枕が肩こりに影響する?

May 31 [Tue], 2016, 21:22
枕が肩こり(僧帽筋や肩甲挙筋などが同じ姿勢を取り続けることにより緊張して血行不良となることで、疲労物質が溜まってしまうことが原因だと考えられています)に影響すると言われるたら、ちょっと意外に思ってしまうかもしれないですね。

でも、枕は睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)中の姿勢を大きく左右するので、とても重要なかもしれませんね。

如何に起きている間によい姿勢を心がけて、こまめにストレッチ等をして肩こり(僧帽筋や肩甲挙筋などが同じ姿勢を取り続けることにより緊張して血行不良となることで、疲労物質が溜まってしまうことが原因だと考えられています)を予防しても、枕が合っていないようなら、肩こり(頭痛や?痛などを伴うことも珍しくありません。肩だけでなく首や背中がこっていることも多いです)や首コリなどを起こしてしまうのです。

高過ぎる枕も低すぎる枕も、肩こり(僧帽筋や肩甲挙筋などが同じ姿勢を取り続けることにより緊張して血行不良となることで、疲労物質が溜まってしまうことが原因だと考えられています)が起こりやすくなるのではないでしょうか。

それに、枕の中身の素材もかたこりに影響しますからす。

マットレスなどに使われることが多い低反発ウレタンフォームが使われている枕もよく売られていますが、高さが変えられない場合はあまりよくないでしょう。

それよりは、そばがらとかストロー材みたいに、中で動いてぴったりとフィットしてくれる素材の枕の方がいいでしょう。

もし、肩こり(眼精疲労や更年期障害、冷え性、歯の噛み合わせ、体をしめつける下着などが原因で起こることも少なくありません)でお悩みだったら、デパート(阪急百貨店、阪神百貨店、大丸、松坂屋、三越、伊勢丹、西武百貨店、そごうなどが有名ですね)などにある枕専門店で、自分に合っている枕をオーダーメイドしてみるのも効果的な方法の一つです。

量販品を購入するよりは高くなってしまうそうですが、きっと肩こり(初期症状で対処しないと、どんどん悪化して、頭痛の原因にもなりかねません)の解消や予防に役立ってくれます
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hinata
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/feorngire2sni7/index1_0.rdf