【 更新情報 】

スポンサードリンク

「まつげパーマ」お店選び

毎日ビューラーをかけるのは大変。特に急いで外出しなければならないときなどはビューラーをかける時間ももどかしいというのでまつげパーマをかけている人が多いのではないでしょうか。約一ヶ月間持続しますので何といってもお手軽です。

パーマを月に一度かけるほうが毎日ビューラーをかけるよりも抜け毛、切れ毛などのダメージが少ないということからまつげパーマを選んでいる人もいるでしょう。

現在数多くのまつげパーマ専門店が全国で営業していますが、まつげパーマを施す技術者に美容師や理容師のような資格があるわけではありません。やり方さえ知っていればだれでも店を開くことができます。

そのため店によって技術の差が大きいのが実情です。研鑽を積んでいる店とそうでない店とでは段取りからして違います。

当然仕上がり具合も違ってきます。安全にきれいなカーブを作るにはお店選びがポイントになります。

店の規模や謳い文句に惑わされないで、ネットの口コミなどで店の評判を調べリピーターの多い店を選ぶようにすれば失敗することはないでしょう。

目のすぐ近くで行うことから以前はパーマ液によるトラブルが発生したこともあるようですが最近はパーマ液が改良されトラブルはずいぶんと少なくなっています。またアレルギー体質であったり皮膚が弱い人はパーマ液に反応しますので注意が必要です。

目力アップに威力!「まつげの育毛」

化粧をするときほとんどの女性が一番時間をかけるところが目です。それだけ目にはその人の魅力が凝縮されていると言っても過言ではありません。

二重まぶたにしたりマスカラを使ったり、その他にもエクステ、ビューラー、まつげパーマなどさまざまな方法で魅力を演出しています。

そんな中で最近は自然に長く伸びたまつげの美しさが多くの女性たちから注目を集めています。

作り物にはない自然に長く伸びた美しさだからこそ発揮される目力-目に秘められた人を魅了する力-に気が付いたのです。

まつげはこれまで引っ張られたりパーマをかけられたりと過酷な仕打ちを受けてきました。そのために発育の悪い細いまつげになってしまったり抜け落ちてしまうこともありました。美を追求した結果がこれでは逆効果です。

長く美しいまつげに育てるにはそれなりのケアが必要だったのですが、最近ではまつげ専用の育毛剤が発売され、トリートメントやまつげに必要な栄養剤が配合された商品もありますので特別なケアは不要になってきています。

まつげ育毛の人気を反映して各社がいろんな育毛剤を出しています。値段は千円台から一万円五千円を超すものまでバラエティーに富んでいます。

値段が高いほど育毛効果が高いかと言うとそうでもないようです。千円台の商品を使って驚くほど伸びたという人もたくさんいます。効果の程度は人によって個人差があるようです。

「まつげの育毛」健康なまつげの育て方

多種多様なまつげの育毛剤が発売されて、使用した女性の多くが実際にまつげが伸び、その恩恵をこうむっています。

しかし、ただ伸びるだけではなく、しっかりと根を張った健康でツヤのあるまつげでないと少し引っ張っただけで抜け落ちたりしてしまいますし、何より魅力が半減してしまいます。

現在はトリートメント剤や栄養剤が配合された育毛剤が発売されていますのでケアに関してはそれほど気にかける必要はなくなりましたが、育毛剤に任せておけば健康でツヤのあるまつげが育つわけではありません。

まつげが健康に育つにはその土台となるまぶた自体が健康である必要があります。血行が悪く張りのないまぶたでは健康なまつげは育ちません。

ビタミン類を多く摂って肌の新陳代謝を促し、定期的に目を大きく見開いたり強くつむったりして目の周りの筋肉を鍛え、マッサージで血行を促して体内の老廃物を排出させるなどして健康なまぶたを維持して初めて一本一本がしっかりと根を張ったツヤのある美しいまつげが育つのです。

育毛剤の使用と合わせて健康なまぶたの維持を心がけることが大切なポイントになります。

しっかりと根を張った健康なまつげはパーマやビューラーなどによるダメージからの回復力も早く、少々のことでは抜け落ちることはありません。

最新の二重まぶた施術法「二重まぶた埋没法」

“目は心の窓”と言われるように顔の部位の中でも特に目はその人の印象を左右します。

一重まぶたのために冷たい印象を与えがちな目を明るくてやさしい雰囲気を与える二重まぶたにしたいと望んでいる女性は多いものです。

最近では女性に限らず、実際に施術を行った男性も急増しています。

二重まぶたの手術は数年前までは「切開法」といって、まぶたを4〜5mm切開して脂肪の一部を取り除く方法が主流でした。

しかしこの方法ではまぶたに手術跡が残るという欠点がありました。目を開けているときは二重まぶたに隠れて見えないのですが、目を閉じると現れてしまいます。

この欠点を改良してメスを使わずに、なおかつ施術に要する時間が10分程度という画期的な方法が考え出され、現在ではほとんどの病院がこの方法を用いています。

それが「二重まぶた埋没法」です。「スクエア・マルチプル・ノット法」とも言います。

二重まぶたの溝になる部分を非常に細い糸でまぶたの筋肉に3〜6ヶ所固定させるだけです。当然ですが医療用に用いられている糸を使用するために体に悪影響を及ぼすことはありません。

ラインの形状や位置、長さなどは事前にパソコンのモニターでシュミレーションできますので自分に合った最適のラインを作り出せます。

ちなみに日本人に多い二重まぶたは目頭から始まって目尻に行くほど目との間隔が広くなる「末広型」で、欧米では目と平行の「平行型」の人のほうが多くいます。

「二重まぶた埋没法」がコンプレックスを持つ人々に自信を与え、ひいてはその人の人生を価値あるものに変えるかも知れません。

「二重まぶた埋没法」その完成度の高さ

「二重まぶた埋没法(スクエア・マルチプル・ノット法)」はまぶたとその下にある筋肉とを3〜6ヶ所極細の糸で固定させます。外見からは傷跡も糸も見えません。

10分足らずで終わるごく軽い施術ですので、施術中に誤って眼球に傷をつけたり施術後に糸が眼球を傷つけたりという恐れもありません。

よほど肌の弱い人でない限り施術後にまぶたがひどく腫れるということもまずありませんので施術後すぐに通常の生活に戻れます。加えて後日通院の必要がないことも大きな特長です。

会社や学校の昼休みに病院に行き、何食わぬ顔で戻って来て午後からの仕事や授業を続けることができるわけです。回りのみんなは「あれ?何か雰囲気が変わったな」と思うでしょうけど。

事情があって元に戻したいといった場合には糸を抜くだけですので簡単に戻すことができます。糸が通っていた極めて小さい穴はすぐに自然に塞がります。

二重まぶたにしたけれどラインの位置や長さ等を変えたいといった場合も一度元に戻して再度施術を行うことで簡単に行うことができます。

まぶたを切開した傷跡が残り、元に戻すこともラインの変更もできず、施術に時間がかかって施術後の腫れもひどかったこれまでの主流であった「切開法」と比べ、その進歩は目を見張るものがあります。

現在、最新医療に敏感な病院のほとんどが「二重まぶた埋没法」を採用していることからもその完成度の高さを伺い知ることができます。

「二重まぶた埋没法」事前に知っておくべき事柄

「二重まぶた埋没法(スクエア・マルチプル・ノット法)」は短時間で施術が終わりその後は通院の必要がなく、さらに傷跡も残らないなど今までの二重まぶた手術では考えられなかった画期的な方法です。

ここでは病院に行く前に知っておくべき事柄を何点か挙げておきます。

まず「二重まぶた埋没法」で作った二重まぶたは永久に続くものではないということです。

短い人で数年、長い人は十年以上続くことも珍しくありませんが、いずれ元に戻ります。

この年数には個人差があって一概には言えません。元に戻ったら再度施術を行う必要があります。

施術はまぶたとその下の筋肉を3〜6ヶ所糸で固定するのですが、3ヶ所で固定するよりも6ヶ所で固定したほうが当然長持ちします。ただし、費用もその分高くなります。

そして次に挙げる事柄としては、まぶたに脂肪が付いて腫れぼったい感じの人は二重のラインが出にくいということです。脂肪が思うように凹んでくれないのです。

経験豊富な医師は脂肪がどの程度までならラインが出せるかわかっていますので「自分の場合はどうだろうか」と気になる人は、人気のある施術実績の多い病院で相談してみるのがいいでしょう。

そして最後に「二重まぶた埋没法」は施術後の腫れがなくすぐに普段の生活に戻ることができるということも売りの一つになっていますが、万人に対してそうとは限りません。

稀にですが肌が非常に敏感でちょっとした刺激でも腫れやすい体質の人もいます。そうした人たちは腫れが引くまで安静にしておく必要があります。

ただ施術を行うだけでなく、事前に相談したり適切なアドバイスをもらったりするためにも経験豊富な医師のいる病院を選ぶことが大切です。