能をやっと手にすることが出来

February 27 [Fri], 2015, 13:13

 【商品名】:CHANEL iphone6 ケース香水瓶 芸能人愛用


【対応機種】:iphone5/5s iphone6(4.7センチ)  iphone6 plus(5.5センチ)

【ご注意】:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※携帯本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

iPhone6カバー 予約
※只今は送料無料?

 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


香港(CNNMoney) 米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」が、10月17日に中国でも発売される見通しとなった。
iPhone6と6プラスの販売は日米などで19日に始まったが、中国での発売日は未定とされていた。
アップルは中国当局の要請を受け、個人情報を巡る危険性に対応したうえで販売の許可を得た。
中国では昨年11月に最大の携帯電話会社「中国移動」がアップルと合意に達してiPhoneの取り扱いを開始。今回初めて、国営キャリア3社そろっての発売となる。
中国でのiPhone発売はこれまでも世界から一歩遅れ、空白期間には米ニューヨークなどで購入されたiPhoneが闇市場に流れていた。iPhone6の発売直後も、北京市内のアップル?ストア前には香港の店頭より約10万円も高い価格で闇商品が並んだ。
中国のスマートフォン市場でアップルのライバルとなるのは、韓国のサムスン電子や国内新興メーカーのシャオミー(小米科技)。サムスンは29日、iPhone6にさきがけて最新型スマートフォンの「ギャラクシー?ノート4」を発売した。Apple Online Store で iPhone 6 128GB(スペースグレー) を予約し、発売日に入手しました。
シリコンiPhoneケース
今回は初の SIMフリー版 iPhone でしたので多少の不安はありましたが、SIMロック版(Softbank)の iPhone 5 から問題なく移行することが出来ました。

3日間 iPhone 6 を使用してみた所感を報告したいと思いますので、購入を検討している方々は参考になさってください。

今回の記事は特に、現在 SIMロック版(キャリア縛り) の iPhone 5 を使用し間もなく契約が2年を迎える方で、iPhone 6 の SIMフリー版へ乗り換えようとしている方にとっては有益な情報かと思います。

※本記事はあくまで主観に基づく感想であり、製品、サービス等を斡旋、もしくは批判?非難している訳ではございません。あらかじめご了承ください。

SIMフリー版 iPhone 6 と iOS 8 を3日間使用した感想

撮影に使用した iPhone 6 はすでにサードパーティ製のガラスフィルムを貼っている状態ですのでご了承下さい。
人気ブランド携帯カバー
ファーストインプレッション

箱のデザインが一見真っ白ですが、よく見ればエンボス加工が施されています。とてもかっこいいです。

「iPhone というプロダクトを誰もが知っているという事実」が前提として、こういったデザインが可能になります。

開封の儀ではありませんので、早速中身を撮影しました。想像していたものとの ギャップもなく、あの iPhone 6 が手元に届いた といった感じでした。

本体デザイン
携帯ケース コピー
恥ずかしながら箱から取り出し、事前に届いていた Apple 純正のレザーケースに入れようとしたとき iPhone 6 本体を落としてしまいました。開封から5分足らずの出来事でした。

落下の原因はもちろん自身の不注意ですが「デザインがラウンドフォルムであること」「iPhone 4 や 5 より薄型であること」「金属の表面処理がサラサラであること」が落下を誘発したと思います。
img_iphone6_impression3 発売日の twitter では最速で iPhone 6 の画面割れが報告されていましたが、笑い事ではありません。

ケースを装着することで iPhone 6 本来の薄さや美観を損ねてしまうため、歴代の iPhone はなるべくケースを使用しないようにしてきたのですが、今回の iPhone 6 にはケースは必要不可欠なのかも知れません。
本体カラー
グッチiphone6
カラーに関しては完全に好みの問題です。個人的に当初はゴールドを購入予定でしたが、最終的にスペースグレーを選択した理由は以下の通りです。

カメラレンズ部分の出っ張りが気になっていたため、ケースに入れる必要があった
ケースを購入するなら純正のレザーケースにしたかった
純正レザーケースを使用すれば背面の色が見えなくなるため、フェイスの色で決めようと考えた
経験上レザーは汚れが目立つので、明るい色は避けたかった。
フェイスは黒のほうがレザーの暗い色には似合う
結局今回もフェイスがブラックとなってしまい変化に乏しいですが、黒は高級感と機能性を兼ね備えているため大変満足 しています。
純正のレザーケースに入れた iPhone 6 と iPhone 5 との厚みの違いは iPhone 5 より約1mm程度高くなります。iPhone 6 が薄型なので、純正ケースに入れれば iPhone 5 程度の厚みになると考えておけば問題ないかと思います。
6Plusケースルイヴィトン
せっかくの薄型が台無しになるかとも思いましたが、持った感じはケースありの方が安定し、レザーの高級感と相まって不満はまったくありませんでした。

色の選択は好みの問題ですので、好きな色を選択すればいいと思いますが、Apple 純正レザーケースを購入する方にアドバイスがあるとすれば、レザーのカラーは暗い色を選択したほうがいいということです。

以前 Apple 純正の iPad レザーケース(プロダクトレッド)を購入した経験があるのですが、プロダクトレッドですらちょっとした汚れであってもものすごく目立ちます。クリーナーを使用しても革なので汚れはなかなか落ちませんし、やり過ぎると今度は色落ちします。

レザーケースは高価でメンテナスも大変ですので、シリコンケースやサードパーティのケースでも構わないと思います。
ルイヴィトンiPhone6ケース
iPhone 4 から iPhone 5 へ移行したときは「もう iPhone 4 には戻れないな」という印象がありましたが、今回はどうだったかを書いておきます。

iPhone 5 -> iPhone 6 の感想
とくに違和感はありませんでした。画面サイズも大きく買い替え動機としては十分だと感じました。
縦位置で使用すると多少大きくなった程度にしか感じなかったのですが、横位置に持ち写真や動画を視聴したり、ゲームをプレイすると迫力があり、iPhone 5 では味わえない満足感がありました。
iPhone 6 -> iPhone 5 の感想
iPhone 6 で移行作業を済ませた後、iPhone 5 の初期化を行うため手にしたとき、驚くことに「あれ?このサイズ(iPhone 5)の方が全然使いやすい」と感じました。
iPhone 6 に触れることで、皮肉なことに iPhone 5 を再評価するかたちになりました。iPhone 6 ですらこれですから、Plus にしなくてよかったとあらためて実感しました。
Touch ID

iPhone 5s から実装されている Touch ID ですが、ずっと指を加えてみていた機能をやっと手にすることが出来ました。

スリープからの復帰時のパスワード入力がなくなり、その恩恵は十分享受できています。ただし、本体再起動後の一回目は従来通りのパスワード入力が求められます。
iPhone6ケース香水風
少し地味なのですが、今回は Apple 純正レザーケースのオリーブブラウンを選択しました。多少明るい焦げ茶色です。使い込んでもう少し黒くなることを期待します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ferwe
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ferwe/index1_0.rdf