあるのでしょうか?口座を開いたからといって費用が掛かるわけではありませんし、口座維持にお金はかからないので、デメリットは無いと考えて大丈夫でしょう。

ですから、FXを始めようか迷っている方は取引するかどうかはひとまずおいて、口座だけ試しに開設するのもいいのではないでしょうか。

FXの口座を最初に開く場合、少々、面倒に思うこともあります。

必要事項を入力するだけだったらすぐ済みますが、身分を証明するものを送付しないといけません。

ですが、最近ではオンラインを使って、送付できるようになり、運転免許証を携帯などで撮って、その画像を送付するだけでいいFX業者もあることでしょう。

FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼ると利益を得ていくことはなかなか難しいですから、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。

より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、自分に合ったものを見つけて、いつどのように売買を行うかを見極めるのがよいでしょう。

それに、チャートの動きをどう受け止めればよいかについては、いろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、まんべんなく知識として頭に入れておきましょう。

FX投資で収支がマイナスになり、負けが続くと、そんなマイナスをちょっとでも取り返すためにますますお金を減らしてしまう方もたくさんいるものです。

そんなことになると、余計大きな損失を作ってしまう可能性もあるので、FX口座には、余計な資金を入れないように気をつけましょう。

それは預貯金のお金まで口座に入れてしまうと、気分的に余裕を感じてしまって使い込んでしまう確率があるからです。

FXで成果を得るためには、暴落のリスクをちゃんと念頭に置くことが必要です。

暴落はありえないような状況でも、とりあえずはそのリスクを推測したトレードをしてください。

FXに必ずという言葉はないので、万が一のことも予測しておくようにします。

たとえば、ドルの場合ですと、利益を出しにくいのですが、その代わり、リスクも小さくなります。

FX投資により大金を手にした主婦もいますが、逆に大きな損失を出し、家庭を崩壊させてしまう主婦も少なくありません。

特徴的にレバレッジが使えるFX投資では実際に、大きな利益が出る反面、損失も大きく出てしまうのです。

夫に言わずに、FX投資をしたり、失っても良いお金だけを使うようによく考えてください。

少なくレバレッジを設定して、投資をする際には、慎重さを持つことをお勧めします。