経済産業省は18日、次世代エネルギー資源「メタンハイドレ

March 19 [Tue], 2013, 19:15
経済産業省は18日、次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」が埋まる愛知県沖の東部南海トラフ海域の地層から天然ガスを取り出す生産試験を、水をくみ上げるポンプの不調などで打ち切ったと発表した当初、2週間の予定で生産試験を行っていたが、これを約1週間前倒しした経産省では、必要なデータはおおむね得られたとしており、現時点で今後の計画に変更はないとしている

 経産省によると、水深約1千メートルの海底から掘り進んだ海底内部に設置したポンプの不調や、ガス産出用井戸に砂が混入したことを18日早朝に確認現場海域の天候悪化も見込まれることから、生産試験の打ち切りを決めた12日の生産開始から18日早朝までは、連続してガスを生産し続けていたという

 3月末まで資機材の撤去作業を進め、その後は試験結果の解析に入る平成30年度をめどに実用化に向けた技術の確立を目指す計画だSurface RTを個人的に購入してみた
○Surface RTを個人的に購入してみた

【拡大画像や他の画像】

以前、寄稿したレポート記事で宣言したとおり、日本マイクロソフトの「Surface RT」を購入した

筆者はタブレット型コンピュータとしてiPad(第3世代)とNexsus 7、ノート型コンピューターとしてThinkPad X201s、後は自作のデスクトップ型コンピューターを併用執筆作業は主にデスクトップ型コンピューターを使用し、ThinkPad X201sはアプリケーションの検証や画面撮影に使用し、各タブレット型コンピューターはオフタイムにWebやミニブログの閲覧にしか使用していない

加えて筆者はあまりアクティブな性格ではないため、外出する機会は仕事の打ち合わせや発表会の取材程度会社や会場ではメモ帳に手書きでコメントを残していたが、最近は書き損じも増えてきたため、簡単な入力デバイスが必要になってきたもちろんThinkPadを持参すれば普段と変わらない執筆環境が手に入るのは自明の理だが、本体重量の約1.23kgに加えてACアダプタもしくは予備のバッテリパックを持ち歩くのは(個人的に)現実的ではない

iPadは652gと軽量だがBluetoothキーボードを一緒に持ち歩くのは荷物がかさばると同時に、IME(インプットメソッドエディター)の制限も気になるまた、新たにBluetoothキーボードを選択しなければならず、二の足を踏んでいた

そこで目を付けたのがSurface RTである搭載OSはWindows RTのため、使い慣れたIMEやテキストエディターを使用できないが、Surface RT本体は約675g、タッチカバー(Touch Cover)は約209g併せて約884gであれば貧弱な筆者でも持ち歩けるレベルだ

もちろん事前情報として、タッチカバーが通常のキーボードほど打鍵感を持たないため、本格的な文書入力を必要とする場合は上位オプションのタイプカバー(Type Cover)を選択しなければならないのは承知している

冒頭の発表会で日本マイクロソフトは、日本語版タイプカバーのリリースは若干遅れると述べていたので、Surface RT本体とタッチカバーのセットを注文していたが、蓋を開けてみるとタイプカバーの国内リリースも間に合ったようだ

また、以前のレポート記事でも触れたようにタッチカバー単体購入と、Surface RT+タッチカバーのセット購入では1,980円の差が生じるため、タッチカバーのセットモデルを選択した

さて、今回筆者が購入したのはSurface RT 32GB(ギガバイト)+タッチカバー発表会終了後直後にオンライン注文し、3月15日の正午に到着

当日はSurface RTの報道関係者向けレセプションに出席していたため、直接受け取った訳ではないが、思ったよりも早く到着したものであるオンラインショップのこん包を開けると、待望のSurface RTが姿を現した

マイクロソフトのOSとはひと味違うケースを開けると、Surface RT本体と電源アダプタ、そしてタイプカバーこの他にも簡易マニュアルが付属していたが、全体的にiPadやNexus 7と同クラスのパッケージデザインと述べていいだろう

Surface RT最大の特徴は、そのマグネシウム合金で包まれたきょう体にあるMicrosoftが開発したマグネシウム合金の「Vapor MG(ベイパーマグ)」を採用し、内部骨格や外部全体に用いているという

背面下部にはSurface RTを立てて使用するためのキックスタンドを用意し、背面の右側にはmicroSDXCメモリカードスロットが用意されているため、Surface RT上で作成したデータを他所に持ち出す場合や、記憶容量不足を補うためのサブストレージとして活用することもできる

筆者が感心したのは、タッチカバーや電源にマグネット式コネクタを採用している点AppleのMacBookなどが採用しているMagSafe(マグセーフ)に類似したものだが、装着感は実に心地よい磁石のため簡単に装着し、取り外すことができるが、タッチカバーに関しては凹凸を用意しているためか、タッチカバーを持って逆さまに軽く振る程度では外れなかった

蛇足だがMicrosoftは、2011年3月に電源とデータの兼用コネクタとなる「Power and Data Connector」という特許を出願しているSurface RTは電源供給のみだが、今後はデータ転送にも対応するアクセサリが登場するかもしれない

前述のように本体とタッチカバーを併せて約884gだが、筆者が使っているiPadは650グラムのため、やや重く感じるそれでも手に持った状態で持ち歩くとさほど重く感じないのは、きょう体がほどよく角張ってホールドしやすいからだろう

さらに述べておきたいのが、USBポートを備えている点多くのタブレット型コンピューターは、ミニUSBやマイクロUSBポートを備えており、そのつど適応するUSBケーブルを持ちいらなくてはならなかっただが、Surface RTはフルサイズのUSBポートのため、周辺機器の接続も簡単に行えるだろう

惜しむべきは対応USBが2.0という点だ(Surface ProはUSB 3.0をサポート)USB 3.0の最大転送レートは5ギガビット/秒だが、さすがにそこまでの高速転送環境はタブレット型コンピューターであるSurface RTの用途にそぐわないだろう

USB 2.0採用理由とは関係ないが、2013年早々には最大転送レートを10ギガビット/秒へ向上させたUSB 3.1の発表が業界団体のUSB 3.0 Promoter Groupから行われているこれらのことを踏まえても、USB 2.0の採用は正しいと言える

 経産省によると、水深約1千メートルの海底から掘り進んだ海底内部に設置したポンプの不調や、ガス産出用井戸に砂が混入したことを18日早朝に確認iphone 4G ケース

 経産省によると、水深約1千メートルの海底から掘り進んだ海底内部に設置したポンプの不調や、ガス産出用井戸に砂が混入したことを18日早朝に確認カレラサングラス

 経産省によると、水深約1千メートルの海底から掘り進んだ海底内部に設置したポンプの不調や、ガス産出用井戸に砂が混入したことを18日早朝に確認iphone 4G ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fenosafiew/index1_0.rdf