日本では、地震の多い東はまた、

January 06 [Fri], 2012, 13:00
日本では、地震の多い東はまた、視覚障害を破壊した。深い休息??の精神的な傷跡で、生き続けるために一日あたり何人かの人々を取るが。そのうちの一つが、氏小笠原卓雄釜石市、岩手県44人生は盲目である、塩の味は、津波の恐怖の復活は、、冷静さを保つと不平を言うことはできない。 27歳小笠原、免疫疾患、ベーチェット病の種類は、原因で盲目になっています。施工管理会社の会長、社長二叔父にHaicheng付近の3つの階建ての自宅やオフィスでの地震の翌日に働く。 叫びを聞いたとフィット津波を振り、二階で待機しています。三階と絶望に実行する、Zazazaは今二階に浸水、素晴らしいの声をエコーし??ます。水の鉛Kanakattaので、彼らは三階と他の従業員で翌朝過ごした。塩辛い匂いが漏れたガソリンと灯油の混合物の強い臭いの周りにラップされます。真夜中の声は、破片の衝突を鳴らしました。 私は我々の経費を覚えていないしかし、彼の妻と3人の子供は安全です、津波や叔父、2名のスタッフで殺された。小笠原は、社長としての彼の叔父を継承した、家庭やオフィスでは、海岸から約五キロ離れたれている。ホームバック隔週災害後のクリーンアップとして。根深いの建設で潮の匂い、感触どこの恐怖の中でです。一度腐ったオープン貯水タンク、強い不快な臭いの忘れられないに記入している。さらに不安や魚の臭いをスピードアップ。 それは誰もが地域を影響を受ける領域を制御することができない、または災害があるときに再び逃亡する力に直面しているようなものだ、多分私達は周りの人のリスクを負担する、到達しない恐れている。盲目の福祉委員会は、、そのような視覚障害として、日本の福祉に対処するための犠牲者の多くの懸念を受けている。生命の心理的側面が通常よりも回復が困難になっている、と彼は言った。東京の夜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fesdfe
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fesdfe/index1_0.rdf