FeliCaリーダーのシステムはこうなっている!

May 17 [Sat], 2014, 8:32
皆さん、不思議だと思いませんか?FeliCaリーダーって会員登録をしないものであっても、同じデザインであっても、たちまちかざせば、正しい処理をしてくれるのです。実に不思議ですね〜。と思わなかったあなたはよほど最先端の人なのか、全然考えていなかったのでしょうか(笑)

実は、あのカードにはそれぞれ番号がついていて、その番号が会員番号代わりとなり、持ち主を識別します。とはいっても、誰かまではわからず、お金であれば残高、ゲームであればその記録ということになりますね。

ということは、その記録を残しておく、一般人では到底想像のできない大きなデータベースがあるのでしょう。そこでフェリカリーダーを通った、あるいは通るであろうデータの格納庫みたいなのがあるんでしょうね!

想像しただけでわくわくしませんか?え?私だけ?(笑)でも、そのような方式をとっているので、他の人が手を入れても分からないということになってしまいますよね。そこが怖い部分でもあるのですが…。

フェリカリーダー、もし、該当するカードを落としたら…

May 13 [Tue], 2014, 11:31
なんでも落としてしまったら戻ってくる…それは学校とかの話であり、実際に外のどこで落としてしまったかわからないような場合、戻ってこないパターンも結構多いようです。というのも、ほとんどのFeliCaリーダーのサービスを受けるとき、会員登録や記名をしたものってほとんどなかったはずです。せいぜい定期くらいではないでしょうか?

ゲームのカードも、電子マネー用で使っているカードもすべて無記名のものであることが多いはずです。さて、これをどうにか元に戻して!と言われても、ほとんどの場合は戻ってきません。

というのも、ほとんどが同じデザインを利用しており、会員登録でもしていない限り、自分のものだと証明することも難しいのです。万が一見つかったとしても、交番なんかではいろいろ根掘り葉掘り聞かれることになるでしょうし(自分の物かどうか証明できないから)面倒くさいです。フェリカリーダーの一つの問題点、それはカード側を落とした時の対処法と言えそうです。

ゲームでも使われているフェリカリーダー

April 27 [Sun], 2014, 5:33
フェリカリーダーが使われているものの一つに、ゲームセンターのカードがあります。

音楽ゲームや三国志のようなデータの保存が必要なものってこのカードを用意しておいて、ゲームをプレイする前に筐体に読み込ませるのですが、これもよくよく考えたらよくデータをあそこまで保存できるなって思いませんか?

たとえば、音楽ゲームのプレイヤーって100万人くらいいるそうですが、その人たちのデータをFeliCaリーダーで読み込み、管理できるんですもの!

しかも、ほとんどのゲームが住所や氏名は登録せず、ゲーム上の名前と簡単なパスワードで管理されています。

もちろん、携帯電話などで専門サイトにアクセスして、いろんなサービスを利用しているときに登録している人もいますが、基本は個人データはゲームの記録のみ。

これも画期的な使い方だなと思います。落としてもカードのデーターだけ入れ替えもでき、これまた不思議なものです。ますますフェリカに興味がでてきませんか?

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/felicareader/index1_0.rdf