2004年2月〜2006年11月の留学生活の記録です。

Santiago de Chile
perfil

nombre: happy
gustos: 料理・映画・音楽・旅行
profesion: 大学院生

南米チリの首都サンティアゴにて留学生活を送っていました。現在の生活拠点は日本に戻っています。新しいブログはこちら。
2005. septiembre
Dom Lun Mar Mie Jue Vie Sab
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ultimos comentarios
ultimos trackbacks
Yapme!一覧
読者になる
« por fin, me lo compre!!! | Main | マイアヒ、のまネコ、pluma gay!! »
  cazuela de ave  2005/09/30(Fri)
本日のお弁当。カスエラ・デ・アベ


ジップロックコンテナ(深いタイプ)入り。

骨付きの鶏肉・にんにく・人参・ジャガイモ・お米・パプリカ・かぼちゃ・いんげん・コーンと、とにかくばんばん鍋に追加していくだけの簡単料理ですが、素材の味が全部染み出したスープとほろほろの鶏肉が美味しい、あの山口智子も感動した※というチリ家庭料理のド定番です。味付けは基本的に塩コショウのみというシンプルさ加減(私はオレガノとローリエの葉を加えてます)

※ 山口智子著 『手紙の行方―チリ―』 より。

鶏肉をたっぷりの水とともに火にかけている間にさっとシャワーを浴び、さっぱりした気分で野菜をざっくり刻み、その野菜を順番に鍋に加えながらぱっと朝食も済ませ、簡単な化粧をしている間に野菜全てがやわらかくなり、出かける準備ができる頃には出来上がり。ながら作業が限りなく可能なところがまた素晴らしい。

ごくごくシンプルなこの料理。「これ、かなりきついかな?」というくらい塩を利かせないと味がしません。全体的に塩辛いと感じることが多いチリ料理ですが、アミノ酸王国ニッポンの減塩家庭に育った私には、チリ人のような思い切った塩加減を真似する勇気も、塩だけで「味」を感じる舌もなく…。今回は、邪道ですが少しばかりチキンコンソメに頼ってしまいました。


ま、美味しければそれで。ね。

Posted at 22:15 / 食べものの話 / URL del articulo
  この記事のURL
http://yaplog.jp/feliz/archive/160
   
Global Media Online INC.