プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ferttwfcvaarkf
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
エプソン、小ロット印刷に適したインクジェットデジタルラベル印刷機「SurePress L-4033A」 / 2010年07月01日(木)
セイコーエプソン株式会社ならびにエプソン販売株式会社エプソンは2010年6月30日、産業用インクジェットデジタルラベル印刷機の新製品として、小ロットラベルの高い生産効率を実現する「SurePress(シュアプレス)L-4033A」を、2010年10月より販売開始する、と発表した。

【画像が掲載された記事】

「L-4033A」は、期間限定商品やラインアップ数やバリエーションの多い製品など、5,000枚以下の小ロットラベル印刷を短納期・低コストで実現する製品。

同社の「マイクロピエゾテクノロジー」を採用する「マイクロピエゾヘッド」を15個配置するプリント機構「マイクロピエゾ・マルチプリント・ヘッド・アレイ」により、高画質で正確かつ安定した印刷が可能。

インクには新開発の水性顔料インク「SurePress AQ ink」を採用。顔料粒子に被膜している特殊樹脂により、乾燥後に高い定着性、耐擦性を発揮するとともに光沢のある仕上がりを実現。また、印刷中、印刷後の2段階の乾燥を行う「ヒートアシスト機構」により、定着性を向上。「SurePress AQ ink」と「ヒートアシスト機構」の組み合わせにより、プレコートなしで印刷本紙への記録を可能にしている。

オレンジ、グリーンを含む8色のインクを使用し、広い色域をカバー。インクカートリッジは各色2本装着でき、インク切れの際もインク交換による印刷作業の停止が不要となっている。

シンプルな機構とタッチスクリーンパネルの採用により、高いメンテナンス性、操作性を備えている。

エプソン販売株式会社 取締役 販売推進本部長 の中野修義氏によると、現在、国内で稼動しているラベル印刷機は1万台と推定され、そのうち99%以上がアナログ印刷機であるという。

アナログ印刷機の場合、刷版などの制作やクライアントからの校正出力をもとに色調整が必要となるが、デジタル印刷機では、これらの工程が不要となり業務の効率化が見込めるとともに、生産コストの削減も実現する。

「L-4033A」および関連製品は、「シュアプレス専用ダイヤル」(03-5321-9733)を設けエプソン販売が直接行う。予想市場価格は2,500万円〜3,000万円とされる。

同社は、年商5億円以上のラベル印刷企業を「L-4033A」のファーストターゲットとして営業活動を展開、ゆくゆくはデジタル印刷機の導入により新規ビジネスモデルの確立を目指す小規模企業にも拡販していく考え。販売目標は3年間で100台としている。

なお「L-4033A」は、7月22日、23日に東京・新橋のベルサール汐留で開催される「ラベルフォーラム2010」のエプソンブースにて展示が予定されている。 6月30日17時51分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000016-inet-sci
 
   
Posted at 02:30/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!