親の心、子知らず 

2009年07月21日(火) 22時36分
夕方、霧がでている中を長男とふたり歩いていると、
長男が「これ、わたあめの国にきたみたいだねと発言。

うぉ〜、そのコメント、めちゃくちゃええやん

即効、夏休みの唯一の宿題の絵日記に書くようにと要求。

もちろん、オイラの真意はその日記を見た先生の好感度を得るためオンリー

しかし、奴が仕上げたものは「お友だちと遊んだ」という超どうでもいい内容。

うわっ、マジでこいつ使えねぇ。

破綻の教育計画 

2008年03月09日(日) 1時30分
オイラが人様より多少ですがこだわりがあるもの

それは↓

『野球・漫画・お笑い』

勿論、この3つは 子育てにおいて わが子=長男に徹底的に英才教育を
施したいと思っていたのですが、その夢の一つが潰えました・・・

オイラが長男のファーストブックならぬファーストコミックへと
長年抱いていた作品、それは

『ゲゲゲの鬼太郎』(水木しげる大先生・著)だったのですが、

この母の想いを裏切り、長男が ファーストコミックとして
選んで読んでたものは『火星ルンバ』(吉田戦車氏・著)でした・・・。

土曜日の朝は、つい起きるのがゆっくりになってしまい、
早く起きた長男が親の目の届かないところで読んでいた、というオチです。

いや、吉田戦車、オモロイいんやけれどね。

やっぱり、まだメルヘンな世界の住民である(7歳児)彼には
ファンタジー=妖怪 を与えたかった訳ですよ

まさに 母の心、子知らず。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:AQ-mam
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
現在、無職。
子どもは千葉にあるシュタイナー教育のフリースクールに通っています。
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント