発生時の環境によって決定する種

August 20 [Wed], 2014, 14:31
有性生殖を行う生物の内、ある生物集団に属する性成熟した個体が相対的に小さな配偶子もしくは配偶体を生産する場合を「雄」(オス)、大きな配偶子もしくは配偶体を生産する場合を「雌」(メス)、大小双方を同一個体が生産する場合を雌雄同体という。
8世紀初頭の大宝元年(701年)に制定された大宝律令で、日本国内は国・郡・里の三段階の行政組織である国郡里制に編成され、中央集権的な律令制が布かれることとなった。律令制において、国司は非常に重要な位置に置かれた。律令制を根幹的に支えた班田収授制は、戸籍の作成、田地の班給、租庸調の収取などから構成されていたが、これらはいずれも国司の職務であった。
安土桃山時代には豊臣秀吉が関白となったことに伴い、国司の称号は武家の地位・権威を示す武家官位へと変質し、完全に名目だけのものとなった。江戸幕府成立以降は、大名や旗本、一部の上級陪臣が幕府の許可を得た上で、家格に応じて国司名を称することが行われた(受領名)。しかしこれらの「名乗り」は名目上のものであったため、同時期に複数の人物が同じ国司名を名乗ることも多かった[8]。明治維新後、律令制度の廃止とともに国司は廃止された。
このように、律令制の理念を日本全国に貫徹することが国司に求められていたのである。
平安時代の天長3年(826年)からは親王任国の制度が始まった。
王子の地名は「窪んだ土地」を意味する「おほち(おおち、島根県の邑智郡など)」あるいは「あふち(おうち、凹地)」に由来しているものもあるという説もある。それによれば、窪地であるから「おおち」と呼ばれた、あるいは高いところから窪んで急に落ち込んだ坂のことを「おおちの坂」と呼んだことからついた地名である。先述の王子の場合、石神井川に面した丘陵の上にあり、南の滝野川地区に向かって急な坂となっている。
桓武天皇や平城天皇、嵯峨天皇は多くの皇子・皇女に恵まれたため充てるべき官職が不足し、親王の官職として親王任国の国司が充てられ、親王任国の国司筆頭官である守には必ず親王が補任されるようになった。親王任国の守となった親王は太守と称し、任国へ赴任しない遥任だったため、実務上の最高位は次官の介であった。
この区別が性別である。詳しくは性 (生物学)および有性生殖を参照。 性別の決定要因は、遺伝的に決定している種(ほ乳類一般)、発生時の環境によって決定する種(カメ、ワニなどは虫類の多く)、個体の大きさによって決定する種(ウラシマソウ、テンナンショウなど)、齢によって決定する種(メロン、キュウリなど)、周りに存在する同種異個体との相互関係により決定する種(クマノミ、ホソメワケベラ)など様々である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hardkome
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ferokasd/index1_0.rdf